特集記事ニュース|CAR CARE PLUS

特集記事

最新ニュース

もっと見る
本場ドイツ生まれのレザーリペアスクールを開校!…レザーゼントラム・ジャパン 画像
イベント情報

本場ドイツ生まれのレザーリペアスクールを開校!…レザーゼントラム・ジャパン

大阪のディテイリングプロショップ「カーメイクアートプロ」(堺市美原区・丸山悦顕代表)が日本総代理店を務める「レザーゼントラム・ジャパン」は、6月5日(月)、6日(火)の2日間にわたりレザーリペアスクールを実施する。

【カーオーディオ・ニューカマーU-23】ホンダ ステップワゴン(オーナー:今野 匠さん) by  Car's Factory STIL 前編 画像
コラム

【カーオーディオ・ニューカマーU-23】ホンダ ステップワゴン(オーナー:今野 匠さん) by  Car's Factory STIL 前編

23歳以下のフレッシュなカーオーディオユーザーのオーディオとの出会いやの楽しみ方などを語ってもらう企画「カーオーディオ・ニューカマーU-23」。今回登場してもらったのは山形県のCar's Factory STILでフロントスピーカーを取り付けた今野さんだ。

【輸入車パワーユニット比較】いま選ぶべきはディーゼルか、PHEVか…大谷達也 画像
コラム

【輸入車パワーユニット比較】いま選ぶべきはディーゼルか、PHEVか…大谷達也

オーソドックスなガソリンエンジンや、そこに電気の力をプラスしたハイブリッド、そして経済性に優れたディーゼルと、いまやエンジンは多くのタイプから選べるようになった。そんな多様なパワーユニットからどのモデルを選ぶべきか。

【ドライブコース探訪】ソース味の“コイ丼”は佐久のソウルフード? 元祖ならではのひと味 画像
コラム

【ドライブコース探訪】ソース味の“コイ丼”は佐久のソウルフード? 元祖ならではのひと味

信濃路は月と仏とおらが蕎麦…という有名な句があるからか、長野県の美味しいものと言えばまず蕎麦が思い浮かぶ。が、広大な内陸県である長野は実際には多種多様な食材を産し、食文化のバリエーションも豊かだ。東信地方の地方都市、佐久の鯉料理もそのひとつだ。

【Amanekチャンネル】ラジオアプリでおすすめスポットのデータを受信、カーナビに転送してドライブ! 画像
コラム

【Amanekチャンネル】ラジオアプリでおすすめスポットのデータを受信、カーナビに転送してドライブ!

デジタルラジオ放送局「Amanekチャンネル」では、放送にスポットデータを付加して送信し、それをカーナビに転送できるサービスを開始した。今回は、この機能を利用して実際にドライブする機会を得たのでレポートする。

IAAE 17 & ATTT 17 スペシャル特集 画像
特集

IAAE 17 & ATTT 17 スペシャル特集

3月15日(水)~17日(金)から東京ビッグサイトで開催された「国際オートアフターマーケットEXPO」と「国際自動車通信技術展」の特集記事をチェック!

【川崎大輔の流通大陸】タイの中古部品流通、奮闘する日系企業 画像
コラム

【川崎大輔の流通大陸】タイの中古部品流通、奮闘する日系企業

タイの中古部品ビジネスの市場はまだまだ薄暗いグレーな市場だ。そこで奮闘する日本からきた中古自動車部品会社がある。

【カーオーディオ・ニューカマーU-23】日産 シーマ(オーナー:鹿野桂嗣さん) by  custom&car Audio PARADA 前編 画像
コラム

【カーオーディオ・ニューカマーU-23】日産 シーマ(オーナー:鹿野桂嗣さん) by  custom&car Audio PARADA 前編

今回からスタートした新企画「カーオーディオ・ニューカマーU-23」。23歳以下の若いユーザーにスポットを当てて、ライフスタイルや楽しみ方を紹介する企画だ。第1回は福井県のcustom&car Audio PARADAでイベント仕様のオーディオを組んだ鹿野さん。

【MINI クロスオーバー 新型】これ1台ですべて賄えるMINI 画像
コラム

【MINI クロスオーバー 新型】これ1台ですべて賄えるMINI

フルモデルチェンジし2代目に進化したMINI『クロスオーバー』は、これまでのCセグメントから、サイズアップしDセグメントに移行した。それに伴ない、装備等も充実。価格も400万円台が中心になった。

プリウスとは見た目も走りも違う!  新型「プリウスPHV」をチェック! 画像
コラム

プリウスとは見た目も走りも違う! 新型「プリウスPHV」をチェック!

トヨタが「次世代環境車の柱」とするプラグインハイブリッド車である、新型『プリウスPHV』。電気のみで走行できる距離を68.2kmまで拡大、環境性能を高めながら、新プラットフォーム「TNGA」の採用やデュアルモータードライブシステムなどにより、“走り”の面でも進化した。

【360度 VR試乗】テスラ モデルX のファルコンウィングを中から見てみる 画像
コラム

【360度 VR試乗】テスラ モデルX のファルコンウィングを中から見てみる

テスラ第3の電気自動車『モデルX』を360度動画でピックアップ。フロントウインドウから天井まで続く全面ガラス製の「パノラミック・ウインドシールド」が生み出す、開放感あるインテリア。

【ボルボ S90 R-デザイン 試乗】“R”らしからぬ最新“R”の洗練度…島崎七生人 画像
コラム

【ボルボ S90 R-デザイン 試乗】“R”らしからぬ最新“R”の洗練度…島崎七生人

RではないみたいなRだ…が、第一印象。かつてのボルボの“R-デザイン”は、それは走らせる気満々のハード志向で、インパクト絶大だった。が、最新モデルに乗ると、改めてその様変わりぶりに驚かされる。

【VW ゴルフ コネクト 試乗】ユーザーの“電脳能力”も鍛えておかなければ…中村孝仁 画像
コラム

【VW ゴルフ コネクト 試乗】ユーザーの“電脳能力”も鍛えておかなければ…中村孝仁

『ゴルフ コネクト』なるモデルがゴルフに追加された。と言っても肩書としては一応特別仕様車。ただし、供給台数などの限度は書いていないから、いわゆる限定何台、というものではなさそうだ。

【マツダ ロードスターRF 試乗】2リットルエンジンに感じる“ゆとり”こそが武器…中村孝仁 画像
コラム

【マツダ ロードスターRF 試乗】2リットルエンジンに感じる“ゆとり”こそが武器…中村孝仁

社内呼称NDの『ロードスター』がデビューした時、その搭載エンジンが1.5リットル、131psという、少し物足りないスペックだったことに、若干の不満を抱いたユーザーも少なくなかったのではないかと思う。

【あの名物社長に聞く】手洗い洗車の仕掛け人! 何故いま洗車なのか? 画像
コラム

【あの名物社長に聞く】手洗い洗車の仕掛け人! 何故いま洗車なのか?

岡山県は倉敷市児島、古くからモノづくりの街として発展し、日本産ジーンズ発祥の地として名高い。最近では、大ヒットアニメ『ひるね姫』の舞台となったこともあり、多くの観光客で賑わう。

【ボルボ V90 試乗】機能が充実、走りは“S”との差あり…島崎七生人 画像
コラム

【ボルボ V90 試乗】機能が充実、走りは“S”との差あり…島崎七生人

意外にもエステートの『V90』の全長のほうがセダンの『S90』より30mm短い。バックドアを強く傾斜させてスラリと優雅に見せながら、決して冗長ではないスタイリングの秘訣はその辺りにある…のだろう。

全国各地のカーケアショップ取材レポート! 画像
特集

全国各地のカーケアショップ取材レポート!

全国から選りすぐった、本当に信頼できるカーケアショップをご紹介します!

【編集部員が行く! 突撃ショップレポート】プロの仕事お見せします!!…洗車体験編 最終回 画像
コラム

【編集部員が行く! 突撃ショップレポート】プロの仕事お見せします!!…洗車体験編 最終回

今日4月28日は「洗車の日」! その日を盛り上げるべく、突撃ショップレポート ~洗車体験編~の最終話を公開いたします!!

【スバル XV 試乗】「Xモード」搭載で、本格SUV並みのポテンシャル…丸山誠 画像
コラム

【スバル XV 試乗】「Xモード」搭載で、本格SUV並みのポテンシャル…丸山誠

スバルの新世代プラットフォームの「スバル・グローバル・プラットフォーム」を採用する新型『XV』。先行して発売された『インプレッサ』をベースにするクロスオーバーSUVだ。

【ボルボ V90クロスカントリー 試乗】ベンツも参入「ワゴンベースSUV」、これで火がつくか…中村孝仁 画像
コラム

【ボルボ V90クロスカントリー 試乗】ベンツも参入「ワゴンベースSUV」、これで火がつくか…中村孝仁

「XC」という名でこの手のモデルがボルボラインナップに登場したのは1997年。当時は本格的なSUVを持たず、ある意味では苦肉の策だったモデルともいえる。

【スバル XV 試乗】旧型そっくり、だけど見ると乗るでは大違い…中村孝仁 画像
コラム

【スバル XV 試乗】旧型そっくり、だけど見ると乗るでは大違い…中村孝仁

車名を判別できる程度の意識で、クルマが通り過ぎるのを見ることがあると思う。あっ、スバル『XV』だな…と。その時、果たしてあなたはそれが「新型のXV」だと気付くだろうか。

【工場見学】レクサス LC専用の組み立て工場に潜入! 画像
コラム

【工場見学】レクサス LC専用の組み立て工場に潜入!

レクサスのラグジュアリークーペ『LC』を組み立てるアッセンブリー工場がメディアに公開された。レクサスLCのアッセンブリーラインは1959年にトヨタ初の乗用車専用工場として建設された元町工場のなかに置かれている。

【BMW 5シリーズ 試乗】久しぶりにいいフィールのエンジンに出会えた…丸山誠 画像
コラム

【BMW 5シリーズ 試乗】久しぶりにいいフィールのエンジンに出会えた…丸山誠

久しぶりにいいフィールのエンジンに出会えた。『540i』が搭載する3リットル直6直噴ターボエンジンは回転バランスと伸びのある回転フィールがとてもいい感じだ。

【マツダ デミオ 3400km試乗 後編】遠くまで足を伸ばしたくなる燃費、疲労度の少なさ…井元康一郎 画像
コラム

【マツダ デミオ 3400km試乗 後編】遠くまで足を伸ばしたくなる燃費、疲労度の少なさ…井元康一郎

マツダのBセグメントサブコンパクト『デミオ』のターボディーゼル+6MT「XDツーリング」で3400kmあまりロングツーリングする機会があった。前編ではマイナーチェンジで大きく変わったシャシー性能についてリポートした。

【ドライブコース探訪】瀬戸内で極上のカキフライ定食に出会う 画像
コラム

【ドライブコース探訪】瀬戸内で極上のカキフライ定食に出会う

3月にマツダ『デミオ』でツーリングを行った際、そのお隣の備前市でなかなか美味しいカキフライに出会ったのでリポートする。

【ボルボ S90 試乗】スリークな容姿は、一服の清涼剤のよう…島崎七生人 画像
コラム

【ボルボ S90 試乗】スリークな容姿は、一服の清涼剤のよう…島崎七生人

なんてエレガントなセダンなのだろう…が第一印象。フラッグシップらしい恵まれたボディサイズなのは当然として、余計な線やディテールを極力廃したスリークな容姿は、一服の清涼剤のようで、ホッとさせられる。

【マツダ デミオ 3400km試乗 前編】「長距離ドライブを可能にする究極の人馬一体」は本当か…井元康一郎 画像
コラム

【マツダ デミオ 3400km試乗 前編】「長距離ドライブを可能にする究極の人馬一体」は本当か…井元康一郎

昨年秋にマイナーチェンジを受け、パワートレイン、シャシーチューニング、装備など多岐にわたって変更を受けたマツダのBセグメントサブコンパクト『デミオ』で東京~鹿児島間を3400kmあまりツーリングしてみたのでリポートをお届けする。

【ベントレー ベンテイガ 試乗】別世界に連れて行かれる…中村孝仁 画像
コラム

【ベントレー ベンテイガ 試乗】別世界に連れて行かれる…中村孝仁

のっけからお金の話で恐縮だが、そのお値段2739万円(消費税込み)だそうである。実はこれよりも高いSUVは存在するのだが、少なくとも乗ってみた感じは、今のところ別世界のものだった。

【川崎大輔の流通大陸】“プレモーターリゼーション期”のベトナム自動車市場が伸びる理由 画像
コラム

【川崎大輔の流通大陸】“プレモーターリゼーション期”のベトナム自動車市場が伸びる理由

タイをはじめとした周辺国に比べまだ規模が小さいベトナムであるが、アセアン市場全体の伸びを大きく上回る2ケタ成長となっている。ベトナム新車市場の拡大の後には中古車・アフターマーケットの活性化が期待できる。

開発担当の駒路氏に聞く! 新型マツダ『ロードスターRF』の最大の魅力とは? 画像
インタビュー

開発担当の駒路氏に聞く! 新型マツダ『ロードスターRF』の最大の魅力とは?

新型ロードスターRFの最大の魅力はなんと言っても美しいファストバックスタイルを生かしながらオープンエアを堪能できる「パワーリトラクタブル・ハードトップ」の採用にある。開発を担当した車両開発本部ボデー開発部ドア・リッド開発グループの駒路知博氏に話を聞いた。

【インタビュー】新生SUBARUの第一弾、XVに込めた思いとは…担当デザイナー 画像
コラム

【インタビュー】新生SUBARUの第一弾、XVに込めた思いとは…担当デザイナー

新生SUBARU(スバル)の第一弾となる『XV』がデビューした。そのデザインコンセプトはXVらしさを表す“スポカジ”だという。そのXVらしさとは何か。そして、新型XVのデザインの特徴について、スバル商品企画本部デザイン部で、企画を担当した磯村晋さんに話を聞いた。

【ドライブコース探訪】九州人の心をわしづかみにする “テッちゃんぽん”の味 画像
コラム

【ドライブコース探訪】九州人の心をわしづかみにする “テッちゃんぽん”の味

年末年始に東京~鹿児島間の3600kmツーリングを行った際、北九州の「ちゃんぽん響」という店に立ち寄った。北九州在住の知人が「北九州を通るならぜひちゃんぽん響のちゃんぽんを食べてみてほしい」と猛プッシュするので、興味が出て訪れてみたのだ。

もっと見る

page top