2020年2月のニュースまとめ | CAR CARE PLUS

2020年2月のニュースまとめ一覧

マツダ 初代ロードスター 限りなく「新車」に近づけるレストア術で “人馬一体” の走りを取り戻す…CLASSIC MAZDA 画像
コラム

マツダ 初代ロードスター 限りなく「新車」に近づけるレストア術で “人馬一体” の走りを取り戻す…CLASSIC MAZDA

世界中で愛され続ける魅力多き、マツダ「初代ロードスター」。しかし車両の経年劣化は止まらず、状態が良い車両は海外へ流れ続けている…。 編集部が同社広島本社に訪れて知り得た「初代ロードスター」に関する、事実をお伝えしたい。

旧車も輸入車も吊るしの新車も! ジャンルの垣根を越えた4年ぶりのトレジャーマーケット 画像
イベントレポート

旧車も輸入車も吊るしの新車も! ジャンルの垣根を越えた4年ぶりのトレジャーマーケット

“カスタムカーのイベント”というと、かつては男臭さとは切っても切り離せないイメージだったが、それも今は昔。栃木県宇都宮市で4年ぶりに開催されたトレジャーマーケットは、老若男女を魅了する新たな姿に生まれ変わった。

事故車でも価値アリ!? 愛車を手放す前に知っておくべき“クルマの価値” 画像
コラム

事故車でも価値アリ!? 愛車を手放す前に知っておくべき“クルマの価値”

国内では廃車同然でも、海外では動きさえすれば、十分に自動車としての価値が評価されるという事実はあまり知られていない。その事実を知っていれば、事故や災害などで愛車を手放さざるを得ない時に「廃車」以外の選択肢が広がるはずだ。

その事故は「目」が原因かも…日本初の『運転外来』に行ってわかったこと【岩貞るみこの人道車医】 画像
コラム

その事故は「目」が原因かも…日本初の『運転外来』に行ってわかったこと【岩貞るみこの人道車医】

緑内障の視野欠損は、あるべきものが消える。欠損して見えない部分を、脳が(ご丁寧に)補ってくれるからだ。つまり、信号機そのものが消えて、事故につながるのである。

桜島の麓・鹿児島で見た“地元から必要とされる”整備工場の姿 画像
コラム

桜島の麓・鹿児島で見た“地元から必要とされる”整備工場の姿

鹿児島に“地元から必要とされる”整備工場がある。火山灰対策や輸入車ニーズへの対応、そして整備工場選びのモノサシの1つとも言えるテュフ「プラチナ認証」も取得したワカマツ自動車の若松伸一社長にお話を伺った。

日本の自動車整備を支える外国人エンジニアの活躍 … 川崎大輔の流通大陸 画像
コラム

日本の自動車整備を支える外国人エンジニアの活躍 … 川崎大輔の流通大陸

2020年は、日本の国内新車ディーラーにとって外国人エンジニアの活用元年。今まで整備士国家資格の有無にこだわっていた新車ディーラーだが、2019年の半ばより外国人整備人材への興味を強めている。

MINI なぜか惹かれる「限定車」… 新旧あれこれ【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

MINI なぜか惹かれる「限定車」… 新旧あれこれ【懐かしのカーカタログ】

日本人は“限定”という言葉に弱いと言われる。今回取り上げるのは、新旧ミニの限定車のカタログで、その策略に素直に(見事に!?)ハマった筆者の話を交えつつお届けする。

旧車から新型車まで「安心して任せられるプロショップ」は少ない?… ネッツトヨタ富山の想い 画像
コラム

旧車から新型車まで「安心して任せられるプロショップ」は少ない?… ネッツトヨタ富山の想い

日本各地には数多くの自動車整備・修理工場があるが、旧車から最新型のASVまで、しっかり対応できるところは限られている。そのことを知らずにクルマを購入しているカーオーナーは意外と多いかもしれない。

運転者が行うのは運転だけじゃない…自動運転と救護義務【岩貞るみこの人道車医】 画像
コラム

運転者が行うのは運転だけじゃない…自動運転と救護義務【岩貞るみこの人道車医】

無人の自動運転車が事故を起こした場合、負傷者救護や二次事故防止措置はできない。寒い雪の日、反対車線で倒れる負傷者が出た場合、救急車が到着するまでのあいだどうするの?

「エコ」なドライブとは? …  エコドライブ普及連絡会がすすめる10項目 画像
トピック

「エコ」なドライブとは? … エコドライブ普及連絡会がすすめる10項目

「エコ」なドライブとは?  エコドライブ普及連絡会(経済産業省、国土交通省、環境省、警察庁で構成)がすすめる【エコドライブ10のすすめ】が、8年ぶりに見直しされました。その項目は…

初代 アウディ TT いかにもハイテック、されど、情緒も【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

初代 アウディ TT いかにもハイテック、されど、情緒も【懐かしのカーカタログ】

昨年、デビュー20周年を迎えたアウディ『TT』。少し前にレスポンスでも貴重なレストア車の試乗レポートをお届けしたが、今回はカタログでその初代の存在感を振り返ってみたい。

シボレー コルベット 「アメ車の王」70年代から現在まで…写真で振り返るヒストリー 画像
コラム

シボレー コルベット 「アメ車の王」70年代から現在まで…写真で振り返るヒストリー

「アメ車の王」シボレー コルベット。1953年のデビュー以降、1977年に50万台目、1992年に100万台目、2009年に150万台目が生産された。70年代から現在までを写真で振り返る。

立体感がたまらない! 「マツダ ロードスター RF」1/24スケール組立キット…タミヤ 画像
ホビー

立体感がたまらない! 「マツダ ロードスター RF」1/24スケール組立キット…タミヤ

マツダ「ロードスターRF」の流れるようなシルエットのファストバックスタイルを実車そのままにモデル化! タミヤは、1/24 スポーツカーシリーズの新製品『マツダ・ロードスターRF(組み立てキット)』を3月28日頃に発売する。

クリエイティブ・ムーバー 「ホンダらしさ」が溢れる4選【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

クリエイティブ・ムーバー 「ホンダらしさ」が溢れる4選【懐かしのカーカタログ】

クリエイティブ・ムーバー……そう聞いて「ああ、懐かしい」と思われる方も多いはずだ。94年10月、初代『オデッセイ』の登場を機に、当時は一般に“RV”と言われたジャンルのクルマをホンダはそう呼ぶことにし、以降、次々と新モデルを投入。

町のクルマ屋さんでお勉強?  家族みんなで「暮らしのヒント」を学ぶ… 奈良市・ガラージュモリ 画像
イベントレポート

町のクルマ屋さんでお勉強?  家族みんなで「暮らしのヒント」を学ぶ… 奈良市・ガラージュモリ

町のクルマ屋さんでお勉強?  小さなお子さんがいる家族みんなで楽しみながら『暮らしのヒント』を学べるイベントが、奈良市東九条町の老舗プロショップ「ガラージュモリ」で開催され大盛況に。地域活性化につながる貴重なイベントの詳細をお届けする。

巨匠G・ジウジアーロがデザインした日本のクルマたち【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

巨匠G・ジウジアーロがデザインした日本のクルマたち【懐かしのカーカタログ】

イタリア・カーデザイナーの巨匠ジョルジェット・ジウジアーロ(1938年~)が手がけた日本車の中で代表作といえば? 彼が手掛けた日本のクルマたちを振り返る。

  • 16件中 1 - 16 件を表示
page top