ドライバー不足と効率化!…福山通運「ダブル連結トラック」運行を開始 | CAR CARE PLUS

ドライバー不足と効率化!…福山通運「ダブル連結トラック」運行を開始

ニュース ビジネス

出発式(10月16日)
  • 出発式(10月16日)
  • 出発式(10月16日)
  • 全長25mダブル連結トラックのイメージ
福山通運は、10月16日に日本初となる車両全長25メートルのフルトレーラー「ダブル連結トラック」を導入し、愛知県北名古屋市と静岡県裾野市との間で運行を開始した。

25メートルフルトレーラーはいすゞ自動車と日本トレクスと共同開発した。最大積載量が24トンで、セミトレーラーより2.1トン多く積載できる。1度にトラック2台分の量を輸送できることから、ドライバー不足に対応するとともに、輸送の効率化に結びつける。

福山通運では、日本貨物鉄道(JR貨物)と提携して専用貨物列車を運行するなど、輸送モードの多様化、CO2排出量削減による地球環境負荷の低減、ドライバーの労働環境改善に取り組んできた。この一環で同社では今年3月から国土交通省のダブル連結トラック実験に参画し、全長21メートルのバン型フルトレーラーで愛知県北名古屋市~静岡県裾野市間で走行実験を行ってきた。

今回全長25メートルのバン型トレーラーを開発し、他社に先駆けて運行を開始した。幹線輸送の効率化による労働生産性の向上や環境面に配慮していく。

全長25メートル、1台で2台分…ダブル連結トラック、福山通運が運行を開始

《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

page top