環境ニュースまとめ | CAR CARE PLUS

環境に関するニュースまとめ一覧

電動車の使用済みバッテリーを活用した街路灯 三菱自動車とMIRAI-LABOが開発へ 画像
ニュース

電動車の使用済みバッテリーを活用した街路灯 三菱自動車とMIRAI-LABOが開発へ

三菱自動車とMIRAI-LABOは8月10日、電動車の使用済みバッテリーを用いた自律型街路灯の開発検討を開始した。

福岡市の一般公道で自動運転バス実証走行、試乗会も開催 8月24-28日 画像
ニュース

福岡市の一般公道で自動運転バス実証走行、試乗会も開催 8月24-28日

ソフトバンクの自動運転サービス子会社のボードリーは8月10日、福岡市のJR箱崎駅を起点とする1周約3.5kmの公道を自動運転バス「ナビヤ・アルマ」が走行する実証実験を8月24~28日に実施すると発表した。

ニュータウンの交通結節点をスマート化…「モビリティポート」設置 画像
ニュース

ニュータウンの交通結節点をスマート化…「モビリティポート」設置

大日本印刷(DNP)は8月8日、UR都市機構中部支社と名古屋大学、愛知県春日井市が進める高蔵寺ニュータウン(春日井市北東部)での「交通結節点のスマート化によるにぎわいのある安心安全なまちづくり」の共同研究に「DNPモビリティポート」を提供すると発表した。

水素内燃エンジンが、ディーゼル並みの出力…2026年度にトラック市販めざす 画像
ニュース

水素内燃エンジンが、ディーゼル並みの出力…2026年度にトラック市販めざす

東京都市大学は8月8日、水素内燃エンジンがディーゼルエンジン並みの出力を達成した、と明らかにした。環境省の2021年度「水素内燃機関活用による重量車等脱炭素化実証事業」に採択された、「既販中型重量車の水素エンジン化事業性検証プロジェクト」によるもの。

次世代型エネルギー拠点、ENEOSが整備…再エネを利用する水電解型水素ステーション 画像
ニュース

次世代型エネルギー拠点、ENEOSが整備…再エネを利用する水電解型水素ステーション

ENEOSは8月4日、清水製油所跡地に次世代型エネルギーの供給拠点とネットワークの構築を決定したと発表した。

自律走行の課題は「事前のデータ作成」、大阪でデジタルツイン構築・利用の実証へ 画像
ニュース

自律走行の課題は「事前のデータ作成」、大阪でデジタルツイン構築・利用の実証へ

竹中工務店、日立製作所、gluonは8月5日、共同で超高齢化や労働人口の減少を背景に期待される屋内外でのパーソナルモビリティ自律走行を見据えたデジタルツイン構築と走行実証を実施すると発表した。

月面を走るタイヤ開発「アルテミス計画」に協力…グッドイヤー 画像
ニュース

月面を走るタイヤ開発「アルテミス計画」に協力…グッドイヤー

ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニーは、ロッキード・マーティンと共同で月面探査車のタイヤ開発に参画すると発表した。

「ワンストップ」でEV導入できる…公用車・営業車向けに出光興産が支援 画像
ニュース

「ワンストップ」でEV導入できる…公用車・営業車向けに出光興産が支援

出光興産は8月5日から、公用車や営業車の電気自動車(EV)導入を検討している自治体、企業向けに、ワンストップで導入できる「カーボンニュートラル支援サービス」を提供する。子会社のソーラーフロンティアとエネルギーマネジメントシステム(EMS)を活用する。

EV用急速充電器のコストダウン、伊藤忠がパワーエックスに出資 画像
ニュース

EV用急速充電器のコストダウン、伊藤忠がパワーエックスに出資

伊藤忠商事は8月3日、リチウムイオン蓄電池の国内生産を目指すパワーエックスに出資したと発表した。出資を機に、

系統電力を使わないオフグリッドEV充電…太陽光発電の実証実験 日置電機 画像
ニュース

系統電力を使わないオフグリッドEV充電…太陽光発電の実証実験 日置電機

次世代型EV充放電プラットフォームを開発するYanekaraは7月25日、日置電機の本社で電気自動車(EV)を充電するオフグリッドEV充電システムの実証を実施すると発表した。

車載用リチウムイオン電池の世界市場、2030年に116万MWh…2021年の3倍 画像
ニュース

車載用リチウムイオン電池の世界市場、2030年に116万MWh…2021年の3倍

矢野経済研究所が7月28日に発表した車載用リチウムイオン電池の世界市場調査によると、2030年には容量ベースで116万3040MWhに成長すると予測した。

次世代半導体の研究開発組織を発足へ 経産省 画像
ニュース

次世代半導体の研究開発組織を発足へ 経産省

経済産業省は7月30日、日米間で戦略物資である半導体研究を強化するため、次世代半導体研究における国内外の英知を結集するための新しい研究開発組織を立ち上げると発表した。

次世代モビリティの「バーチャルシミュレーション拠点」、国内初のレンタル型スタジオとして登場 画像
ニュース

次世代モビリティの「バーチャルシミュレーション拠点」、国内初のレンタル型スタジオとして登場

電通国際情報サービス(ISID)とグループ会社のエステックは、次世代モビリティのバーチャルシミュレーション拠点「VDX Studio」を9月1日、エステック技術開発センター音響実験棟内(横浜市金沢区)に開設すると発表した。

大量のEVを地域に迷惑かけずに充電、日本郵便が実証実験を予定 画像
ニュース

大量のEVを地域に迷惑かけずに充電、日本郵便が実証実験を予定

日本郵便とYanekaraは7月22日、郵便局の集配に使用する電気自動車(EV)の充電を遠隔で監視・コントロールすることで郵便局全体における電力ピークを抑制する実証実験を開始すると発表した。

電気バスのエネルギーマネジメントシステム…みちのりHDと東電HDがを開発・実証へ 画像
ニュース

電気バスのエネルギーマネジメントシステム…みちのりHDと東電HDがを開発・実証へ

みちのりホールディングスと東京電力ホールディングスは7月19日、みちのりHDがバス運行管理最適化のノウハウ提供とシステム、東電HDがエネルギー需給調整マネジメントシステムを担い、両社で一体となった電気バス向けエネルギーマネジメントシステムを開発すると発表した。

エアバッグ端材のリサイクル事業をベトナムで開始…豊田通商 画像
ニュース

エアバッグ端材のリサイクル事業をベトナムで開始…豊田通商

豊田通商は7月22日、再生素材メーカーであるリファインバースより、エアバッグのリサイクル技術のライセンス供与を受け、ベトナムにてエアバッグの製造時に発生するナイロン端材のリサイクル事業を開始すると発表した。

EV、FC大型トラックの導入とエネルギー利用最適化…ヤマト運輸 画像
ニュース

EV、FC大型トラックの導入とエネルギー利用最適化…ヤマト運輸

ヤマト運輸は7月19日、群馬県内で電気自動車(EV)による集配とエネルギー利用を最適化するプロジェクトを推進すると発表した。他社と共同で燃料電池(FC)大型トラック導入とエネルギーマネジメントシステムの活用にも取り組む。

『アイオニック5』タクシーが京都を走る、MKが50台導入へ 画像
ニュース

『アイオニック5』タクシーが京都を走る、MKが50台導入へ

ヒョンデモビリティジャパンとエムケー(MK)は7月20日、環境モデル都市・京都市にてヒョンデ『アイオニック5』をタクシーとして導入すると発表。2022年夏から順次導入を開始し、合計50台の納車を予定している。

EV・PHV・FCVの燃費・電費の試験方法を設定へ…国交省 画像
ニュース

EV・PHV・FCVの燃費・電費の試験方法を設定へ…国交省

国土交通省は、車両総重量3.5トンを超える自動車のうち、電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車の燃料消費率・電力消費率の試験法を設定するなど、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示を一部改正すると発表した。

EV活用でカーボンニュートラル、NTT西日本とREXEVが提携 画像
ニュース

EV活用でカーボンニュートラル、NTT西日本とREXEVが提携

NTT西日本グループは7月20日、REXEVと資本・業務提携し、電気自動車(EV)の普及に向けた課題解決しカーボンニュートラルの実現へ貢献する事業の開発で協力すると発表した。

郵便物の配達をカーボンニュートラル化へ…EV導入とエネルギーマネジメント 画像
ニュース

郵便物の配達をカーボンニュートラル化へ…EV導入とエネルギーマネジメント

日本郵便は7月21日、保有する二輪車、軽四輪車合計約 11万3000台の事業用車両の電動化や、エネルギーマネジメントの仕組みを構築すると発表した。

民間6社、次世代グリーンCO2燃料技術研究組合を設立…バイオエタノール燃料製造の研究開始 画像
ニュース

民間6社、次世代グリーンCO2燃料技術研究組合を設立…バイオエタノール燃料製造の研究開始

トヨタ自動車、ENEOS、スズキ、SUBARU(スバル)、ダイハツ工業、豊田通商の6社は、燃料を「つくる」プロセスでの効率化を研究するため「次世代グリーンCO2燃料技術研究組合」を7月1日に設立した。

トヨタと福島県、未来のまちづくりに向けた水素の社会実装を開始 画像
ニュース

トヨタと福島県、未来のまちづくりに向けた水素の社会実装を開始

トヨタ自動車と福島県は、「福島発」の水素・技術を活用した新たな未来のまちづくりに向けて、スーパーマーケット・コンビニエンスストア等での配送を中心とした水素の社会実装を本格展開すると発表した。

新モビリティサービス事業計画を国交省が支援…MaaS普及、地域活性化 画像
ニュース

新モビリティサービス事業計画を国交省が支援…MaaS普及、地域活性化

国土交通省は、MaaS(モビリティアズアサービス)の円滑な普及促進に向け、改正地域公共交通活性化再生法に基づく新モビリティサービス事業計画の認定・協議会制度を活用する事業を補助すると発表した。

グリーンスローモビリティ導入、事業者を支援 環境省と国交省 画像
ニュース

グリーンスローモビリティ導入、事業者を支援 環境省と国交省

国土交通省は7月11日、グリーンスローモビリティ車両の導入を支援すると発表した。

半導体増産へ、ボッシュが2026年までに30億ユーロ投資 画像
ニュース

半導体増産へ、ボッシュが2026年までに30億ユーロ投資

ボッシュは7月13日、2026年までに半導体チップ事業に30億ユーロ(約4200億円)を投資すると発表した。自動車業界の半導体不足による減産が続いており、生産能力を増強して、需要に対応していく。

南紀白浜空港で自動運転走行の実証実験開始、省人化と事故リスク軽減 画像
ニュース

南紀白浜空港で自動運転走行の実証実験開始、省人化と事故リスク軽減

南紀白浜エアポート、日本電気(NEC)、マクニカの3社は、南紀白浜空港の制限エリア内で自動運転車両『EVO(エヴォ・NAVYA社)』を使用した実証実験を7月19日より開始する。

商用電動車580台を導入、福島・東京でエネルギーマネジメントシステムの構築・社会実装を開始 画像
ニュース

商用電動車580台を導入、福島・東京でエネルギーマネジメントシステムの構築・社会実装を開始

コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジーズ(CJPT)は35のパートナーとともに、福島県・東京都で、電動車普及に向けたエネルギーマネジメントシステムの構築・社会実装を2023年1月より開始する。

ロケーションテック市場は数年で倍増…ジオテクノロジーズ第二創業期 画像
ニュース

ロケーションテック市場は数年で倍増…ジオテクノロジーズ第二創業期

ジオテクノロジーズは、パイオニアから独立し第二創業期として、2022年6月で2年目を迎えた。今後は地図メジャーとして、Auto・GIS事業を基軸に、メタバースを中心に据えた組織変更も実施した。同社は7月8日、東京都内で「経営戦略発表会」を開催、新事業を発表した。

日本版MaaS推進、国交省が6事業を支援…公共交通の高度化や地域課題解決 画像
ニュース

日本版MaaS推進、国交省が6事業を支援…公共交通の高度化や地域課題解決

国土交通省は7月13日、公共交通の面的な利便性向上・高度化や、地域における課題解決につながる持続可能な取組を実装するものとして6事業を選定したと発表した。

エアバッグ生地製の「防災ベスト」などが登場…豊田合成×BEAMS 画像
ニュース

エアバッグ生地製の「防災ベスト」などが登場…豊田合成×BEAMS

豊田合成は、エコブランド「Re-S(リーズ)」とBEAMS(ビームス)のコラボレーションによる新商品として、エアバッグ生地製の「防災ベスト」と非常時に頭巾などに活用できる「マルチラップ」を発売する。

自動運転サービス導入を支援…国交省と内閣府が事業選定 画像
ニュース

自動運転サービス導入を支援…国交省と内閣府が事業選定

国土交通省は7月13日、内閣府と連携して自動運転サービス導入を目指すのを支援する地方公共団体について内閣府未来技術社会実装事業の手続きに基づいて選定したと発表した。

ブリヂストン、国連交通安全基金へ総額100万ドルの支援を決定 画像
ニュース

ブリヂストン、国連交通安全基金へ総額100万ドルの支援を決定

ブリヂストンは7月13日、グローバルでの交通安全活動に貢献するため、国連交通安全基金(UNRSF)へ2022年から2025年の4年間で総額100万米ドル(約1億3000万円)の寄付を行うと発表した。

小学生向けEV体験、ホンダ大学校の特別授業---SDGsを学ぶ 8月8日 画像
イベント

小学生向けEV体験、ホンダ大学校の特別授業---SDGsを学ぶ 8月8日

ホンダテクニカルカレッジ関西は8月8日に、特別授業『未来のクルマ“電気自動車”の仕組みを知る』を開催する。夏休みを迎える小学生向けに、自動車に関するさまざまな体験を通じて「持続可能な開発目標」=SDGsを学ぶことができる特別授業だ。

農作物の集荷と配送を効率化するAIツール…NTT東日本と調和技研が開発 画像
ニュース

農作物の集荷と配送を効率化するAIツール…NTT東日本と調和技研が開発

NTT東日本と調和技研は7月4日、農作物(馬鈴薯)の集荷配送作業におけるトラックとタイヤショベルの配車ルートを最適化するAIツールを共同開発したと発表した。今秋の収穫時期から農業協同組合(JA)士幌町でフィールド実証する。

日清紡ブレーキのテストコースに、ローカル5Gシステム構築…日本無線 画像
ニュース

日清紡ブレーキのテストコースに、ローカル5Gシステム構築…日本無線

日本無線は7月11日、日清紡ブレーキの旭テストコース(千葉県旭市)にローカル5Gシステムを構築。今秋より実運用を開始すると発表した。

パナソニック、テスラ向けリチウムイオン電池製造工場を米国カンザス州に新設へ 画像
ニュース

パナソニック、テスラ向けリチウムイオン電池製造工場を米国カンザス州に新設へ

車載用リチウムイオン電池を手がけるパナソニックエナジーは7月14日、米国カンザス州に車載用リチウムイオン電池を製造する工場を新設すると発表した。

食もクルマもカーボンニュートラル…トヨタ博物館でSDGsを考える 7月29日から 画像
イベント

食もクルマもカーボンニュートラル…トヨタ博物館でSDGsを考える 7月29日から

トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)は、7月29日から10月30日まで、夏の企画展「トヨタ博物館でSDGsを考える第2弾 -食もクルマもカーボンニュートラル-」を開催する。

AIや知能化マイクロモビリティでまちづくりへ…ホンダと常総市、今秋から実証実験 画像
ニュース

AIや知能化マイクロモビリティでまちづくりへ…ホンダと常総市、今秋から実証実験

茨城県常総市と本田技術研究所は7月4日、AIや自動運転などを活用した知能化マイクロモビリティと、それらモビリティを支えるまちづくりの実現を目指した「AIまちづくりへ向けた技術実証実験に関する協定」を締結した。

使い終わった食用油でバスが走る!…リニューアブルディーゼル運行開始、日本初 画像
ニュース

使い終わった食用油でバスが走る!…リニューアブルディーゼル運行開始、日本初

西武バスと伊藤忠エネクスは、フィンランド・NESTE社グループと協働で、リニューアブルディーゼルで走る日本初の旅客バスの運行を7月14日より開始する。

「地域交通を創り出すためのモデル事業」として15件を支援…国交省 画像
ニュース

「地域交通を創り出すためのモデル事業」として15件を支援…国交省

国土交通省は6月30日、地域交通を創り出すためのモデル事業として15事業を選定したと発表した。選定された事業は今後、支援を受けながら実証する。

    1 2 > 次
Page 1 of 2
page top