旧車ニュースまとめ | CAR CARE PLUS

旧車に関するニュースまとめ一覧

初出は“Copen”じゃなく“Kopen”だった…20周年の初代『コペン』【懐かしのカーカタログ】 画像
ガレージライフ

初出は“Copen”じゃなく“Kopen”だった…20周年の初代『コペン』【懐かしのカーカタログ】

初代ダイハツ『コペン』の登場から20年が経った。そのことを記念した特別仕様車も(当然、現行型がベースだが)発表されたが、なんとわずか5日で完売したそうだ。いまだ衰えぬ人気のコペン、今回は改めて初代をカタログとともに振り返ってみたい。

ベントレーのターボが40周年、歴代と最新モデルがパレード…英国グッドウッド2022 画像
イベント

ベントレーのターボが40周年、歴代と最新モデルがパレード…英国グッドウッド2022

◆1982年に発表された『ミュルザンヌ・ターボ』が原点 ◆当時の会長の「楽しもう」のひと言がターボ採用の契機に ◆ベントレーならではトルクを可能にするターボ

50周年を迎えたホンダ シビック、記念イベント開催中…歴代も展示 7月31日まで 画像
イベント

50周年を迎えたホンダ シビック、記念イベント開催中…歴代も展示 7月31日まで

ホンダ(本田技研工業株式会社)は7月1日から31日まで、東京のHondaウエルカムプラザ青山にて、今年で発売から50周年を迎える『シビック』をテーマとした記念イベントを開催する。

猛暑も吹き飛ばすヒストリックカーの集い…道の駅おおた「サンブレフェスタ」 画像
イベント

猛暑も吹き飛ばすヒストリックカーの集い…道の駅おおた「サンブレフェスタ」

群馬県太田市の道の駅おおたで6月26日、「サンデーブレックファースト(サンブレ)フェスタ」が行われた。内外のヒストリックカーや6輪タイレルのレプリカなどが集まり、終日にぎわった。

20世紀ミーティング2022秋季「クラシックカー&バイクの集い」 9月11日開催 画像
イベント

20世紀ミーティング2022秋季「クラシックカー&バイクの集い」 9月11日開催

新潟県三条市の「ミズベリング三条(水防学習館)」特設メイン会場および図書館等複合施設「まちやま」で「20世紀ミーティング2022秋季~クラシックカー&バイクの集い」が9月11日に開催される。

旧車オーナーの年収は思ったほど高くない?…300万-500万円が2割 画像
特集記事

旧車オーナーの年収は思ったほど高くない?…300万-500万円が2割

旧車買取サービス「旧車王」を運営するカレント自動車は、旧車乗りの予想年収とその実態についてアンケートを実施。実際の年収で最も多かったのは「500~700万円」だった。

個性引き立つネオクラ車両は見ていて楽しい!~ネオクラオーナーズミーティング~ 画像
イベント

個性引き立つネオクラ車両は見ていて楽しい!~ネオクラオーナーズミーティング~

'80年代~'90年代に掛けて個性的なクルマがラインアップされていた時代、現代のクルマには無い味わいを求めてネオクラを愛でるユーザーが多い。そんなユーザーが集まる「ネオクラオーナーズミーティング」(5月29日、静岡開催)が開催された。

車体課税の抜本的な見直しを---日本自動車会議所、2022年度の最大の重点項目 画像
ニュース

車体課税の抜本的な見直しを---日本自動車会議所、2022年度の最大の重点項目

日本自動車会議所は6月15日、第88回定時総会の報告と2022年度の事業方針についての説明会を開催した。3年ぶりでリアル開催となった総会では、直接顔を見ながら、いろいろな意見交換ができたそうだ。

ネオクラ軽自動車は“楽しさ”満載の世界~ネオクラオーナーズミーティング~ 画像
イベント

ネオクラ軽自動車は“楽しさ”満載の世界~ネオクラオーナーズミーティング~

注目のカテゴリーのひとつになったのが「軽自動車」。従来はネオクラとしてはそれほどももてはやされてこなかったジャンルなのだが近年人気車両がクローズアップされることが多くなっている。

憧れた「ネオクラ・スポーツカー」で熱い想いが蘇る~ネオクラオーナーズミーティング~ 画像
イベント

憧れた「ネオクラ・スポーツカー」で熱い想いが蘇る~ネオクラオーナーズミーティング~

クラシックカーや旧車ではないが現代のクルマでも無い、そんな独自スタンスの“ちょっと古い”クルマとして近年注目を集めるネオクラシック(ネオクラ)。当時のクルマにしか無い魅力を備えた個性的な車種が多くのユーザーの注目を集めている。

“あの時”を思い出すネオクラ・セダンはオヤジの青春~ネオクラオーナーズミーティング~ 画像
特集記事

“あの時”を思い出すネオクラ・セダンはオヤジの青春~ネオクラオーナーズミーティング~

ちょっと古いクルマであるネオクラ(ネオクラシック)と呼ばれるカテゴリーの車両が人気を集めている。クルマやバイクなどに加えて、ホイールなどのアフターパーツの世界でもネオクラの指向はブームになっている。

グロリアやスカイラインが村山工場跡地に里帰り…プリンスの丘 自動車ショウ 画像
イベント

グロリアやスカイラインが村山工場跡地に里帰り…プリンスの丘 自動車ショウ

東京都武蔵村山市にあるイオンモールむさし村山の特設会場で6月5日、「プリンスの丘 自動車ショウ」が開かれ、かつてプリンスと日産の車を生み出した村山工場跡地に『グロリア』や『スカイライン』などが集まった。

ネオクラ注目株!初代『ソアラ』羨望のデジタルメーター&2.8Lツインカム【懐かしのカーカタログ】 画像
ガレージライフ

ネオクラ注目株!初代『ソアラ』羨望のデジタルメーター&2.8Lツインカム【懐かしのカーカタログ】

初代ソアラの登場は1981年(昭和56年)2月。筆者はオーナーになるチャンスこそなかったものの、当時の様子を見ていて、「凄いクルマが登場したものだ」と食い入るように自動車雑誌の記事を読み漁ったのを思い出す。

ミリタリー車や骨董四駆、幻のくろがね四起など、マニアックな200台が大集合!…兎島ミーティング[フォトレポート] 画像
イベント

ミリタリー車や骨董四駆、幻のくろがね四起など、マニアックな200台が大集合!…兎島ミーティング[フォトレポート]

静岡県御殿場市神山にて、5月28日(土)に開催された「兎島ミーティング」では、屈強なミリタリー車両やマニアックな四駆、骨太クロカンなど200台以上が集まった。

【ネオクラ回顧録】かっ飛びコンパクト! 時代が求めたスターレットというクルマ 画像
特集記事

【ネオクラ回顧録】かっ飛びコンパクト! 時代が求めたスターレットというクルマ

戦後高度成長期の国民車構想に沿ったクルマとして、トヨタは1961年にパブリカを世に送り出しました。しかし、パブリカは思ったほどの販売実績を残すことができませんでした。

小さくてユニークな軽自動車たちが集まる…第5回昭和平成軽自動車展示会 画像
イベント

小さくてユニークな軽自動車たちが集まる…第5回昭和平成軽自動車展示会

埼玉県羽生市の農林公園「キヤッセ羽生」で5月22日、「昭和平成軽自動車展示会」が行われ、360ccの軽自動車を中心に懐かしのスモールカーなど約120台が集まった。

復活求むっ! 三菱 ランサーエボリューション[ネオクラ回顧録] 画像
特集記事

復活求むっ! 三菱 ランサーエボリューション[ネオクラ回顧録]

『ランサーエボリューション』の話をするには、時間を巻き戻して話をしなければならないでしょう。三菱は高度成長期からモータースポーツに果敢に挑んだメーカーで、1964年の第2回日本グランプリでは、『コルト1000』がクラス1~3位を独占しています。

個性的な装いの「アメリカンワンボックス」が面白い!…34th MOONEYES Street Car Nationals 画像
イベント

個性的な装いの「アメリカンワンボックス」が面白い!…34th MOONEYES Street Car Nationals

ムーンアイズが主催するアメ車のビッグイベント「34th MOONEYES Street Car Nationals」。ホットロッドからローライダー、クラシックなアメ車、さらにはトラック、SUV、VWや1BOXなど多種多様。カスタムのお手本がズラリと並んだ注目のイベントになった。

クラシックカーなど200台を超える様々な趣味車が集結…さくらモーニングクルーズ 画像
イベント

クラシックカーなど200台を超える様々な趣味車が集結…さくらモーニングクルーズ

埼玉県幸手市の県営権現堂公園桜堤駐車場で4月17日、「さくらモーニングクルーズ」が開かれ、クラシックカーを始めとする様々な趣味車が集まった。

スケルトン!? の ff-1 や初代 レオーネ を展示中…スバル4WDの原点、宮城スバルで 画像
イベント

スケルトン!? の ff-1 や初代 レオーネ を展示中…スバル4WDの原点、宮城スバルで

現在、宮城スバルの旗艦店「ベストショップ栗生」(宮城県仙台市青葉区)で、フルレストア中の『ff-1』(1970年)や、初代『レオーネ4WDエステートバン』(1972年)などを展示している。5月15日まで(5月1~5日、10、11日は休)。

小さなクルマの大きな言い分…愛知・トヨタ博物館で企画展 4月29日より 画像
イベント

小さなクルマの大きな言い分…愛知・トヨタ博物館で企画展 4月29日より

トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)は、4月29日から7月18日まで、企画展「Here's a Small World! 小さなクルマの、大きな言い分」を開催する。

スプリンタートレノが750万円!?  国産旧車が高騰し続ける理由とは…オートモビルカウンシル2022 画像
イベント

スプリンタートレノが750万円!?  国産旧車が高騰し続ける理由とは…オートモビルカウンシル2022

このところ俄然国産旧車の価格上昇が著しい。今回オートモビルカウンシル2022に出展したヴィンテージ宮田自動車さんに話を聞いてみると、正直言えば価格高騰は今に始まったことではなく、じわじわと上昇を続けていたという。

ダットサンと日産を中心に、150台の旧車が集合…昭和平成クラシックカーフェスティバルinキヤッセ羽生 画像
イベント

ダットサンと日産を中心に、150台の旧車が集合…昭和平成クラシックカーフェスティバルinキヤッセ羽生

埼玉県羽生市の農林公園「キャッセ羽生」で4月3日、「昭和平成クラシックカーフェスティバル」が開かれ、特別企画のダットサンと日産を中心に内外の旧車約150台が集まった。

旧車ファン、最も影響を受けた作品は?…「頭文字D」「ワイルドスピード」「西部警察」が人気 画像
ニュース

旧車ファン、最も影響を受けた作品は?…「頭文字D」「ワイルドスピード」「西部警察」が人気

旧車買取サービス「旧車王」を運営するカレント自動車は、クルマが登場する作品(映画・ドラマ・漫画・ゲームなど)についてのアンケートを実施。最も影響を受けた作品は「頭文字D」であることがわかった。

愛車のモールなどに発生する“白サビ”対策に「アルカリブロックキーパー」 画像
ニュース

愛車のモールなどに発生する“白サビ”対策に「アルカリブロックキーパー」

KeePer技研は、ウィンドフレームモールなどに発生する白サビ(アルカリサビ)を解決する新サービス「アルカリブロックキーパー」を、4月上旬より順次販売を開始する。

日産 シーマ、生産終了を報じられる…ビッグカーの栄枯盛衰[フォトヒストリー] 画像
特集記事

日産 シーマ、生産終了を報じられる…ビッグカーの栄枯盛衰[フォトヒストリー]

日産自動車の最高級セダン、『シーマ』の生産終了が報じられた。「日本における“ビッグカー”の時代はシーマの誕生とともに幕を開けた」と日産は自負する。5世代・32年間の歴史を振り返る。

100台の旧車が新潟・三条市に集結…「20世紀ミーティング2022春季」4月24日開催 画像
イベント

100台の旧車が新潟・三条市に集結…「20世紀ミーティング2022春季」4月24日開催

新潟県三条市の「ミズベリング三条(水防学習館)」駐車場で「20世紀ミーティング2022春季」が4月24日に開催される。

トヨタ『MR2』 進化を続けたじゃじゃ馬マシン…憧れのクルマ回顧録 画像
特集記事

トヨタ『MR2』 進化を続けたじゃじゃ馬マシン…憧れのクルマ回顧録

MR2が初代から2代目に移行したのが1989年のこと。そう、日本の自動車史に燦然と輝く当たり年。日産がスカイランGT-Rを復活させ、ホンダがNSXをデビュー、マツダがユーノス・ロードスターを登場させた年です。

マツダ×郷田鈑金×RE雨宮…クルマのプロたちが語った旧車レストアへの熱き思いを詳報!IAAE2022 画像
ショップ紹介

マツダ×郷田鈑金×RE雨宮…クルマのプロたちが語った旧車レストアへの熱き思いを詳報!IAAE2022

3年ぶりのリアル開催となった第19回国際オートアフターマーケットEXPO 2022。その幕開けとなったマツダ・山本氏、郷田鈑金・駒場氏、RE雨宮・雨宮氏と豪華な顔ぶれが並んだレストアに関するセミナーの様子をお伝えする。

懐かしのトラック・バス 500点以上掲載!---博物館でも見ることができない? 画像
ガレージライフ

懐かしのトラック・バス 500点以上掲載!---博物館でも見ることができない?

自動車博物館でも見ることの出来ない貴重な商用車を収録し、その特徴と変遷をメーカー別に解説した1冊。

希少な旧車&歴戦レーシングカーに、触れて同乗走行もOK! 長野「130 COLLECTION」…エンドレス花里会長の想い 画像
レストア

希少な旧車&歴戦レーシングカーに、触れて同乗走行もOK! 長野「130 COLLECTION」…エンドレス花里会長の想い

希少な旧車&歴戦レーシングカーに、触れられて同乗走行もOK! 長野にある自動車ミュージアム「130 COLLECTION」とは? 仕掛け人は、あのブレーキパッドメーカー「ENDLESS(エンドレス)」花里功会長

ホンダの復刻パーツ、ビートに続き「アクティトラック」の部品再販! 画像
イベント

ホンダの復刻パーツ、ビートに続き「アクティトラック」の部品再販!

「ビートは、1991年5月に誕生し、 今も多くのお客様に愛され続けています。ホンダとしても「ビートをより長く 楽しんでいただきたい」という想いで、この度、一部純正部品の生産を再開することを決定しました」

愛車への想い「一生、乗り続けたい」女優・高橋ひとみさんはアバルトオーナー 画像
特集記事

愛車への想い「一生、乗り続けたい」女優・高橋ひとみさんはアバルトオーナー

フィアットの高性能ブランド「アバルト」が3月5日、女性オーナーだけを集めたイベント「SCORPIONNA DRIVE 2022」を開催。特別ゲストとして女優の高橋ひとみさんが登場した。

小さな旧車が大集合! いま見ても秀逸なデザインに見惚れる…U1000 inしらこばと公園クラシックカーフェスティバル2022 画像
イベント

小さな旧車が大集合! いま見ても秀逸なデザインに見惚れる…U1000 inしらこばと公園クラシックカーフェスティバル2022

「U1000 inしらこばと公園クラシックカーフェスティバル」が2月27日、埼玉県越谷市のしらこばと水上公園芝生広場で開催され、排気量が1000cc以下の旧車が集まった。さいたま東サブロクオーナーズクラブの主催。

いすゞ 117クーペ まさに「草ヒロ」状態!? …ノスタルジック2デイズ2022 画像
イベント

いすゞ 117クーペ まさに「草ヒロ」状態!? …ノスタルジック2デイズ2022

横浜市のパシフィコ横浜で開催された「ノスタルジック2デイズ」。ピカピカの旧車がひしめく会場で異彩を放っていたのが、車体に雑草が絡まるボロボロのいすゞ『117クーペ』だった。

旧車の「維持費」は本当に高いのか? オーナーアンケート結果発表 画像
特集記事

旧車の「維持費」は本当に高いのか? オーナーアンケート結果発表

旧車買取サービス「旧車王」を運営するカレント自動車は、旧車の維持費と故障箇所についてのアンケートを実施。1年でかかるメンテナンス・整備費用は「5万円以内」との回答が最も多かった。

ベレット、フローリアンなど懐かしき「いすゞの乗用車」が奥多摩湖畔に集まる 画像
イベント

ベレット、フローリアンなど懐かしき「いすゞの乗用車」が奥多摩湖畔に集まる

『117クーペ』『ベレット』『フローリアン』…。かつていすゞが製造していた乗用車が2月6日、東京都奥多摩町の奥多摩湖畔にある大麦代園地駐車場に集まった。

国内最大級の旧車イベント 2月19-20日、パシフィコ横浜で開催【ノスタルジック 2デイズ 2022】 画像
イベント

国内最大級の旧車イベント 2月19-20日、パシフィコ横浜で開催【ノスタルジック 2デイズ 2022】

日本最大級のクラシックモーターショー「ノスタルジック 2デイズ」が2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催される

マニアックで見応え満載な、往年のホンダ車が集結…ホンダクラシックミーティング 画像
イベント

マニアックで見応え満載な、往年のホンダ車が集結…ホンダクラシックミーティング

埼玉県越谷市のしらこばと水上公園芝生広場で1月30日、「ホンダクラシックミーティング」が開かれ、昭和製造を中心とした個性的なホンダ車約50台が集まった。

サバゴンにロードスター…RE車集結のブースに見た“RE業界”活性化への思い…東京オートサロン2022  画像
イベント

サバゴンにロードスター…RE車集結のブースに見た“RE業界”活性化への思い…東京オートサロン2022 

1月14日~16日まで開催されたカスタムカーの祭典「東京オートサロン2022」。その会場内でRE車が集結する「ロータリーエキシビジョン」なるブースを発見。RE業界活性化を願う出展者の思いとは?

    1 2 3 4 > 次
Page 1 of 4
page top