【レストア】独カスタムカーKaege(ケーゲ)を身近なものに…カレント自動車 | CAR CARE PLUS

【レストア】独カスタムカーKaege(ケーゲ)を身近なものに…カレント自動車

ニュース ビジネス

ポルシェ993をベースにナロールックを取り入れ、フルレストアを施したもの
  • ポルシェ993をベースにナロールックを取り入れ、フルレストアを施したもの
  • 2000年にレストア、カスタム事業に参入し、2010年に初のロードカー「Kaege Retro(ケーゲ・レトロ)」をリリース
  • Kaege(ケーゲ)社の社員は9名、自社のアトリエと接客スペース、整備工場、カスタム工場、という陣容
  • ケーゲではできるだけ1つのオリジナル技術を残してカスタムするというモットーで作っている
  • ドイツ南部シュテッテンという人口わずか630人の村の中に、自宅兼アトリエ工場のようなカタチで存在する
  • 2010年に初のロードカー「Kaege Retro(ケーゲ・レトロ)」をリリース
カレント自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市・江頭大介代表取締役)は、2017年7月よりポルシェの旧車モデルに関するレストア及びカスタマイズをおこなう独Kaege(ケーゲ)社の、日本における代理店窓口を開設した。

近年クラシックカーの人気は高まっており、同社は、歴史的工業遺産の継承や自動車文化の発展に寄与していく考えだ。

ドイツ南部シュテッテンという人口わずか630人の村の中に、自宅兼アトリエ工場のようなカタチで存在する


◆Kaege(ケーゲ)社とは
Kaege(ケーゲ)社は1995年に創業、Kaege氏自身のスキルを活かした自動車修理、販売をおこなってきた。2000年にカスタマイズ事業を開始、2010年にポルシェ993をベースに初代911の外観を取り入れた、各部レストアやリニューアルをおこなった初のロードカー「Kaege Retro(ケーゲ・レトロ)」をリリースした。
2010年に初のロードカー「Kaege Retro(ケーゲ・レトロ)」をリリース
以後、世界中から多くの反響を呼び、現在までで12台を受注している。Kaege(ケーゲ)社の社員は9名、自社のアトリエと接客スペース、整備工場、カスタム工場、という陣容だ。
Kaege(ケーゲ)社の社員は9名、自社のアトリエと接客スペース、整備工場、カスタム工場、という陣容
これまで、日本からの発注は対応できるドイツ企業へコンタクトをとることが難しく、直接アクセスできないことが障壁となっていた。今回カレント自動車のドイツ現地法人を通して販売代理を行うことで、スムーズな案内ができる体制を実現した。
なお、年間受注受付台数は最大6台(納期:約1年 価格:2,800万円~・ベース車両別途) ベース車両は持ち込み可能。
ケーゲではできるだけ1つのオリジナル技術を残してカスタムするというモットーで作っている

◆カレント自動車株式会社とは
カレント自動車株式会社は、国内最大級輸入車買取サービス「外車王」の運営会社。輸入車の販売・整備事業をはじめ、買取サービスや旧車を電気化するコンバートEV事業を手がける輸入車総合カンパニー。創業当初からリアルとITを活用し、日本最大のECモール「楽天市場」においては、輸入車業界初となるショップオブザイヤーを受賞。現在は、国内にとどまらず海外事業を展開し、輸入車に関わるすべてのソリューションを提供することで、自動車産業に貢献している。

〈会社概要〉
会社名:カレント自動車株式会社
本社所在地:〒225-0002 神奈川県横浜市青葉区美しが丘4-1-19 3F
代表取締役:江頭大介
資本金:10,000,000円
電話番号:045-902-0008(代表)
事業内容:輸入車買取事業/自動車輸出入事業/修理・整備事業/BP事業(板金・塗装)/自動車リサイクル事業/パーツ販売・供給事業/EV事業/損害保険代理事業/WEB事業
《カーケアプラス編集部》

関連ニュース

特集

page top