「意思表示」で悪質運転常習者から「命」を守る方法 | CAR CARE PLUS

「意思表示」で悪質運転常習者から「命」を守る方法

ニュース 新製品

「意思表示」で悪質運転常習者から「命」を守る方法
  • 「意思表示」で悪質運転常習者から「命」を守る方法
  • 「意思表示」で悪質運転常習者から「命」を守る方法
  • 「意思表示」で悪質運転常習者から「命」を守る方法
  • 「意思表示」で悪質運転常習者から「命」を守る方法
  • 「意思表示」で悪質運転常習者から「命」を守る方法
  • 「意思表示」で悪質運転常習者から「命」を守る方法
  • 「意思表示」で悪質運転常習者から「命」を守る方法
  • 「意思表示」で悪質運転常習者から「命」を守る方法
6月、東名高速で二人の子供を残して両親が死亡する痛ましい事故が発生した。被害者の証言をもとに、警察は当時事故現場を走行していた車のドライブレコーダー映像を回収し、事故の真相を突き止め容疑者逮捕に至った。連日のニュースで、改めてドライブレコーダーに注目が集まったが、何より世間を震撼させたのは、事故の原因だ。悪質なあおり運転を繰り返し、最終的には無理やり追い越し車線に停車させられた挙句の事故だったのだが、そうした“理不尽”な場面に遭遇する可能性が誰にでも起こることを再認識させた。


悩ましいのが、自分がどれだけ気をつけていたとしても、相手の勘違いで目をつけられてしまうということだ。ドライブレコーダーは確かに大切だが、あくまで「事が起きた後」の証拠になるだけで、そもそも、そうした悪質運転の常習者が近寄らないようにするための対策が必要になる。

最も効果的なのは、ドライブレコーダーを装着し、証拠になる映像を記録していることを相手に認識させることだ。最も手軽で効果的なのが、車外に向けて「意思表示」ができるステッカーを貼りアピールすることだ。

アイデア商品を取り扱うテクテク(愛知県豊橋市)の販売する「まちがえ給油しま栓ステッカー」シリーズでは、使用する燃料を給油キャップに表記することで、「うっかり給油間違えを防止する」ステッカーに、ドライブレコーダー搭載と録画中をアピールするステッカーが付属している。手軽に悪質運転者対策が始められ、車種ごとのスペースに合わせた自由なレイアウトも可能だ。



理不尽な事故や事件から、愛車や大切な家族の“命”を守る第一歩として、ぜひ試してみて欲しい。



【製品について】

・まちがえ給油しま栓ステッカー
 「後方録画中 17×6cm + カメラ・RECマーク8.4×6cm」
・まちがえ給油しま栓ステッカー
 「後方録画中 17×6cm + 公開中・日の丸 8.4×6cm」

【ステッカーについて】

耐久性抜群!水、 湿気、 洗剤、 紫外線(UV)に強い素材とインクを使用。
高級感のあるツヤ消し印刷は、 無駄な反射を抑え昼夜を問わず高い視認性を発揮。
全て切り抜き済みなのですぐに貼れ、 無駄な余白が無く高品位感が引き立つ。
空気が入っても抜けやすい特殊加工素材なので、 誰でもカンタン貼付け。
柔軟な素材なので、 多少の曲面にも柔軟にフィット。
洗車時にも剥がれにくい角丸加工。 日本製。

【製品の概要】

小売価格 907円(税別)
入数 1シート入り
パッケージ寸法 14×18×0.1cm
パッケージ重量 18g
《カーケアプラス編集部》

関連ニュース

特集

page top