特集記事ニュース|CAR CARE PLUS

特集記事

最新ニュース

もっと見る
タイヤの「空気圧調整」は最重要セッティング 画像
コラム

タイヤの「空気圧調整」は最重要セッティング

空気圧はどのクルマでも調整できて、コストが掛からずに、そしてもっとも影響が大きい部位でもある。街乗りでも変わるのはもちろんだが、実はサーキットを走るなら美味しいポイントが2ヶ所あり、その使いこなしでタイムが大きく変わるのだ。

愛車に“錆び”は大敵! クルマ長持ちメンテナンス術 画像
コラム

愛車に“錆び”は大敵! クルマ長持ちメンテナンス術

雪国ではとくにクルマのサビが寿命に大きく影響する。ボディや足まわりがサビで腐食して、乗り続けられなくなったり、大きなメンテナンスが必要になり、コスト的に手放すことになることもある。では、どうすればサビを防げるのか!?

車内での音楽再生「AV一体型ナビ」もあなどれない 画像
コラム

車内での音楽再生「AV一体型ナビ」もあなどれない

クルマの中で音楽を聴くとき、システムの最上流に位置する「ソースユニット」には何を使っているだろうか。昨今は選択肢がさまざまある。当特集ではその1つ1つについて、利点や賢い使い方を検証している。今回は、「AV一体型ナビ」について考える。

「ポータブル電源」は、モバイルバッテリーとどう違う? 非常時に備えた保管法も 画像
コラム

「ポータブル電源」は、モバイルバッテリーとどう違う? 非常時に備えた保管法も

カーライフに関係した「社会・経済」情報を多角的に発信している当コーナー。今回は、キャンプや車中泊、そして非常時に活躍する「ポータブル電源」に関する豆知識を紹介する。「ポータブル電源」を手にしたいと思っているドライバー諸氏は、当記事を要チェック。

右折レーンから右折は違法?合法?「電動キックボード」のルールをおさらい【岩貞るみこの人道車医】 画像
コラム

右折レーンから右折は違法?合法?「電動キックボード」のルールをおさらい【岩貞るみこの人道車医】

たまに見かける電動キックボードが、ノーヘルだったり逆走していたり、右折レーンから堂々と右折しているのは、クルマのドライバーからすると「なにやってんだ、危ないだろう!」と感じることもあるが、違法ではない。

エンジンに不可欠な「スパークプラグ交換」でパワー&燃費向上 画像
コラム

エンジンに不可欠な「スパークプラグ交換」でパワー&燃費向上

エンジンには不可欠なスパークプラグ(以降プラグ)。しかしプラグはエンジンパーツの中でも寿命が比較的短いパーツだ。定期的な交換でエンジン性能を常にベストな状態に保つように心がけよう。

STIの「マフラー」はどんな音? スペシャルサイトで聞き比べ 画像
トピック

STIの「マフラー」はどんな音? スペシャルサイトで聞き比べ

スバルテクニカインターナショナル株式会社は、2022年9月19日、同社がリリースする『STIパフォーマンスマフラー』の魅力を伝えるスペシャルサイトを公開した。

車高調の「減衰力調整」とは? 正しい調整方法のコツ 画像
コラム

車高調の「減衰力調整」とは? 正しい調整方法のコツ

車高調を入れるとほぼ付いてくるのが減衰力調整機構。サーキットでは締める、街乗りでは緩める、と言われてきたが、その構造と効果を考えると、正しい調整方法は他にある。

うるさくならず、パワーも出せる「触媒チューン」とは? 画像
コラム

うるさくならず、パワーも出せる「触媒チューン」とは?

排気系チューンといえばマフラー交換だが、触媒をスポーツ触媒に交換するほうが効果は高い。うるさくならず、パワーも出せる触媒チューンに注目。

便利なのか、そうでもないのか?「信号情報活用運転支援システム(TSPS)」とは? 画像
コラム

便利なのか、そうでもないのか?「信号情報活用運転支援システム(TSPS)」とは?

カーライフに直結する「社会・経済」トピックスを雑多に紹介している当コーナー。今回は「TSPS(信号情報活用運転支援システム)」を取り上げる。当システムに対応する市販車載機は2016年に初登場していて、インフラ整備もかなり進んできたのだが…。

ミズノの新ドライビングシューズ、日常使いにも優れたクッション性が魅力 画像
トピック

ミズノの新ドライビングシューズ、日常使いにも優れたクッション性が魅力

大手総合スポーツ用品メーカーのミズノは、クルマの運転操作サポート機能を搭載するドライビングシューズ『BARECLUTCH(ベアクラッチ)』を発表。2022年9月20日より、ミズノ公式オンラインショップと一部のミズノ品取扱店で発売する。

忘れがち! 視界確保に必須の「ウォッシャー液」補充 画像
コラム

忘れがち! 視界確保に必須の「ウォッシャー液」補充

フロントウインドウをクリアに保つウォッシャー液。ガラス面に噴射して汚れを浮き上がらせてワイパーでクリーニングする重要機能を備える。今回はウォッシャー液についての簡単メンテを紹介する。

オイル量は超重要! 入れすぎも少なすぎも良くない 画像
コラム

オイル量は超重要! 入れすぎも少なすぎも良くない

エンジンにもっとも重要なのはオイル。オイルが少ないのは超危険だが、入れ過ぎもトラブルを起こす原因になる。いつ、どんなときに、どれだけ入っていればいいのか。

車体防錆のユーザーニーズを捉えたバリエーション展開…塩害ガード 画像
特集企画

車体防錆のユーザーニーズを捉えたバリエーション展開…塩害ガード

クルマの曇り止め・油膜取りの「クリンビュー」でおなじみのイチネンケミカルズ。同社が展開する下回り防錆製品が「塩害ガード」だ。

タフコートに代わる本格防錆システム「ラストムーン」を本格展開 画像
特集企画

タフコートに代わる本格防錆システム「ラストムーン」を本格展開

本格防錆で知られるダイノール社・タフコートの国内代理店であるスペシャルワン株式会社(旧タフコート・ジャパン)が、オリジナルブランド「Rust-Moon(ラストムーン)」の展開を始めた。

現場の声を反映した“施工しやすい”防錆メニュー…ウルトジャパン 画像
特集企画

現場の声を反映した“施工しやすい”防錆メニュー…ウルトジャパン

1台のクルマに永く乗る時代だからこそ雪国や沿岸地域に訪れるクルマに防錆は欠かせない。複数のメーカーが防錆メニューを提供しているが、その特長や性能は様々だ。世界86ヵ国に整備補修用品を提供するサプライヤーの日本法人ウルトジャパンもまたその一つである。

防錆施工の松竹梅…3つのメニューを提供する整備工場に聞く 画像
特集企画

防錆施工の松竹梅…3つのメニューを提供する整備工場に聞く

豪雪地帯として知られる山形県新庄市にある自動車整備工場・有限会社赤松自動車(代表取締役:小関雅彦)では、3種類の防錆メニューを用意し、お客様に合った内容の防錆を提案しているという。

下廻り塩害コート「ラスブロッカー水性」…安全性と防錆力を重視して開発 画像
特集企画

下廻り塩害コート「ラスブロッカー水性」…安全性と防錆力を重視して開発

愛車の長期保有に有効でリセールバリューにも関わる「下廻り防錆」に着目。車体の下廻り塩害コート「ラスブロッカー水性」を提供する横浜油脂工業の環境化学品事業部 市場開発部 企画グループ 課長の村本耕三氏から同製品の特長などについて話を聞いた。

意外と見落としがち?!  キャンピングカー購入時の「自動車保険」選び 画像
コラム

意外と見落としがち?! キャンピングカー購入時の「自動車保険」選び

昨今のキャンピングカーブームや長引くコロナ禍の影響で、初めてキャンピングカーを購入するという人も増えている。そこで、見落としがちなのが、キャンピングカーの保険について注意点を確認してみたい。

結局のところ「ETC2.0」の利点とは? 買い時はいつ? 画像
コラム

結局のところ「ETC2.0」の利点とは? 買い時はいつ?

カーライフに関連する「社会・経済」情報を横断的に紹介している当コーナー。今回は「ETC2.0」についての考察をお届けする。ちなみに「ETC2.0車載器」が発売され始めたのは2015年だが、これの買い時は果たしていつなのか…。そこのところを検証する。

ワックス系車体防錆コート剤「Jコート7」…高い防錆力とジャバラシステムが魅力の環境対応型 画像
特集企画

ワックス系車体防錆コート剤「Jコート7」…高い防錆力とジャバラシステムが魅力の環境対応型

クルマの長期保有化が進む今、愛車の長期保有に有効でリセールバリューにも関わる「下廻り防錆(ぼうせい)」に着目。ワックス系車体防錆コート剤「Jコート7」を製造する株式会社ダイゾー ニチモリ事業部に、同製品について話を聞いた。

シートは「寝かせ気味」が正解!? 正しいドライビング姿勢とは? 画像
コラム

シートは「寝かせ気味」が正解!? 正しいドライビング姿勢とは?

レーシングドライバーは背もたれをやや寝かせる。その方がクルマの挙動を感じ取りやすいのと、カラダがホールドされやすいからだという。正しい運転姿勢を取り入れれば、もっと楽に安全に運転できるようになる。

【MaaSがもたらす都市変革】スマートシティとの関係性と日本の現状 画像
コラム

【MaaSがもたらす都市変革】スマートシティとの関係性と日本の現状

◆スマートシティとMaaSの定義 ◆まちづくりの一環として生まれたMaaS ◆コロナ禍と高齢化…動く地方 ◆ピンチをチャンスに変えられるか

車内を「消臭」して快適環境を作る…汚れの対処は早めに 画像
コラム

車内を「消臭」して快適環境を作る…汚れの対処は早めに

夏のレジャーに出かけたあとは、クルマの中がしっかり汚れている。そのままにしておくと臭いの原因になってしまう。秋の行楽シーズン以降も愛車を快適に乗るために今こそ消臭処理を実施しよう。

「バッテリー交換」で知っておきたい重要な豆知識 画像
コラム

「バッテリー交換」で知っておきたい重要な豆知識

バッテリーは弱ったら交換して元に戻る。それだけではいまいち楽しくない。ならば、もっと良いやつにしてみよう。容量アップも可能だし、軽さを手に入れることもできる。

バッテリーとブレーキパッド、整備の現場に変化が訪れている理由【岩貞るみこの人道車医】 画像
コラム

バッテリーとブレーキパッド、整備の現場に変化が訪れている理由【岩貞るみこの人道車医】

運転支援技術と環境技術が進むなか、消耗部品にある変化が起きているという。代表的な部品として挙げられるのは、バッテリーとブレーキのディスクパッドだ。

パフォーマンス向上につながる「空力チューン」とは? 画像
コラム

パフォーマンス向上につながる「空力チューン」とは?

自動車メーカーでも注目している空力。派手な空力チューンといえばGTウイングだが、そういったものだけじゃない、ちょっとしたもので効果のある空力チューンパーツとは

プリウス“クロス”に「ワンオフパーツ」を装着してみた 画像
コラム

プリウス“クロス”に「ワンオフパーツ」を装着してみた

世の中はアゲ系が注目されているけれど、現状ではラインナップに無い“アゲ系プリウス”を作ってしまおうという同企画。より個性的にするために今回は遂にワンオフパーツを装着しようと計画を立てて実行してみた。

クルマの「水害」…リスクを把握して早めに避難を 画像
コラム

クルマの「水害」…リスクを把握して早めに避難を

日本はこれからが台風の本格的シーズンとなり、水害も増加する。今回はクルマに話を絞った水害対策とその後の対処方法について話を進めていく。

道路が冠水! そのときクルマが走れる水深は?【カーライフ 社会・経済学】 画像
コラム

道路が冠水! そのときクルマが走れる水深は?【カーライフ 社会・経済学】

カーライフに直結する「社会・経済」関連情報を幅広く取り上げている当コーナー。前回からは、ゲリラ豪雨や台風の多いシーズンに突入していることを踏まえて、水災への備えについて解説している。今回は、突然の大雨にて道路が冠水した場合の対処法を説明する。

車内での「音楽再生」に何を選ぶ?…スマホが大活躍、ポイントは環境整備 画像
コラム

車内での「音楽再生」に何を選ぶ?…スマホが大活躍、ポイントは環境整備

多くのドライバーが、運転中に音楽を聴いている。さて、その音楽を再生する装置(ソースユニット)には何を使っているだろうか。当特集では、その選択肢の1つ1つの利点や使用法を解説している。今回は、“映像系コンテンツ”を楽しみたい場合について考察する。

エンジンに「冷たい空気」を吸わせることが重要! 画像
コラム

エンジンに「冷たい空気」を吸わせることが重要!

クルマの速さに、とくにターボ車のエンジンパワーに密接に関係しているのが吸気温度。エンジンに吸い込む空気は温度が低ければ低いほどパワーが出るのだ。ならば吸気温度を下げるチューンをしようじゃないか。

「軽量化」チューンのポイントとは?…クルマは軽量化で運動性能が高くなる 画像
コラム

「軽量化」チューンのポイントとは?…クルマは軽量化で運動性能が高くなる

軽さは加速にも減速にもコーナリングにも効く。でも、エアコンを外したりするのはスマートじゃない。これからできる大人の軽量化に迫る。

もっと見る

page top