アクセスランキング | CAR CARE PLUS

ニュースアクセスランキング

デイリーランキング1〜10位

  1. 【プロが答える】ヘッドライトの黄ばみ取り、DIYでも大丈夫? … 回答 市成ボデー 画像
    1

    【プロが答える】ヘッドライトの黄ばみ取り、DIYでも大丈夫? … 回答 市成ボデー

    特集記事

    「スカイラインGTSタイプS」のヘッドライトの黄ばみや曇りを取りたいが、量販店にある専用キッドを利用して素人がやっても大丈夫? カーオーナーの素朴な疑問に、北海道旭川市・市成ボデーの市成社長が回答!

  2. 【プロが答える】新車なのにエアコンが効かない!?…回答 センチュリーオート 画像
    2

    【プロが答える】新車なのにエアコンが効かない!?…回答 センチュリーオート

    特集記事

    大型連休中に妻と小学生の子ども2人、愛犬との長距離ドライブを満喫。先週末、暑さに耐えかねてエアコンをつけたら、まったく冷えない! 新車で買ったのにどうして? カーオーナーの素朴な疑問に、千葉県松戸市 センチュリーオート 石田チーフが回答!

  3. 大ヒット商品の舞台裏 ヒヤリ・ハットに『ペダルの見張り番』 画像
    3

    大ヒット商品の舞台裏 ヒヤリ・ハットに『ペダルの見張り番』

    ニュース

    カー用品販売大手のオートバックスセブン(東京都江東区、小林喜夫巳代表取締役 社長執行役員)が、昨年12月に発売して以来、欠品が相次ぐなどして、自動車のアフターパーツとしては久しぶりの大ヒット商品となっている『ペダルの見張り番』。

  4. 【栃木県小山市】関東商会 技術レベルが高い! クルマ好きの職人がいる専門店 画像
    4

    【栃木県小山市】関東商会 技術レベルが高い! クルマ好きの職人がいる専門店PR

    ショップ紹介

    栃木県の南部に位置し、宇都宮市に次いで2番目に人口が多い小山市。地元では『自動車ディーラー街』と呼ばれ、大手メーカーのショールームが立ち並ぶ激戦区に、関東商会(栃木県小山市大字神鳥谷309-50・橋本雄司社長)はある。

  5. ミルスペック過ぎる防護塗料「LINE-X(ラインエックス)」驚異の実力…フレックス・ドリーム 画像
    5

    ミルスペック過ぎる防護塗料「LINE-X(ラインエックス)」驚異の実力…フレックス・ドリーム

    特集記事

    アメリカ軍・政府が認めた唯一の防護塗料として全米で人気の特殊塗装「LINE-X(ラインエックス)」をご存知だろうか?

  6. 「人の感覚にあうクルマ」へ…商品本部主査が語るマツダ・ロードスターの未来 画像
    6

    「人の感覚にあうクルマ」へ…商品本部主査が語るマツダ・ロードスターの未来

    ニュース

    シカゴモーターショー1989でベールを脱ぎ、初代「NA」型から「NB」、「NC」、現行「ND」と受け継がれてことしで30年。マツダ『MX-5』、日本名『ロードスター』は、「伸びしろが、このクルマにはまだまだ残ってる」という。

  7. 磨き作業の“可能性”を拡げる新型ポリッシャー“シングルアクション”をプロが使ってみた!…京セラインダストリアルツールズ 画像
    7

    磨き作業の“可能性”を拡げる新型ポリッシャー“シングルアクション”をプロが使ってみた!…京セラインダストリアルツールズPR

    レストア

    京セラインダストリアルツールズが展開する、新型の電子ポリッシャーシリーズ。その実力の高さが評判になっている。

  8. 【プロが答える】紫外線や暑さ対策のフィルム効果は? 車検は通る?  回答 ビーパックス 画像
    8

    【プロが答える】紫外線や暑さ対策のフィルム効果は? 車検は通る?  回答 ビーパックス

    特集記事

    紫外線や暑さ対策として、愛車のフロントガラスにウインドウフィルムを貼りたいけど効果はある? 車検は通る? カーオーナーの素朴な疑問に、京都の老舗プロショップ「ビーパックス」さんが答えてくれました!

  9. 【自動車豆知識】知っておきたい強風の危険性とドア開け対処法 画像
    9

    【自動車豆知識】知っておきたい強風の危険性とドア開け対処法

    ニュース

    夏も終わりに近づき、いよいよ本格的な台風シーズン到来といったところ。豪雨もさることながら、その強風で「ヒヤリ」体験をしたことがある自動車ユーザーも多いはず。

  10. 【愛車と保険】知っていますか?  「LINEほけん」の特徴と新しい取り組み 画像
    10

    【愛車と保険】知っていますか? 「LINEほけん」の特徴と新しい取り組み

    特集記事

    【愛車と保険】知っていますか? 「LINEほけん」の特徴と新しい取り組み LINEファイナンシャルと損保ジャパン日本興亜は、「LINE」アプリ上で損害保険に加入できる保険サービス「LINEほけん」に新商品「半日からの自動車保険」を追加した。

デイリーランキング11〜20位

  1. 【プロが答える】最近のクルマは「エンジンオイル」が汚れやすい? 回答 中央鈑金 画像
    11

    【プロが答える】最近のクルマは「エンジンオイル」が汚れやすい? 回答 中央鈑金

    特集記事

    新型ミライースを購入してから9ヶ月。低燃費で乗り心地にも満足してるのに、夫から『最近のクルマって、エンジンオイルが汚れやすいらしいよ』の一言。それって本当? カーオーナーの素朴な疑問に、千葉県木更津市の中央鈑金 磯部友昭社長が回答!

  2. 車酔いしないシトロエンのメガネ? 画期的発明品が日本上陸 画像
    12

    車酔いしないシトロエンのメガネ? 画期的発明品が日本上陸

    ニュース

    プジョー・シトロエン・ジャポンは、シトロエンブランド初のメガネとして、車酔いの症状を解消する「SEETROEN(シートロエン)」を、5月28日10時より、全国のシトロエンショールームおよびシトロエンオンラインショップにて発売する。

  3. 【便利グッズ】高機能なクロスを使えば愛車のケアが手軽に! 画像
    13

    【便利グッズ】高機能なクロスを使えば愛車のケアが手軽に!

    ガレージライフ

    大切な愛車のケア用品。どんなものを使用していますか? 「デュアルセームクロス」「マイクロファイバークロス」「液晶パネル用ハイテクミトンクロス」「窓キレイウェットシート」を紹介します。

  4. カーライフをもっと楽しくさせる…「後付サンルーフ」という選択肢 画像
    14

    カーライフをもっと楽しくさせる…「後付サンルーフ」という選択肢

    特集記事

    かつて日本では、クルマの“三種の神器“というものが存在した。「本革シート」・「サンルーフ」・「カーナビ」がそれで、40歳以上のクルマ好きなら憶えているだろう。

  5. ユーノス ロードスター初代は、どのように開発されたのか?【ロードスター 30周年記念】 画像
    15

    ユーノス ロードスター初代は、どのように開発されたのか?【ロードスター 30周年記念】

    ガレージライフ

    マツダ/ユーノス『ロードスター』が誕生して今年で30年経った。それを記念して初代ロードスター開発史の決定版が刊行された。

  6. 【愛車 File.03】日産スカイラインGT 旧車とは思えない! 細部まで磨き抜かれた美しき狼 画像
    16

    【愛車 File.03】日産スカイラインGT 旧車とは思えない! 細部まで磨き抜かれた美しき狼

    ガレージライフ

    クルマ好きにとって「愛車」とは、どういった存在だろうか? 日産スカイラインGT(ハコスカ)が愛車のカーオーナーに「愛車への想い」を語ってもらった。

  7. 【意識調査】運転中に起こる「ヒヤリ・ハット」 その原因とは? 画像
    17

    【意識調査】運転中に起こる「ヒヤリ・ハット」 その原因とは?

    ニュース

    クルマの運転をする人なら誰しもが経験するであろう、運転中の「ヒヤリハット」の瞬間。最近では、ブレーキとアクセルの踏み間違えによる事故が社会問題になっているが、そんな中、クルマの運転に関するアンケートで、興味深い結果が発表されたので紹介したい。

  8. 見渡す限り「ロードスター」一色の軽井沢! …マツダ 主査が語る想い 画像
    18

    見渡す限り「ロードスター」一色の軽井沢! …マツダ 主査が語る想い

    特集記事

    初代『ロードスター』(NA)ベースのショーカー「MX-5 Miata Club Racer」をオマージュし、マツダが現行ロードスター(ND)に特別色「レーシングオレンジ」をまとわせて登場させたのが、「ROADSTER 30th Anniversary Edition」だ。

  9. 【栃木県宇都宮市】アペックス 「心でクルマを磨く」極上のコーティング 画像
    19

    【栃木県宇都宮市】アペックス 「心でクルマを磨く」極上のコーティングPR

    ショップ紹介

    東京から北へ100キロ、「餃子のまち」として知られる栃木県宇都宮市。北関東最大のこの街に、全国的にその名を知られるカーディテイリングショップ、アペックス(下川俣町206-64・郡司公生社長)はある。

  10. プラスチックで描き出す未来のインテリア…人とくるまのテクノロジー展2019 画像
    20

    プラスチックで描き出す未来のインテリア…人とくるまのテクノロジー展2019

    イベント

    自動車の室内加飾。例えばダッシュボード。昔の高級車はウッドパネルと相場は決まっていた。そして庶民派のクルマはというと、安っぽいプラスチックに覆われたものが多かったのだが、未来はそうでもないようだ。

デイリーランキング21〜30位

page top