マクラーレン デニス会長「自動化は車の世界を超えて生活の一様式になる」 | CAR CARE PLUS

マクラーレン デニス会長「自動化は車の世界を超えて生活の一様式になる」

特集記事 トピック

マクラーレン・テクノロジー・グループ ロン・デニス エグゼクティブチェアマン
  • マクラーレン・テクノロジー・グループ ロン・デニス エグゼクティブチェアマン
  • NTTコミュニケーションズ フォーラム2016
  • マクラーレン・テクノロジー・グループ ロン・デニス エグゼクティブチェアマン
  • NTTコミュニケーションズ フォーラム2016
  • NTTコミュニケーションズ フォーラム2016
  • NTTコミュニケーションズ フォーラム2016
マクラーレン・テクノロジー・グループのエグゼクティブチェアマンを務めるロン・デニス氏は10月6日、NTTコミュニケーションズが都内で開催したセミナーに登壇し、自動運転について「自動化というは車の世界を超えて、生活の一様式になる」との認識を示した。

デニス氏は「自動運転はチャレンジである。センサー技術、そしてセンサーをきちんとクリーンに維持して、一貫して安定した形でシグナルを出すようにすることは、非常に大きな課題。また完全に信頼できるデータ主導の自動化を生むのに必要な技術も、これから乗り越えるべき課題だと思うが、これは非常に早く今後、起きてくると思う」と指摘した。

さらに「これは私の予想だが、自動運転、この自動というは車の世界を超えて、生活の一様式になる」とも述べた。

その一方で「私は二歩先を必ずしもとても楽しみに待っているわけではない。やはり自動化によって人間の行動や、人間的な側面が若干減るということが起きると思う。だから少しネガティブに思うところもある」とし、「デバイスというのは主人であってはならない、我々の下僕でなくてはならない」と強調した。
《小松哲也》

関連ニュース

特集

page top