【自動車豆知識】車検シール(車検標章)のキレイな「貼り方」「貼る場所」「剥がし方」 | CAR CARE PLUS

【自動車豆知識】車検シール(車検標章)のキレイな「貼り方」「貼る場所」「剥がし方」

特集記事 コラム
【自動車豆知識】車検シール(車検標章)のキレイな「貼り方」「貼る場所」「剥がし方」
  • 【自動車豆知識】車検シール(車検標章)のキレイな「貼り方」「貼る場所」「剥がし方」
  • 【自動車豆知識】車検シール(車検標章)のキレイな「貼り方」「貼る場所」「剥がし方」
  • 【自動車豆知識】車検シール(車検標章)のキレイな「貼り方」「貼る場所」「剥がし方」
  • 【自動車豆知識】車検シール(車検標章)のキレイな「貼り方」「貼る場所」「剥がし方」
  • 【自動車豆知識】車検シール(車検標章)のキレイな「貼り方」「貼る場所」「剥がし方」
  • 【自動車豆知識】車検シール(車検標章)のキレイな「貼り方」「貼る場所」「剥がし方」
  • 【自動車豆知識】車検シール(車検標章)のキレイな「貼り方」「貼る場所」「剥がし方」
車検シール(検査標章)とは、車検を通過すると貰えるシールで、車が保安基準に適合したことを示します。車検シールがフロントガラスに貼られることで、その車が保安基準に適合していることがひと目で分かるようになっています。

車検シールには、軽自動車用と普通乗用車用の2種類があり、軽自動車用は黄色、普通乗用車用は青色です。

■軽自動車用の車検シール

■普通乗用車用の車検シール


普通乗用車用の車検シールは2017年1月からデザインが変更されました。旧デザインと新デザインの違いについてご紹介します。

■以前の普通乗用車用車検シールのデザイン 2004年~2016年12月


画像は2017年以前の普通乗用車用、車検標章のモノクロ画像です。
上記の画像は、2004年から使用されていた普通乗用車用車検シールのデザインです。

この時からMOTAS(自動車登録検査業務電子情報処理システム)を使って印刷される方式に変更になり、自動車のフロントガラス用の車検シールがバイクのナンバープレート用のシールと同じサイズになりました。

その結果、文字部分が3cm×3cm、透明な枠が1cm×1cmと文字部分が小さいために視認性が悪いという意見があがっていました。

■普通乗用車用車検シールの新デザイン 2017年1月~

上記の画像が2017年1月からの新デザインの車検シールです。

サイズは2004年のデザインと同じく4cm×4cmですが、透明な枠がなくなり、文字が目一杯に記載されたことで視認性が向上しました。

また、有効期間の年度が平成30年が右上、平成31年が右下、平成32年が左上と時計回りに表示されることで遠くからでも有効期間年度が分かりやすくなっています。

■軽自動車用と普通自動車用の車検シールの貼り方

次に、車検シールの貼り方と、貼る場所についてご紹介します。
車検シールを愛車のフロントガラスに貼る時、上手く貼れずに失敗してしまった…。という方も中にはいらっしゃるかと思います。

下記は、車検専門チェーン「コバック」が公開している、車検シールの貼り方の動画です。

軽自動車用の車検シールの貼り方(0:36秒~)と、普通乗用車用の車検シールの貼り方(01:40秒~)を紹介していて、とても参考になるので、ぜひご覧ください。



■車検シールを貼る場所

車検シールはフロントガラスの内側から貼ることが定められています。

車検シールの貼る場所については下記の画像を参考にしてください。

◆出典:http://www.mlit.go.jp 国土交通省ホームページより

貼りつける場所は、以下のとおりです。

1:バックミラー(ルームミラー)がある車はその前方の前面ガラスの上部(上図A)

2:その他の自動車は運転者席から最も遠い前面ガラスの上部(上図B)

3:フロンントガラス上部が着色されていて、外からシールを確認できない場合は、確認できる位置まで下にずらす(上図C)


■トレーラーなど、運転席やフロントガラスがない場合の貼り付け場所はナンバープレート


牽引用のトレーラーなどには、運転室やフロントガラスがありません。その場合は、車両の後ろに取りつけられたナンバープレートの左上に車検シールを貼り付けてください。

■家にあるもので出来る! 車検シールの剥がし方

古い車検シールを剥がす際、フロントガラスにベトベトした糊を残さず、キレイに剥がす方法をご紹介します。

まずは家の中にある3つの道具を準備しましょう。

・中性洗剤(なければ濡らしたティッシュ)
・ラップフィルム
・プラスチック製のポイントカードや定規(スクレーパーがあれば、なおよし)

この3つの道具があれば、車検シールがきれいに剥がせます。


それでは、車検シールをきれいに剥がす方法をご説明します。

1:車検シールに、濡らしたティッシュを置くか、中性洗剤を直接塗る

2:その上からラップを重ねて10分ほど放置する

3:ふやけて剥がしやすくなった車検シールを爪で剥がす

4:粘着物が残っている場合は、ガラスを傷つけないようにプラスチックのスクレーパーで剥がす

5:ウェットティッシュなどで拭き取りきれいにする

上記の5ステップをやれば、車検シールをきれいに剥がすことができます。
ぜひ、試してみて下さい。

■車検シールを貼らないとどうなる? 罰則は?

「車検シールを貼らなかったらどうなるの?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。車検シールを貼らないことで罰金や罰則、点数の加点はあるのでしょうか?


道路運送車両法第66条には「自動車検査証を車内に備え付け、検査標章を表示しなければならない。」と記載があります。
◆出典:http://elaws.e-gov.go.jp

このルールに違反して、車検シールを貼っていなかった場合は罰則があり、50万円以下の罰金です。(道路運送車両法109条8項)


ちなみに道路交通法とは異なるため、検査標章を表示していないことによる行政処分、免許点数の加点は無く、道路運送車両法違反に対する罰金のみが適用となります。

※「罰金」に関して詳しく説明した記事はこちら → 交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

今回の【自動車豆知識】では、車検シールの貼り方、剥がし方から、貼らないと科される罰金までご紹介しました。

フロントガラスに車検シールを貼ることが、保安基準を満たした車の証明になります。車検シールを貰ったらすぐに貼るように心がけてください。

【車検標章】車検シールの貼る場所、剥がし方。貼っていないと罰金?
《カーナリズム編集部》

特集

page top