アクセスランキング | CAR CARE PLUS

ニュースアクセスランキング

デイリーランキング1〜10位

  1. 【プロが答える】ヘッドライトの黄ばみ取り、DIYでも大丈夫? … 回答 市成ボデー 画像
    1

    【プロが答える】ヘッドライトの黄ばみ取り、DIYでも大丈夫? … 回答 市成ボデー

    特集記事

    「スカイラインGTSタイプS」のヘッドライトの黄ばみや曇りを取りたいが、量販店にある専用キッドを利用して素人がやっても大丈夫? カーオーナーの素朴な疑問に、北海道旭川市・市成ボデーの市成社長が回答!

  2. 【自動車豆知識】OBD2(オービーディーツー)って何?… 知っておきたい“イマドキ”のクルマの故障修理 画像
    2

    【自動車豆知識】OBD2(オービーディーツー)って何?… 知っておきたい“イマドキ”のクルマの故障修理

    特集記事

    自動運転や自動ブレーキといった先進技術の広まりが、最近の自動車業界のトレンドです。自動車メーカーや部品メーカーだけでなくIT企業なども参入し、連日ニュースを賑わせています。

  3. 【サバンナRX-3 復活の軌跡03】コイツが走る、その姿を見せる…駒場豊の挑戦(長野・岡谷) 画像
    3

    【サバンナRX-3 復活の軌跡03】コイツが走る、その姿を見せる…駒場豊の挑戦(長野・岡谷)

    レストア

    【サバンナRX-3 復活の軌跡】 瀕死の「サバンナRX-3」をレストアし“再び走らせる”という無謀とも言える挑戦を追う不定期連載企画。第3回目は駒場豊氏(郷田鈑金)に分解作業の様子と、今回のレストアの完成形について伺った。

  4. 【プロが答える】小キズ直しの特注タッチペン、職人でも難しい?… 回答 相互車体 画像
    4

    【プロが答える】小キズ直しの特注タッチペン、職人でも難しい?… 回答 相互車体

    特集記事

    旧い輸入車の小キズ対策でタッチペンを探したけど、既製品はなく特注もNG。修理工場からも「この色は難しい。自信がない」と断られた。プロの職人でもダメなら諦めるしかない? カーオーナーの素朴な疑問に、長野県飯田市・相互車体の内山社長が回答!

  5. マツダ ファミリア(5代目)… 80年代初頭の若者心に刺さった【懐かしのカーカタログ】 画像
    5

    マツダ ファミリア(5代目)… 80年代初頭の若者心に刺さった【懐かしのカーカタログ】

    ガレージライフ

    『マツダ3』から遡ること2銘柄。前身の『ファミリア』時代にとくに人気を博したのが5代目だった。“赤いファミリア”と言えば通じるのも大したものだが、1980年代初頭の甘々(あまあま)な空気感の真っただ中で、当時の若いユーザーの心をおおいに掴んだのだった。

  6. 『頭文字D』好き注目!  AE86型子ども用バックパック「藤原とうふ店仕様」 画像
    6

    『頭文字D』好き注目! AE86型子ども用バックパック「藤原とうふ店仕様」

    ガレージライフ

    クルマ型ギフト販売のフェイスは10月11日、「頭文字D」藤原とうふ店仕様スプリンタートレノ(AE86)バックパックを限定500個で発売、先行予約を直営オンラインショップ「キャムショップ」にて開始した。

  7. ミルスペック過ぎる防護塗料「LINE-X(ラインエックス)」驚異の実力…フレックス・ドリーム 画像
    7

    ミルスペック過ぎる防護塗料「LINE-X(ラインエックス)」驚異の実力…フレックス・ドリーム

    特集記事

    アメリカ軍・政府が認めた唯一の防護塗料として全米で人気の特殊塗装「LINE-X(ラインエックス)」をご存知だろうか?

  8. 磨き作業の“可能性”を拡げる新型ポリッシャー“シングルアクション”をプロが使ってみた!…京セラインダストリアルツールズ 画像
    8

    磨き作業の“可能性”を拡げる新型ポリッシャー“シングルアクション”をプロが使ってみた!…京セラインダストリアルツールズPR

    レストア

    京セラインダストリアルツールズが展開する、新型の電子ポリッシャーシリーズ。その実力の高さが評判になっている。

  9. “ダブルアクションを超えるダブルアクション”!! 新たなポリッシャー3タイプをプロが使ってみた!…京セラインダストリアルツールズ 画像
    9

    “ダブルアクションを超えるダブルアクション”!! 新たなポリッシャー3タイプをプロが使ってみた!…京セラインダストリアルツールズ

    ニュース

    京セラインダストリアルツールズ(今年1月にリョービのパワーツール事業を承継)は、新たにリョービの電子ポリッシャー3モデルの販売を開始した。

  10. 進化したギヤアクション! 新型ポリッシャーの気になる“実力”を徹底レポート 画像
    10

    進化したギヤアクション! 新型ポリッシャーの気になる“実力”を徹底レポートPR

    ガレージライフ

    京セラインダストリアルツールズが3月下旬より発売した、「リョービ」ブランドの電子ギヤアクションポリッシャー「PEG-132」が話題だ。

デイリーランキング11〜20位

  1. 【プロが答える】雪が降る前に下回りのサビ止め、スプレーで大丈夫? … 回答 車屋Hizume 画像
    11

    【プロが答える】雪が降る前に下回りのサビ止め、スプレーで大丈夫? … 回答 車屋Hizume

    特集記事

    信州支店への転勤で愛車と一緒に大分から引越。長野育ちの上司から「早めの塩害対策」を勧められたけど、カー用品店で売ってるスプレーで大丈夫? カーオーナーの素朴な疑問に、長野市の車屋Hizume 船田常務が回答!

  2. ホンダ アコード(3代目)… エアロデッキも輝いた “ ただならぬ“存在感【懐かしのカーカタログ】 画像
    12

    ホンダ アコード(3代目)… エアロデッキも輝いた “ ただならぬ“存在感【懐かしのカーカタログ】

    ガレージライフ

    「あんなクルマもあったなぁ」「いい時代だった」…当時、憧れを抱いて手にしたカタログのページをめくりながら“在りし日”を振り返る。新連載『懐かしのカーカタログ』第3回目は、3代目ホンダ『アコード』だ。

  3. サビは愛車の天敵!  今からでも遅くない「防錆処理」のススメ 画像
    13

    サビは愛車の天敵! 今からでも遅くない「防錆処理」のススメPR

    特集記事

    大切な愛車に長く乗り続けるには「防錆(ぼうせい)処理」が欠かせない。防錆処理とは、車体をサビから守るために行うもので、防錆塗装や錆び止め処理とも呼ばれている。

  4. 【要注意】わかりづらいコインパーキングの料金表示…注意すべきポイント 画像
    14

    【要注意】わかりづらいコインパーキングの料金表示…注意すべきポイント

    特集記事

     消費者庁は平成29年12月25日、年末年始に向けた時間貸し駐車場の料金表示について、消費者に向けた注意をまとめて公表した。料金表示に起因するトラブルが見られることから、実際の料金表示に近い例をあげ、正しい見方を紹介している。

  5. 【サバンナRX-3 復活の軌跡02】コイツはまだ死んじゃいない…駒場豊の挑戦(長野・岡谷) 画像
    15

    【サバンナRX-3 復活の軌跡02】コイツはまだ死んじゃいない…駒場豊の挑戦(長野・岡谷)

    レストア

    【サバンナRX-3 復活の軌跡】 作業場に招き入れられたコイツは「サバンナRX-3」。 廃車同然の車両をレストアしようと決意した理由とは? 挑戦者・駒場豊氏(郷田鈑金)が想いを語る。

  6. 【意識調査】運転中に起こる「ヒヤリ・ハット」 その原因とは? 画像
    16

    【意識調査】運転中に起こる「ヒヤリ・ハット」 その原因とは?

    ニュース

    クルマの運転をする人なら誰しもが経験するであろう、運転中の「ヒヤリハット」の瞬間。最近では、ブレーキとアクセルの踏み間違えによる事故が社会問題になっているが、そんな中、クルマの運転に関するアンケートで、興味深い結果が発表されたので紹介したい。

  7. 【プロに直撃!】DIATONEのニュー・フラッグシップスピーカー『DS-SA1000』。その、“実力”と“魅力”。 画像
    17

    【プロに直撃!】DIATONEのニュー・フラッグシップスピーカー『DS-SA1000』。その、“実力”と“魅力”。

    レストア

    昨年、ブランド誕生から70周年、そして車載用スピーカー誕生から10周年を迎えたDIATONEが、満を持して新たな旗艦スピーカーを登場させた。その名は『DS-SA1000』。この話題のモデルの“実力”と“魅力”を検証すべく、プロへの直撃取材を実行した。

  8. 【自動車豆知識】小さな凹みを修理する時の大きな味方!…「早い」「安い」「キレイ」を実現するデントリペアってどんな技術? 画像
    18

    【自動車豆知識】小さな凹みを修理する時の大きな味方!…「早い」「安い」「キレイ」を実現するデントリペアってどんな技術?

    特集記事

    「あれ? こんなところにエクボが…」

  9. 【群馬県前橋市】アミックカーライフ 本当に頼りになる! クルマに関する「困った」を一度の相談で解決 画像
    19

    【群馬県前橋市】アミックカーライフ 本当に頼りになる! クルマに関する「困った」を一度の相談で解決PR

    ショップ紹介

    群馬県の中南部に位置し、JR前橋駅から車で約10分のところに、株式会社アミックカーライフ(群馬県前橋市西片貝町2-105)がある。

  10. カーライフをもっと楽しくさせる…「後付サンルーフ」という選択肢 画像
    20

    カーライフをもっと楽しくさせる…「後付サンルーフ」という選択肢

    特集記事

    かつて日本では、クルマの“三種の神器“というものが存在した。「本革シート」・「サンルーフ」・「カーナビ」がそれで、40歳以上のクルマ好きなら憶えているだろう。

デイリーランキング21〜30位

page top