曙ブレーキ、埼玉県の「排出量取引制度」で優良大規模事業所に認定! | CAR CARE PLUS

曙ブレーキ、埼玉県の「排出量取引制度」で優良大規模事業所に認定!

ニュース ビジネス

認定書交付の様子(右:上田清司埼玉県知事、左:曙ブレーキ 信元久隆社長)
  • 認定書交付の様子(右:上田清司埼玉県知事、左:曙ブレーキ 信元久隆社長)
曙ブレーキ工業は、埼玉県の目標設定型排出量取引制度にて、本社地区Ai-Cityが優良大規模事業所に認定されたと発表した。埼玉県では2020年における県内の温室効果ガス排出量(需要側)を2005年比で21%削減するという目標を定め、さまざまな地球温暖化対策に取り組んでいる。その一環として、2011年度から「目標設定型排出量取引制度」を導入。エネルギー使用量が原油換算で3年連続1500キロリットル以上の大規模事業所を対象とし、第1計画期間(2011年度~2014年度の4年間)では工場6%、オフィス等8%以上のCO2目標削減率、目標達成期限2016年9月末、第2計画期間(2015年度~2019年度の5年間)では工場13%、オフィス等15%以上のCO2目標削減率、目標達成期限2021年9月末と設定されている。曙ブレーキは制度開始前から省エネルギー対策を進めており、その先進的管理体制、設備整備、運用管理が高く評価され、第1計画期間では2012年度(第2区分:工場)、2013年度(第1区分:オフィス等)に「優良大規模事業所(準トップレベル事業所)」の認定を受け、今回、より認定基準が厳しくなった第2計画期間において「優良大規模事業所(準トップレベル事業所)」の認定を受けた。なお、埼玉県内の600事業所のうち、「優良大規模事業所(準トップレベル事業所)」の認定を受けたのは同社を含めて2社のみで、第2計画期間での「優良大規模事業所(準トップレベル事業所)」の認定を受けたのは、同社1社のみだった。

曙ブレーキ、埼玉県の排出量取引制度で優良大規模事業所に認定

《纐纈敏也@DAYS》

関連ニュース

特集

page top