【VW ティグアン 試乗】扱いやすさと好燃費、ロングツアラーの実力は大したもの…青山尚暉 | CAR CARE PLUS

【VW ティグアン 試乗】扱いやすさと好燃費、ロングツアラーの実力は大したもの…青山尚暉

特集記事 コラム

VW ティグアン ハイライン
  • VW ティグアン ハイライン
  • VW ティグアン ハイライン
  • VW ティグアン ハイライン
  • VW ティグアン ハイライン
  • VW ティグアン ハイライン
  • VW ティグアン ハイライン
  • VW ティグアン ハイライン
  • VW ティグアン ハイライン
「つながるSUV」をコンセプトとする新型『ティグアン』のハイラインで東京~山中湖を往復した。

新型はVW最新のMQBを採用。プラットフォームが一気に現代的になったと言えるが、細かい話ではインフォメーション画面の表記が日本語で表示されることになった点が大きい。MQB以前の『ポロ』、『ザ・ビートル』あたりはすべて英語表記なのである。

ボディは全長4500×全幅1840mmだから先代よりひと回り大きくなっている。ホイールベースも2675mmとなり、70mmの延長である。しかし全高は1675mm。つまり35mm低くなっている。全幅1840mmはこのクラスのSUVとしてはどうという幅ではないが(今や『ゴルフ』でも1800mmだ)、1800mmを超える全幅に抵抗があるユーザーもいるはずだ。

しかし恐れることはない。視界の良さ、ボディの見切りの良さ、最小回転半径5.4mの小回り性の良さから、走りだせば車幅を感じさせない運転のしやすさを実感できるはずである。

駆動方式はFFのみ。エンジンは時流に乗り、『トゥーラン』や『パサート』など同じ1.4リットルのダウンサイジングターボを搭載する。スペックは上記車種と同じ150ps、25.5kgm。これに6速DSGが組み合わされ、JC08モード燃費は16.3km/リットルとなる。

以前、東京・目黒周辺の道幅の狭い道を含む市街地を走ったときはロードノイズのレベルがゴルフ7よりは小さく、トゥーランよりは大きく感じたものだが、今回は真冬の山中湖への試乗ということでスタッドレスタイヤを装着していたものの、走行中のロードノイズは極めて小さく、室内の静粛性は大いに満足できるものだった。つまり、ロードノイズのレベルはタイヤとの相性の問題と言うべきか。

前席の運転視界が極めていいことで、車幅を感じにくい点についてはすでに触れたが、ホイールベースの延長、そして後席182mmのシートスライドによって、後席の居住性、特にひざ回り空間のゆとりがUP。先代比で約30mm広がっていた。ハイライン以上なら後席シートヒーターも完備される!!

運転席に座り新型らしさを強く実感できるのはデジタルメータークラスターの「アクティブ・インフォ・ディスプレイ」である。パサートやこれから登場するゴルフのビッグMC版にも採用されるそれは、はやりのフラットデジタルメーターで、速度計、回転計のサイズを変えられるとともに、その間にナビのマップを表示することもできる先進感あるものだ。

そして新型ティグアンのハイライトと言える「つながるSUV」という意味では、VW最新の「モバイルオンラインサービス」を用意。走行中のオンラインボイスナビ検索機能、オンライングーグル検索機能などを備え、ナビタイムの駐車場空車検索、ガソリンスタンドの価格検索などが可能になる。

走りだせば、クロスオーバーSUVにしてシャキッとした、クルマの動きに無駄のない感覚が好印象。出足からエンジントルクは十二分で、軽やかに発進。運転のしやすさに直結するステアリングの応答性、ドライブの安心感、心地よさを演出する鉄壁の安定感など、基本性能の高さを強く実感させられたのも本当だ。

ドライブモードはゴルフクラスであればエコモードでも動力性能的にまったく不満を覚えないが、さすがにこちらは車重が1540kgもあるため、ノーマルモードが基本と考えたい。スポーツモードは常時低めのギアを選択するから、市街地ではかえって乗りにくく、山道などの専用という印象である。

高速道路では矢のように直進。フラットな乗り心地が好ましく、シートの良さから東京~山中湖間程度のドライブは快適至極。運転疲労などないに等しかったのである。

それで、山中湖~東京の帰路の平均値燃費はモード燃費を上回る18.5km/リットルを達成(高速90%、エアコン25度AUTO)。同様のルートをゴルフヴァリアント ハイラインで19.5km/リットルを記録したことがあるのだが、その数値は立派としか言いようがない。

もちろん、市街地走行の燃費ではゴルフにかなうはずもないが、ロングツアラーとしての価値、実力は大したものである。わが家のように犬と暮らす愛犬家にもお薦めのクロスオーバーSUVである。VW最新の先進安全装備がテンコ盛りされている点も大きな魅力。

お薦めグレードのハイラインで433万2000円の価格は、内容からすれば実に買い得と思える(パサートヴァリアントのハイラインは463万9000円/どちらもVWインフォテイメントシステム=ナビ標準)。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★
ペットフレンドリー度:★★★

青山尚暉|モータージャーナリスト/ドックライフプロデューサー
自動車専門誌の編集者を経て、フリーのモータージャーナリストに。自動車専門誌をはじめ、一般誌、ウェブサイト等に寄稿。自作測定器による1車30項目以上におよぶパッケージングデータは膨大。ペット(犬)、海外旅行関連の書籍、ウェブサイト、ペットとドライブ関連のテレビ番組、イベントも手がけ、犬との快適・安心自動車生活を提案するドッグライフプロデューサーの活動、自動車用ペットアクセサリーの企画・開発も行っている。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。ムック本「愛犬と乗るクルマ」(交通タイムス社刊)好評発売中。
《青山尚暉》

関連ニュース

特集

page top