出光興産、昭和シェル石油の株式取得を延期 10-11月へ | CAR CARE PLUS

出光興産、昭和シェル石油の株式取得を延期 10-11月へ

ニュース ビジネス

出光興産(イメージ)
  • 出光興産(イメージ)
  • 昭和シェル サービスステーション(イメージ)
出光興産は、ロイヤル・ダッチ・シェルから昭和シェル石油の株式取得を10月~11月に延期すると発表した。昭和シェルとの経営統合するスケジュールは2017年4月1日で変更しないとしている。

出光興産は2015年7月に昭和シェルと経営統合することで合意し、昭和シェルの親会社であるロイヤル・ダッチ・シェルから昭和シェルの株式33.3%を9月中に取得する予定だった。出光興産では、株式取得の前提となる公正取引委員会の審査が継続中なため、株式取得時期を10~11月に延期する。

経営統合について海外での審査は完了している。

一方、出光興産の創業者一族は昭和シェルとの経営統合に反対している。8月には創業家の出光昭介氏が昭和シェルの株式40万株を取得、出光興産が昭和シェルの株式取得するためには、株式公開買い付けが必要と主張、出光興産の昭和シェルの株式取得を阻止しようとしている。

出光興産では昭和シェルの株式取得は経営統合に向けた重要なステップとして、取得する方針は変えていない。
《レスポンス編集部》

特集

page top