ドライブニュースまとめ | CAR CARE PLUS

ドライブに関するニュースまとめ一覧

あの頃、アルミホイールへの交換は“お約束”だった…10ブランド【懐かしのカーカタログ】 画像
ガレージライフ

あの頃、アルミホイールへの交換は“お約束”だった…10ブランド【懐かしのカーカタログ】

70年代から80年代にかけて、乗用車はスチールホイールの標準装着がごく普通だった。なのでクルマ好きは愛車を手に入れると、まずお気に入りのアルミホイールに交換するのが“お約束”のひとつ。

「あおり運転ドライバーは排除を」 厳罰化で警察庁が通達 画像
ニュース

「あおり運転ドライバーは排除を」 厳罰化で警察庁が通達

警察庁は、「あおり運転」など、悪質・危険な妨害運転を6月30日から厳罰化することに伴って、警視庁と各道府県警察本部に取締まりの徹底などを通達した。

ドライブインシアター 7月に神奈川・大磯ロングビーチ 8月に吹田市・万博記念公園で開催 画像
イベント

ドライブインシアター 7月に神奈川・大磯ロングビーチ 8月に吹田市・万博記念公園で開催

シアタープロデュースチーム「Do it Theater(ドゥイット・シアター)」は、ドライブインシアターの実現を目指す「ドライブインシアター2020」プロジェクトにて、8月に大阪 万博記念公園、7月17日~19日に大磯ロングビーチにてドライブインシアターを開催する。

スマホが運転免許証に? 国際規格案の審議開始へ…経済産業省 画像
ニュース

スマホが運転免許証に? 国際規格案の審議開始へ…経済産業省

経済産業省は6月22日、スマートフォンを運転免許証などの身分証明としての活用を実現する国際規格案が審議されると発表した。

R360クーペ クルマ作りの源泉を感じるモデル…マツダ100周年 画像
ニュース

R360クーペ クルマ作りの源泉を感じるモデル…マツダ100周年

マツダは2020年1月30日に創立100周年を迎えたことから、100周年記念車とマツダオリジナルグッズ、『マツダコレクション』を発表した。

愛車で自由に楽しむ 圧巻巨大スクリーンで「ドライブインシアター」 画像
特集記事

愛車で自由に楽しむ 圧巻巨大スクリーンで「ドライブインシアター」

アメリカの休日風景に欠かせないシーン、ドライブインシアターが、コロナショックで再注目されている。3密を回避できて、リビングとは違う車内という閉ざされた空間で映画を体感できる、古くて新しいエンタメが、いまなぜウケてるか。現場に行ってみると……。

アウトドアで映える! ワーゲンバス型クーラーボックス レバーハンドル付で移動も楽々 画像
ニュース

アウトドアで映える! ワーゲンバス型クーラーボックス レバーハンドル付で移動も楽々

乗り物型雑貨を中心に販売する「CAMSHOP」は、従来とは異なるアウトドア市場向けに、公式ライセンス商品「フォルクスワーゲン T1バスのクーラーボックス」の予約販売を開始した。

「移動」は、手ごろで簡単な、幸せになる方法【岩貞るみこの人道車医】 画像
特集記事

「移動」は、手ごろで簡単な、幸せになる方法【岩貞るみこの人道車医】

やっぱり移動だ。移動は幸せになるために、必要なのである。いくらテレワークだ、リモート会議だ、便利だ、合理的だ、活用せよ!といわれても、人は移動で楽しく豊かな人生を送れる。研究結果は、それを証明してくれたのである!

パネットーネを食べるたび思い出す「ニースのタクシー事件」【岩貞るみこの人道車医】 画像
特集記事

パネットーネを食べるたび思い出す「ニースのタクシー事件」【岩貞るみこの人道車医】

ニースの空港からはタクシーで海岸沿いのホテルに到着し、二階にあるロビーまでエスカレータで上がっていく。チェックインをすませ、部屋に向かうべく荷物を持ったとき、私の顔から血の気がひいた。

マツダ 100年特集 「技術は永遠に革新である」3代目社長・松田恒次 画像
ガレージライフ

マツダ 100年特集 「技術は永遠に革新である」3代目社長・松田恒次

「マツダの魂100まで」の文字が表紙に踊る『driver』(ドライバー)7月号。コルクからSKYACTIV-Xまで、マツダの100年を特集している。デザインBest10、懐かしのカタログ、エンブレムの変遷、ライター厳選「衝撃のマツダ車」など、盛りだくさん。

ホンダ 「4ドアセダン愛」あふれたあの頃…【懐かしのカーカタログ】 画像
ガレージライフ

ホンダ 「4ドアセダン愛」あふれたあの頃…【懐かしのカーカタログ】

ホンダのセダンといえば『アコード』『シビック』や『レジェンド』がまず思い浮かぶ。しかし80~90年代、品のあるスタイルと、それまでのホンダ車とはイメージを異にした、ストローク感のある乗り味が心地いいセダンが存在した。

イタリア生活回顧録「なぜ、見ず知らずの男の車に乗り込んだのか…」【岩貞るみこの人道車医】 画像
特集記事

イタリア生活回顧録「なぜ、見ず知らずの男の車に乗り込んだのか…」【岩貞るみこの人道車医】

しかし、人間には警戒心のゆるむ瞬間というものがある。そう。なぜあのとき私は、見ず知らずのイタリア男が運転するクルマに乗り込んでしまったのか……。

こんな「オーディオ」あったな 持ち運び式やジウジアーロデザイン … 【懐かしのカーカタログ】 画像
ガレージライフ

こんな「オーディオ」あったな 持ち運び式やジウジアーロデザイン … 【懐かしのカーカタログ】

“あの頃”のクルマをカタログで振り返る「懐かしのカーカタログ」。今回は、好評だったカーオーディオ編の第二弾。持ち運び式やジウジアーロデザインなど、時代を経てもなお輝くものがある。

歴代マツダ車 開発主査が選ぶ1台とは?…マツダ3担当・谷本智弘主査、マツダ6担当・脇家満主査 画像
特集記事

歴代マツダ車 開発主査が選ぶ1台とは?…マツダ3担当・谷本智弘主査、マツダ6担当・脇家満主査

マツダの100周年スペシャルサイトでは現在、歴代モデルの人気投票が行われている。4月6日集計時のTOP3は『AZ-1』『ランティス』『マツダ787』。そこで、マツダの開発主査に、「私の選ぶ1台」とTOP3のモデルについて語ってもらった。

1995年、私はおんぼろウーノでミラノへ向かった【岩貞るみこの人道車医】 画像
特集記事

1995年、私はおんぼろウーノでミラノへ向かった【岩貞るみこの人道車医】

アウトストラーダをのんびりと走行していると、一台のクルマが私の後ろにぴったりとついた。速度を上げる。ついてくる。車線を変える。ついてくる。間違いない。私にロックオンしている。どうしよう?

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 21
page top