米カリフォルニア州のEV実証事業がスタート、日産と兼松が参画 | CAR CARE PLUS

米カリフォルニア州のEV実証事業がスタート、日産と兼松が参画

ニュース 社会

EVの行動範囲拡大実証事業
  • EVの行動範囲拡大実証事業
  • EVの行動範囲拡大実証事業
日産自動車と兼松は11月15日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が米国カリフォルニア州の北部都市圏で実施し、両社が参画する「電気自動車(EV)の行動範囲拡大実証事業」の実証サイトを始動、現地でセレモニーを行った。

今回のEVの行動範囲拡大実証事業は、昨年9月のNEDOとカリフォルニア州の経済促進知事室(GO-Biz)との間で合意された基本協定(MOU)に従って、日産が実証研究代表者として全体を取りまとめ、兼松とともに実施するもの。実証期間は2020年9月までとし、州北部の20か所以上に最大50基の急速充電器を整備する予定だ。

カリフォルニア州は、州内で一定台数以上自動車を販売する自動車メーカーに対し、一定比率のEVやプラグインハイブリッド車等の販売を義務付けるZEV規制や、EVに対して優先レーンの通行許可を与える優遇措置など、EV普及に対する積極的な取り組みを行っており、現在全米において自家用EVの販売台数が最も多い州として、主に通勤や買い物などの都市圏の移動に活用されている。

実証事業は、急速充電網の整備およびEVドライバーへのリアルタイム情報サービスの提供を通じ、EVの行動範囲を都市間移動に拡大することを目的に実施するもの。実証事業を行うことで、EVのさまざまな行動パターンデータを集積し、調査・分析・研究を通じて、EVの普及と利用拡大モデルの確立を図る。

実証事業では、カリフォルニア州政府や米国充電インフラ事業者eVgoと協力し、同州北部のサンフランシスコ広域都市圏、州都サクラメントを始め、モントレーやレイクタホなどの近隣観光地をつなぐ幹線道路沿いの20か所以上に最大50基の急速充電器を効果的に新たに設置。また、EVユーザーを最適な急速充電器へ誘導する情報サービスシステム等を構築し、EVの行動範囲拡大への有効性を実証する。
《纐纈敏也@DAYS》

関連ニュース

特集

page top