タイヤ交換時に検討したい“オールシーズンタイヤ”という選択肢 | CAR CARE PLUS

タイヤ交換時に検討したい“オールシーズンタイヤ”という選択肢

ニュース ビジネス

グッドイヤーのTVCMキャッチコピー
  • グッドイヤーのTVCMキャッチコピー
  • タイヤを履き替えることなくカーライフを楽しみたい
  • いつの時代もタイヤの履き替えは面倒なもの
  • オールシーズンタイヤのパイオニアとして知られる「グッドイヤー」
  • 「日刊自動車新聞 用品大賞2017(タイヤ・ホイール部門賞)」を受賞した「ベクター4シーズンズ・ハイブリッド
  • 用品大賞2017の表彰式
夏休みのお出かけを前に、そろそろ「タイヤの溝が心配」とか「遠出の前にタイヤを新しく」と考えているユーザーも少なくないだろう。

アクティブにカーライフを楽しむユーザーにとって、タイヤの交換の時には色々と思い悩むことが多いもの。どんなタイヤにするかはもちろんだが、「冬タイヤをどうするか?」は大きな悩みの1つだろう。季節毎のタイヤの付け替えや、タイヤの置き場などを考えるとなかなか憂鬱だ。そんな、ユーザーのお悩みを大幅に解消するのが「オールシーズンタイヤ」だ。
1年中タイヤを履き替えることなくカーライフを楽しめ、安心の性能を供えるオールシーズンタイヤを一度お試ししてみてはいかがだろう。

タイヤを履き替えることなくカーライフを楽しみたい
いつの時代もタイヤの履き替えは面倒なもの
オールシーズンタイヤは、夏のドライ・ウェット路面から、冬の雪道まで走行でき、四季を通じて安定して走れるという性能を持つ。このオールシーズンタイヤのパイオニアとして知られるのが「グッドイヤー」で、1977年に世界初のオールシーズンタイヤを発売したことで知られる。

オールシーズンタイヤのパイオニアとして知られる「グッドイヤー」
グッドイヤーは、日本においても2008年から「ベクター4シーズンズ」として販売を開始し、2016年にはサイズ展開を大幅に充実させ、国際規格“スノーフレークマーク”に加え日本の“スノーマーク”も取得、新たに「ベクター4シーズンズ・ハイブリッド」として発売した。高速道路の冬用タイヤ規制下で走行可能なだけでなく、特にMud(泥濘(でいねい)路(ろ))の走破性は夏タイヤ以上の性能で、アウトドアなどのシーンで安心して走れることも好評だ。降雪・非降雪地域が分かれオールシーズンタイヤの提案がしづらいと言われる日本に本格参入し、新たな市場を開拓を行う。

ちなみに、今回紹介したグッドイヤーのオールシーズンタイヤ ベクター4シーズンズ・ハイブリッドは、先日表彰が行われた、「日刊自動車新聞 用品大賞2017(タイヤ・ホイール部門賞)」を受賞している。
《カーケアプラス編集部》

関連ニュース

特集

page top