先進技術・次世代自動車ニュースまとめ | CAR CARE PLUS

先進技術・次世代自動車に関するニュースまとめ一覧

BSサミット、自動車メーカー連携「DMS」の実現を目指す組織活動をアピール…IAAE 2024予定 画像
イベント

BSサミット、自動車メーカー連携「DMS」の実現を目指す組織活動をアピール…IAAE 2024予定

全国有数の自動車整備・鈑金塗装事業者が加盟する全国ネットワーク組織として知られる、BSサミット事業協同組合(東京都中央区・磯部君男理事長)は、3月5~7日に東京ビッグサイトで開催される「第21回 国際オートアフターマーケットEXPO2024」(IAAE 2024)に出展する。

新世代のスマートシートベルト、体格の違いに対応…ZFが開発 画像
ニュース

新世代のスマートシートベルト、体格の違いに対応…ZFが開発

ZFは、新たなシートベルト技術を発表した。この技術は、事故時の影響をより軽減し、2030年のNCAPロードマップにおける安全システムの適応性向上要求に対応することを目的としている。

遠隔でエンジン停止も可能、日産の盗難車追跡サービス…欧州で導入 画像
ニュース

遠隔でエンジン停止も可能、日産の盗難車追跡サービス…欧州で導入

日産自動車の欧州部門は、「NissanConnect Services」アプリを通じて、盗難車両追跡機能を導入した、と発表した。

福島日産が浪江町に「浪江EVパーク」新設へ…地域の活性化とエネルギーマネジメント 画像
ニュース

福島日産が浪江町に「浪江EVパーク」新設へ…地域の活性化とエネルギーマネジメント

福島日産自動車は2月14日、同日に開催された「第3回浜通り連携協定サミットin浪江町」において、福島県浪江町に「浪江EVパーク(仮称)」を新設する計画を発表した。地域の活性化と災害時の強靭化をめざす。

完全自動運転に対する期待と不安---世代別調査 画像
ニュース

完全自動運転に対する期待と不安---世代別調査

「レベル5」といわれる完全自動運転車の発売時期や普及度合いは明確になっていない。意識調査で「完全自動運転」が実現する少し先の未来をイメージして回答してもらったところ、現時点で実現への期待値はばらついた。

EVではタイヤの空力も大事になる! 住友ゴムがシミュレーション技術を開発 画像
ニュース

EVではタイヤの空力も大事になる! 住友ゴムがシミュレーション技術を開発

住友ゴム工業は2月7日、電気自動車(EV)の電費性能向上に貢献する「タイヤ空力シミュレーション」技術を開発したと発表した。この技術は、タイヤの転がり抵抗だけでなく、タイヤ周りの空気抵抗の低減がEVの性能向上に不可欠であることに着目している。

旧車しか知らない、大学自動車部員の学生が感じた「日産の技術」とは? 画像
イベント

旧車しか知らない、大学自動車部員の学生が感じた「日産の技術」とは?

長野県立科町の女神湖にて、日産自動車によるメディア向け試乗会『NISSAN Intelligent Winter Drive』が開催された。毎年冬に行われるこのイベントは、日産を代表する最新モデルが女神湖氷上でアグレッシブに走り回る様子が見どころだ。

ポルシェ、スマホアプリを大幅改良…EV向け機能が充実 画像
ニュース

ポルシェ、スマホアプリを大幅改良…EV向け機能が充実

ポルシェは1月29日、スマートフォンアプリ「マイポルシェ」を大幅に改良すると発表した。新しいアプリでは、車両機能へのアクセス、充電プロセスの管理、出発前のルート計画などをスマートフォンで行える。

透明導電フィルムや2回路検知スイッチ、パナソニックインダストリーの信頼性向上ソリューション…オートモーティブワールド2024 画像
イベント

透明導電フィルムや2回路検知スイッチ、パナソニックインダストリーの信頼性向上ソリューション…オートモーティブワールド2024

パナソニックインダストリーは、パナソニックグループの中で電子デバイス全般を扱う事業者だ。CR(抵抗・コンデンサ)、スイッチやリレーなどディスクリート部品の他、センサーやモジュール部品、モーター、FA機器まで幅広いポートフォリオを持つ。

マイナンバーカードで自動運転バスの乗車を予約、ポイントも獲得 日進市で実証事業 画像
ニュース

マイナンバーカードで自動運転バスの乗車を予約、ポイントも獲得 日進市で実証事業

愛知県日進市は、BOLDLY(ボードリー)の協力のもと、2月1日から3月8日まで、マイナンバーカードを用いた自動運転バスの乗車予約とポイント付与の実証事業を実施する。住民が自由に移動できる街の実現に向けた新たな取り組みだ。

ADAS/ADは良好な視界から、加湿器の原理で雨滴を飛ばす村田製作所のカメラ…オートモーティブワールド2024 画像
イベント

ADAS/ADは良好な視界から、加湿器の原理で雨滴を飛ばす村田製作所のカメラ…オートモーティブワールド2024

村田製作所はコンデンサーから半導体まで多数の電子部品を手掛けるメーカーだ。オートモーティブワールド2024では車両向け電子部品を中心に展示を行っていた。

愛媛県伊予市で自動運転EV『MiCa』を実証運行 画像
ニュース

愛媛県伊予市で自動運転EV『MiCa』を実証運行

愛媛県伊予市は、1月31日から2月29日まで、自動運転EV『MiCa』の実証運行を行なう。自動運転技術を活用した持続可能な公共交通サービスの構築と地域活性化が期待されている。

ラッピングではなく「塗装」、積水化学の塗料転写シート…オートモーティブワールド2024 画像
イベント

ラッピングではなく「塗装」、積水化学の塗料転写シート…オートモーティブワールド2024

CASEなど次世代車両は、ケミカル品、素材など化学工業分野の市場も拡大している。オートモーティブワールド2024に出展した積水化学工業も自動車分野に力を入れる企業のひとつだ。

自動車以外にも広がるビジネス…CASEの各分野ごとにみた自動車業界を俯瞰する曼荼羅図[インタビュー] 画像
特集記事

自動車以外にも広がるビジネス…CASEの各分野ごとにみた自動車業界を俯瞰する曼荼羅図[インタビュー]

森氏はレスポンスのセミナー「2030年代に向けた自動車産業の次世代ビジネスモデル」と題する講演を行う。その中では、これまでOEMと販社・サプライヤーによって成立していた自動車ビジネスが、CASEとの融合によってどのように広がり、変わっていくのかを俯瞰した「曼荼羅図…

イブ・オート、屋外対応の無軌道型自動搬送サービスを訴求…オートモーティブワールド2024 画像
イベント

イブ・オート、屋外対応の無軌道型自動搬送サービスを訴求…オートモーティブワールド2024

イブ・オートノミー(eve autonomy)は「第16回オートモーティブワールド ‐ クルマの先端技術展 ‐」(オートモーティブワールド2024)の構成展「自動運転EXPO」にて、屋外対応の無軌道型自動搬送サービス「イブ・オート(eve auto)」の実車両を展示する。

積水化学グループ、次世代モビリティ技術を「体感」できるモックを展示予定…オートモーティブワールド2024 画像
イベント

積水化学グループ、次世代モビリティ技術を「体感」できるモックを展示予定…オートモーティブワールド2024

積水化学グループは、1月24日から26日まで東京ビッグサイトで開催される「第16回オートモーティブワールド」(オートモーティブワールド2024)の構成展である、「第16回[国際]カーエレクトロニクス技術展」に出展する。

BYD、自動車にドローンを組み込むテクノロジーを発表…ワンクリックで離陸と着陸が可能 画像
ニュース

BYD、自動車にドローンを組み込むテクノロジーを発表…ワンクリックで離陸と着陸が可能

BYDは1月16日、中国で開催した「2024 BYD Dream Day」において、世界初の車両統合型の無人機システム(UAS)などのテクノロジーを発表した。

インテル、ソフト定義自動車向け半導体をオープン規格で用意…CES 2024 画像
イベント

インテル、ソフト定義自動車向け半導体をオープン規格で用意…CES 2024

インテル(Intel)はCES 2024において、「SDV(ソフト定義自動車)」向けに、「チップレット」のオープン規格「Universal Chiplet Interconnect Express(UCIe)」をベースとした業界初のチップレットプラットフォームを用意すると発表した。

SDV対応でセキュリティ強化、日立ソリューションズの診断ツール…オートモーティブワールド2024出展予定 画像
イベント

SDV対応でセキュリティ強化、日立ソリューションズの診断ツール…オートモーティブワールド2024出展予定

自動車業界は、ソフトウェアによって機能が更新されるSoftware Defined Vehicle(SDV)への対応が求められている。このため、車載システムの開発プロセス最適化やデータ連携の強化、セキュリティリスクへの対応が重要な課題となってきた。

東陽テクニカが最先端EV技術を展示へ…オートモーティブワールド2024 画像
イベント

東陽テクニカが最先端EV技術を展示へ…オートモーティブワールド2024

東陽テクニカは、1月24日から26日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「第16回 オートモーティブワールド - クルマの先端技術展 -」(オートモーティブワールド2024)の構成展「第15回 EV・HV・FCV技術展」に出展する。

SDV開発のフロントローディングを支援、日立ソリューションズがソフトウェアを提供…オートモーティブ ワールド2024 画像
イベント

SDV開発のフロントローディングを支援、日立ソリューションズがソフトウェアを提供…オートモーティブ ワールド2024

日立ソリューションズは1月11日から、「モデルベース開発ソリューション」の「時系列データ自動テストソフトウェア」の最新版を提供開始した。

軽のポテンシャル、EVの今後…三菱自動車が新型MINICAB-EVと見据える今後のクルマのカタチ 画像
ニュース

軽のポテンシャル、EVの今後…三菱自動車が新型MINICAB-EVと見据える今後のクルマのカタチ

昨年末に新型MINICAB-EVを発売した三菱自動車。国内における軽商用EVのパイオニアとも言える同社に、国内における軽商用EV市場の変化と今後の戦略についてお話を伺った。

家電満載のキャンピングトレーラー『Bon Voyage』、LGエレクトロニクスが提案…CES 2024 画像
イベント

家電満載のキャンピングトレーラー『Bon Voyage』、LGエレクトロニクスが提案…CES 2024

LGエレクトロニクス(LG Electronics)は、キャンピングトレーラー『Bon Voyage』をCES 2024で初公開した。

常滑市でレベル2自動運転バス…東海理化が参画 1月16-26日に運行 画像
ニュース

常滑市でレベル2自動運転バス…東海理化が参画 1月16-26日に運行

東海理化は、愛知県常滑市が同市内で実施する自動運転バス実証実験に参画する。自動運転レベルはレベル2だ。システムが前後および左右の車両制御を実施するもので、運転手が監視する必要がある。

ヘッドライトで映画?! ZKWとLGが革新的な車両照明とインフォテインメントを披露…CES 2024 画像
イベント

ヘッドライトで映画?! ZKWとLGが革新的な車両照明とインフォテインメントを披露…CES 2024

CES 2024で、照明システムサプライヤーのLG(オーストリア)は、インテリジェントな車両照明とインフォテインメントに関する最新技術を披露した。特に注目を集めたのは、ZKW製の高解像度microZ-LEDヘッドライトを搭載したLGのコンセプトカーだ。

AMD、自動運転とAI技術活用の最前線を紹介…オートモーティブワールド2024 画像
イベント

AMD、自動運転とAI技術活用の最前線を紹介…オートモーティブワールド2024

ADMは、1月24日から26日にかけて東京ビッグサイトで開催される「オートモーティブワールド2024」に出展する。

スワロフスキー製クリスタルに車載ディスプレイを組み込み、コンチネンタルが発表…CES 2024 画像
イベント

スワロフスキー製クリスタルに車載ディスプレイを組み込み、コンチネンタルが発表…CES 2024

コンチネンタル(Continental)は1月8日、クリスタルセンターディスプレイをCES 2024で初公開した。世界初というこの車載ディスプレイは、スワロフスキー製のクリスタルガラスに組み込まれている。

「シャークフィン」はもう古い? 次世代アンテナは透明フィルム型でガラスに貼り付け…CES 2024で発表へ 画像
イベント

「シャークフィン」はもう古い? 次世代アンテナは透明フィルム型でガラスに貼り付け…CES 2024で発表へ

LGエレクトロニクス(LG Electronics)は、1月9日に米国ラスベガスで開幕するCES 2024において、自動車用の透明フィルム型アンテナを初公開する。次世代アンテナはガラスに貼り付けるため、「シャークフィン」のようなアンテナハウジングが不要になる。

【CES 2024】AIとモビリティが主役、4000社以上が参加 1月12日まで 画像
イベント

【CES 2024】AIとモビリティが主役、4000社以上が参加 1月12日まで

世界最大級のテクノロジーイベント「CES」が米ラスベガスで開催される。CES 2024には4000社以上の出展者が集まり、グローバルブランドからスタートアップ、業界の専門家、メディア、政府のリーダーまでが一堂に会する。

次世代車載ディスプレイ、後席用は隠したり伸ばしたり…CES 2024で発表へ 画像
イベント

次世代車載ディスプレイ、後席用は隠したり伸ばしたり…CES 2024で発表へ

LGディスプレイ(LG Display)は、1月9日に米国ラスベガスで開幕するCES 2024において、次世代の車載ディスプレイを初公開すると発表した。

チューリング、半導体チップ・車載LLM推論アクセラレーターの自社開発へ 画像
ニュース

チューリング、半導体チップ・車載LLM推論アクセラレーターの自社開発へ

完全自動運転車両の開発・販売に取り組むTuring(チューリング)は28日、自社製のLLM推論アクセラレーターの開発を行うことを決定。今後5年間の開発ロードマップを定めたと発表した。

開発メーカーに聞いてみた!次世代モビリティとガラスの進化 画像
特集記事

開発メーカーに聞いてみた!次世代モビリティとガラスの進化

ガラスを起点に様々な素材や部材で社会課題の解決や価値創造に挑戦している、自動車用ガラスの世界的メーカーAGCに「次世代モビリティにおけるガラスの進化」についてお話を伺った。

Will Smart、EV対応の車両データ収集・管理基盤を新機能として提供 画像
ニュース

Will Smart、EV対応の車両データ収集・管理基盤を新機能として提供

Will Smart(ウィル スマート)はモビリティに特化したDX推進基盤「Will-MoBiプラットフォーム」の新機能として、EV車両にも対応した車両データ収集・管理基盤「IoTゲートウェイパッケージ」を2024年1月以降、順次、提供開始することを決定したと発表した。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 21
page top