【千葉県流山市】人口増加の流山市で、圧倒的な入庫台数を誇るロードサービス…初石鈑金 | CAR CARE PLUS

【千葉県流山市】人口増加の流山市で、圧倒的な入庫台数を誇るロードサービス…初石鈑金

ショップ紹介 ショップレポート

初石鈑金本社
  • 初石鈑金本社
  • 流山工業団地にある工場(初石鈑金)
  • 24時間対応のロードサービスセンター(初石鈑金)
  • 搬送車(初石鈑金)
  • ジグ式フレーム修正機(初石鈑金)
  • 床式フレーム修正機(初石鈑金)
  • バイク専用の搬送車(初石鈑金)
  • リフトカーの代車も用意(初石鈑金)
千葉県の北西部に位置する流山市は、これまで大きな企業や商業施設が少なく、住民の高齢化も進んでいた。だが、平成17年8月のつくばエクスプレス開業を機に、30歳代の若いファミリー世帯を中心に右肩上がりで人口が増え続ける人口増加率の高いエリアになった。今では「東の二子玉川」と呼ばれるまでになった。

その流山市に本社を構えるのが、初石鈑金(千葉県流山市東初石2-204・熊本匡史社長)だ。昭和47年創業の同社は、これまで車検・整備、板金塗装、車両販売、自動車保険、ロードサービスなど着実にサービスを広げ、現在3拠点で展開し、車販から修理まで完全なワンストップサービスを構築。また、全ての分野でそれぞれの専門知識を持った熟練のスタッフが揃っており、技術者の経験に左右しがちな鈑金塗装の品質面も安心できる。




設備においてもレーザー式アライメントテスター、ミリ単位の修理が可能なジグ式フレーム修正機(イタリア製ロタックス)や、床式のフレーム修正機(アメリカ製ブラックホーク)が完備され、また複数の塗装ブースで室外の塵やほこりを完全にシャットアウトし最上級の塗装品質を実現させている。


ジグ式フレーム修正機(初石鈑金)

代車は100台が用意され、軽自動車、小型自動車、普通乗用車、バン(貨物車)など種類も豊富だ。また病院や福祉関係向けには、リフトカー(車椅子移動車)なども用意されているので、修理期間中も安心だ。

注目は、24時間365日対応のロードサービスだ。同社のロードサービスの実績は年間8500台と、圧倒的な入庫数を誇る。人口増加率の高いエリアにおいて、ロードサービスが強力なタッチポイントとなってワンストップでの対応を可能としている。流山市を中心に、千葉エリア(柏市・野田市・松戸市・我孫子市)、茨城エリアや埼玉エリアまで広くカバーしている。また、バイク専用の搬送車を導入するなど、確実にサービスの間口を広げている。


搬送車(初石鈑金)

工場内を訪れると、多くのスタッフから大きな声で挨拶が飛び交う。同社では「やまびこ挨拶」と呼ばれ、社内での挨拶を徹底しているせいか、常に明るい雰囲気が工場内に漂っているのが印象的だ。車の修理工場はなんとなく入りづらいというユーザーにとっても安心だろう。
《カーケアプラス編集部》

関連ニュース

特集

page top