【意識調査】市販カーナビの顧客満足度、気になる1位は? | CAR CARE PLUS

【意識調査】市販カーナビの顧客満足度、気になる1位は?

ニュース エンタメ

アルパイン(東京モーターショー2017)
  • アルパイン(東京モーターショー2017)
  • アルパイン ビッグX(参考画像)
  • 市販ナビ顧客満足度調査
J.D.パワー アジア・パシフィックは、2017年ナビゲーションシステム顧客満足度調査「市販ナビカテゴリー」の結果を発表。アルパイン・ビッグXシリーズが6年連続トップを獲得した。

調査は2015年4月~2017年3月に市販ナビゲーション(ナビ)を購入したユーザーを対象とし、7月下旬にWEB調査を実施し、2207人から回答を得た。ナビに関する総合的な評価を「ナビゲーション機能」「音楽/映像機能」「操作性」「モニター」の4つのファクターに分け、複数の詳細項目に対する評価を基に総合満足度を1000点満点で算出した。

2017年総合満足度の業界平均は前年度比4ポイントダウンの539ポイントとなったものの、純正ナビの満足度平均521ポイントよりも高い顧客満足度水準となっている。なお、詳細項目で最も評価が低下したのは音声認識の正確性、以下、地図データ更新費用の妥当性、地図データ更新頻度が続いた。

ブランド別の総合満足度ランキングは、アルパイン ビッグXシリーズが591ポイントで6年連続1位。大画面を活かしたモニターの評価に強みを持つほか、操作性や音楽・映像関連機能含め全般に高評価となり、2位に37ポイントの大差をつけた。2位はパイオニア・サイバーナビ(554ポイント)、3位はパナソニック・ストラーダRX(546ポイント)。以下、ケンウッド MDV(538ポイント)、パイオニア 楽ナビ(531ポイント)、パナソニック・ストラーダR(523ポイント)、富士通テン イクリプスAVN(518ポイント)の順となった。

アルパイン ビッグX、市販ナビ顧客満足度調査で6年連続トップ…2位はサイバーナビ

《纐纈敏也@DAYS》

関連ニュース

特集

page top