【ドライブとタバコ】喫煙者は交通事故死亡のリスクが高い!? | CAR CARE PLUS

【ドライブとタバコ】喫煙者は交通事故死亡のリスクが高い!?

ニュース 社会

(イメージ)
  • (イメージ)
  • たばこ喫煙者と吸わない男性の交通事故死亡のハザート比
東北大学は、喫煙者の交通事故死亡のリスクが高い傾向にあるとの研究成果を発表した。

喫煙はがんや循環器疾患などによる死亡リスクを高めることが報告されている。外因死との関連についても研究されているが、外因死には転倒、交通事故、窒息、火災といった不慮の事故、他殺、自殺などの死亡が含まれており、交通事故による死亡と喫煙との関連を検討した研究は多くない。

今回、東北大学大学院歯学研究科が喫煙と交通事故死亡の関連について調べたところ、1993年当時の茨城県内38市町村における基本健康診査受診者(40~79歳)9万7078人を対象とし、20年間追跡した結果、男性ではたばこを1日20本以上吸うことが交通事故死亡を高める可能性があることが明らかになった。

女性では喫煙者の人数が少ないこともあり、観察期間中の喫煙者の交通事故死亡を認めず、統計解析を行うことができなかった。

世界には車内での喫煙を規制している国もある。日本では運転中の携帯電話の使用は、注意散漫や運転操作不適による交通事故を増やす可能性があることから道路交通法で規制されているが、運転中の喫煙は規制されていない。今回の研究結果は、運転中の喫煙についても対策を検討する必要があることを示したものとなった。

運転中の喫煙禁止? 喫煙者は交通死亡リスクが高いことが判明 東北大学研究

《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

page top