自動車整備業界も女性が働きやすい環境づくりへ…国交省 | CAR CARE PLUS

自動車整備業界も女性が働きやすい環境づくりへ…国交省

ニュース 社会

ガイドライン表紙
  • ガイドライン表紙
国土交通省は、人手不足問題が深刻な自動車整備業界で、女性が働きやすい環境づくりに向けてガイドラインを策定した。

国土交通省では、自動車整備業における人材不足対策の一環として自動車整備業に女性が働きやすい環境づくりを促進するため、自動車整備に従事する女性整備士191人を対象としたアンケート調査とヒアリングを実施した。今回、これら結果に基づいて、「自動車整備業における女性が働きやすい環境づくりのためのガイドライン」を策定した。

それによると軽量・コンパクト、省力化、振動の軽減など、身体的な負担を軽減できる工具・機器の導入や、動力伝達装置やエンジン、足まわりの作業は男性整備士が担当し、女性整備士が外装の整備や室内での作業など、との作業分担の工夫が望ましいとしている。

女性整備士の雇用には施設・設備面での改善も重要で、特に工場内での冬の暖房など、空調設備や、男女別のトイレ・更衣室を望む声が強い。

制度や体制面では出産・育児など、ライフイベントに対応した休業制度、勤務体系、服飾研修制度の導入によってキャリアの継続に対する不安を解消する必要があるとしている。

自動車整備業界で女性が働きやすい環境を整備へ…男性と役割分担など、国交省がガイドラインを策定

《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

page top