アクセスランキング | CAR CARE PLUS

ニュースアクセスランキング

デイリーランキング1〜10位

  1. 【プロが答える】タイヤ交換で「ホイール」を変えたくない! “組み換え”のデメリットはある? 回答 ユサワ自動車 画像
    1

    【プロが答える】タイヤ交換で「ホイール」を変えたくない! “組み換え”のデメリットはある? 回答 ユサワ自動車

    特集記事

    道路が凍結する前に、スタッドレスタイヤに交換したいけど「ホイール」は変えたくない! お気に入りのホイールにスタッドレスを装着する時のデメリットはある? タイヤのプロショップでもある、ユサワ自動車(栃木市西方町)湯澤孝典 社長が【動画】をまじえながら回答!

  2. OBD2接続のメリットや注意点とは? …  OBD解析の専門家 テクトム 富田直樹代表に聞く 画像
    2

    OBD2接続のメリットや注意点とは? … OBD解析の専門家 テクトム 富田直樹代表に聞く

    特集記事

    「OBD2」接続対応のカー用品を、便利に活用しているクルマ好きもいれば、トラブルに見舞われている人も少なくない…。OBD2接続のメリットや注意点とは? OBD解析のプロ集団・株式会社テクトム 富田代表に聞いた、貴重な情報をお届けする。

  3. 【自動車豆知識】OBD2(オービーディーツー)って何?… 知っておきたい“イマドキ”のクルマの故障修理 画像
    3

    【自動車豆知識】OBD2(オービーディーツー)って何?… 知っておきたい“イマドキ”のクルマの故障修理

    特集記事

    自動運転や自動ブレーキといった先進技術の広まりが、最近の自動車業界のトレンドです。自動車メーカーや部品メーカーだけでなくIT企業なども参入し、連日ニュースを賑わせています。

  4. カーライフをもっと楽しくさせる…「後付サンルーフ」という選択肢 画像
    4

    カーライフをもっと楽しくさせる…「後付サンルーフ」という選択肢

    特集記事

    かつて日本では、クルマの“三種の神器“というものが存在した。「本革シート」・「サンルーフ」・「カーナビ」がそれで、40歳以上のクルマ好きなら憶えているだろう。

  5. 旧車ボルボを “ 20万キロ ” 乗れる品質にリフレッシュする … ボルボ クラシック・ガレージ 画像
    5

    旧車ボルボを “ 20万キロ ” 乗れる品質にリフレッシュする … ボルボ クラシック・ガレージ

    特集記事

    知的な大人のクルマ好きに愛され続けるワゴン「240」など、旧車ボルボを対象にした『KLASSISK GARAGE (クラシック・ガレージ)』リフレッシュサービスとは? ボルボ・カー・ジャパンの阿部マネージャーに詳しい話を聞いた。

  6. 【プロが答える】雪が降る前に下回りのサビ止め、スプレーで大丈夫? … 回答 車屋Hizume 画像
    6

    【プロが答える】雪が降る前に下回りのサビ止め、スプレーで大丈夫? … 回答 車屋Hizume

    特集記事

    信州支店への転勤で愛車と一緒に大分から引越。長野育ちの上司から「早めの塩害対策」を勧められたけど、カー用品店で売ってるスプレーで大丈夫? カーオーナーの素朴な疑問に、長野市の車屋Hizume 船田常務が回答!

  7. 【大阪府堺市】カーメイクアートプロ 秀逸なコーティング技術が魅力 画像
    7

    【大阪府堺市】カーメイクアートプロ 秀逸なコーティング技術が魅力PR

    ショップ紹介

    大阪第2の都市・堺市。ここに、府内外から集まる多くの一般ユーザーはもちろんのこと、同業者からも注目を集めるカーディテイリングショップがある。それが、カーメイクアートプロ(美原区黒山76-4、丸山悦顕代表)だ。

  8. 足回りのリフレッシュに! 乗り心地が変わる「ショックアブソーバー」交換のススメ 画像
    8

    足回りのリフレッシュに! 乗り心地が変わる「ショックアブソーバー」交換のススメPR

    特集記事

    景気の良い時代には新車を買って初めての車検である3年が買い換えの目安だった時期もある。今でもそういったユーザーはいるのだが、昨今クルマ一台当たりの所有年数が延びている。一般的には5年、7年と伸び続けて税金が上がる13年まで乗り続ける人も増えている。

  9. 愛車の「ウインドウリペア」とは?…フロントガラスのヒビを“補修”する施工法 画像
    9

    愛車の「ウインドウリペア」とは?…フロントガラスのヒビを“補修”する施工法

    特集記事

    愛車のフロントガラスにヒビが…。こんな時、どのように対処していますか?

  10. 「この道、何十年」…経験だけを売りにする整備工場には注意が必要 画像
    10

    「この道、何十年」…経験だけを売りにする整備工場には注意が必要

    特集記事

    機能も含めて元通りにすることが求められるASVの修理には“経験”や“勘”だけでは対応できない。見た目では測れない細やかな調整を行う設備が揃った整備事業者の存在が重要となってくる。

デイリーランキング11〜20位

  1. 【鳥取県米子市】グラスジャパン ダックス 米子店…ガラス修理施工店ネットワーク「ダックス」創業の地 画像
    11

    【鳥取県米子市】グラスジャパン ダックス 米子店…ガラス修理施工店ネットワーク「ダックス」創業の地PR

    特集記事

    自動車に欠かせない重要パーツ「ガラス」、その修理・交換を一手に引き受けるガラス修理施工店は正に“縁の下の力持ち”と言える。中でも業界最大手の「ダックス」は

  2. 【あの名物社長に聞く】大阪で“超実力派”と知られる自動車整備工場を訪問!…クルマを愛する代表が語る、業界のあるべき姿とは? 画像
    12

    【あの名物社長に聞く】大阪で“超実力派”と知られる自動車整備工場を訪問!…クルマを愛する代表が語る、業界のあるべき姿とは?

    特集記事

    大阪府箕面市にある自動車整備工場「ビーライト」(小野隆二代表)は、充実した設備を誇り、テスラやジャガー、アストン・マーティンなど数々の海外メーカーからも認定工場として指名される実力派のプロショップだ。

  3. 【サバンナRX-3 復活の軌跡 01】腐ったコイツを蘇らせる … 駒場豊の挑戦(長野・岡谷) 画像
    13

    【サバンナRX-3 復活の軌跡 01】腐ったコイツを蘇らせる … 駒場豊の挑戦(長野・岡谷)

    レストア

    ボロボロに朽ちた廃車同然の「サバンナRX-3」をフルレストアし、再び走らせる!? 無謀としか言いようがないこの挑戦。本当に完遂するのか? この挑戦を『サバンナRX-3 復活の軌跡』と題し、連載記事として追いかけていく。

  4. フィルムorコーティング剤? フロントガラスをどう守る? 画像
    14

    フィルムorコーティング剤? フロントガラスをどう守る?

    特集記事

    熟練ドライバーでも避けにくいフロントガラスへの飛び石。従来の保護は高級車・スーパーカーを中心とするプロテクションフィルムが主流だったが、最近ではコーティング剤で保護する製品サービスも登場。各々の特性を踏まえ、カーライフにあった製品を選ぼう。

  5. 【プロが答える】早さ? 丁寧な拭き取り? 「虫」から愛車を守る術… 回答 アペックス 画像
    15

    【プロが答える】早さ? 丁寧な拭き取り? 「虫」から愛車を守る術… 回答 アペックス

    特集記事

    特に暖かい季節に気になるドライブ後の虫の汚れ。放置してはいけないと言うけどクロスで拭き取っていいの? 業界内でも注目を集める専門店「アペックス」の郡司公生代表が適切な「虫処理術」を回答!

  6. ドライバーの免許区分確認徹底を!…準中型免許制度新設で 画像
    16

    ドライバーの免許区分確認徹底を!…準中型免許制度新設で

    ニュース

    警察庁、国土交通省は、改正道路交通法が3月12日に施行され、準中型自動車免許が新設されたことから、トラック運行事業者にドライバーの運転免許証とトラックの車検証を照合するよう業界団体に通達した。

  7. 知っておきたい! クルマのバッテリーのお話 画像
    17

    知っておきたい! クルマのバッテリーのお話

    特集記事

    暑い日が続く季節に多いクルマのトラブルといえば「バッテリー上がり」。読者のみなさんは、そもそもバッテリーがどのような役割を果たしているのかご存知でしょうか?

  8. コーティングも保険補償の対象になる…いざという時に覚えておきたい施工証明書 画像
    18

    コーティングも保険補償の対象になる…いざという時に覚えておきたい施工証明書

    特集記事

    ボディの鈑金や損傷部品の交換など、事故の際に自動車保険の補償対象となる修理。実はボディコーティングも同様に補償対象となることはご存知だろうか。鍵となるのは「施工証明書」。電子証明書が登場するなど、普及に伴って新たな動きも出始めている。

  9. 初代NSX 技術者たちの丹念な手仕事で「新車」に生き返らせる…NSXリフレッシュプラン 画像
    19

    初代NSX 技術者たちの丹念な手仕事で「新車」に生き返らせる…NSXリフレッシュプラン

    特集記事

    Hondaを代表する名車・初代NSXの「リフレッシュ」サービスが、27年前から提供され続けている? 栃木県の本田技研工業施設内「リフレッシュセンター」在籍メンバーから聞いた、貴重な情報をお届けする。

  10. 【書籍紹介】クルマ好きな親子で読みたい“自動車大図鑑”が登場!…働くクルマからバイクまで約2500台を掲載 画像
    20

    【書籍紹介】クルマ好きな親子で読みたい“自動車大図鑑”が登場!…働くクルマからバイクまで約2500台を掲載

    ニュース

    趣味に生きる人のための出版社スタジオタッククリエイティブは、2017年8月25日に、児童書「世界のくるま図鑑 2500」を発売予定です。

デイリーランキング21〜30位

page top