【プジョー 308 ディーゼル 試乗】かなりディーゼルらしい走りの2リットル…諸星陽一 | CAR CARE PLUS

【プジョー 308 ディーゼル 試乗】かなりディーゼルらしい走りの2リットル…諸星陽一

特集記事 トピック

プジョー 308GT ブルーHDi
  • プジョー 308GT ブルーHDi
  • プジョー 308GT ブルーHDi
  • プジョー 308GT ブルーHDi
  • プジョー 308GT ブルーHDi
  • プジョー 308GT ブルーHDi
  • プジョー 308GT ブルーHDi
  • プジョー 308GT ブルーHDi
  • プジョー 308GT ブルーHDi
プジョーの『308』シリーズ追加されたクリーンディーゼルモデル「ブルーHDi」。308には2リットルと1.6リットルの2種が用意されている。試乗車は5ドアボディ。

2リットルディーゼルターボエンジンは、180馬力、400Nmと力強いスペックを持つ。組み合われるミッションはコンベンショナルな6速AT。同じエンジンを積む『508』のワゴンボディ、「508SW」にも試乗したが、508SWの車重は1700kg、308は1470kgと230kgも軽いのでフィーリングはずいぶん異なる。

508SWでも力強く感じたエンジンは、308ではさらに強力。アクセルをグッと踏み込むとフロントをグイッと持ち上げながらボディを加速していく。低回転から高いトルクを発生しているので、停止状態からの発進加速は電気自動車のような印象。ただし、電気自動車がほとんど音も振動もなく加速して行くのに対し、この2リットルディーゼルターボは、かなりディーゼルらしい性格。

それなりに振動も音も出て、ディーゼルらしい印象を強く与えるタイプのエンジン。508SWは車格が上だったこともあり、おそらく遮音材や吸音材も多く使われていたはず。同じエンジンでも308のほうがよりディーゼルらしい印象となる。しかし、それによって得られる走りは素晴らしいものだから、十分に許容できる。いや、車格を考えれば308のほうがずっと許容しやすい。ライトウエイトのコンパクトらしい走りが身上だった308が、ドッシリとした走りになった1台と言える。

そして意外なほど高速巡航では快適。ノイズやバイブレーションは高速走行になるほど、目立たなくなってくる。このあたりのセッティングはなるほどヨーロッパ、なるほどフランスである。一般道のコーナーではではステアリングの先に重りを付けたような印象だったステアリングフィールも高速道路ではあまり気にならない。

308GTブルーHDiの価格は354万円。カタログに掲載されていてる自動車取得税、自動車重量税、自動車税の減免税額は約15万4900円。速いフレンチハッチバックが欲しいという人にはなかなか魅力的に映るはずだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一》

関連ニュース

特集

page top