年末年始のバッテリー上がりや軽油の凍結にご注意!…JAF | CAR CARE PLUS

年末年始のバッテリー上がりや軽油の凍結にご注意!…JAF

ニュース 社会

JAFロードサービス(参考画像)
  • JAFロードサービス(参考画像)
  • 軽油の給油(イメージ)
JAF(日本自動車連盟)は、帰省などクルマの使用が増える年末年始、出発前のドライバーにチェックしてほしいポイントをまとめた。

昨年の年末年始期間(12月26日~1月3日)、JAFが出動した件数は7万2408件。約10.7秒に1件の割合と、通常期に比べ大きく増加している。最も多い依頼は「バッテリー上がり」。バッテリーは気温が低いと能力が低下するほか、使用環境によって劣化の進み方が大きく変化する。カーディーラーやガソリンスタンドなどでのチェックが必要だ。

タイヤのチェックも重要。空気圧が適正でないと、パンクやバーストの危険性が高まるだけでなく、燃費も悪くなる。また、降雪が予想される地域へ出かける際は、タイヤチェーンやスタッドレスタイヤの準備も忘れずに。ただし、スタッドレスタイヤは、50%磨耗すると冬用タイヤとして使用できないので注意が必要だ。

このほか、長距離ドライブの際には、ガス欠にならないよう、早めの給油を心がけることが大切だ。また、冬は「軽油の凍結」にも注意が必要。比較的温暖な地域で販売されている軽油を入れたクルマが、気温が低いスキー場などに長時間駐車した時などには、軽油の流動性が失われ、燃料が噴射できずにエンジンがかからなくなることがある。現地で寒冷地用の軽油を給油すると安心だ。

JAF、バッテリー上がりや軽油の凍結に注意を呼びかけ…年末年始のドライブ

《纐纈敏也@DAYS》

関連ニュース

特集

page top