広がる輸入タイヤの選択肢…急成長のタイヤブランド「Zeetex(ジーテックス)」とは?  | CAR CARE PLUS

広がる輸入タイヤの選択肢…急成長のタイヤブランド「Zeetex(ジーテックス)」とは? 

ニュース ビジネス

漢字の「道」にフォーカスしたウェブサイトを開設
  • 漢字の「道」にフォーカスしたウェブサイトを開設
  • 最適なトレッドデザインにより優れたトラクション性能を発揮する「HP2000 vfm」
アジアンタイヤなど、輸入タイヤのラインナップが年々増えていて、ユーザーのタイヤの選択の幅が広がるのは嬉しいところ。そんな中、ここのところ急成長している「Zeetex(ジーテックス)」というタイヤブランドをご存知だろうか?

Zeetexは、ドバイを拠点にしている大手タイヤディーラーである ZAFCO のPB(プライベートブランド)だ。ZAFCO は1993年に設立された自動車タイヤ、バッテリー、潤滑油の輸出入企業。UAE、アメリカ、インド、ロシア、タイ、ブラジルに拠点を構え、85カ国以上に進出している。タイヤの製造は中国、インドネシアなどで行っており、スタンダードからスポーツ、SUVまでラインナップしている。


近年世界各地で業績を伸ばすZeetexでは、急成長を遂げている日本市場のユーザーとより強い関係の構築を目的に、日本独自のウェブサイトを開設した。同サイトでは、Zeetexが優れた乗り心地、パフォーマンス、低騒音、快適なドライビングと安全なハンドリングを提供する最先端のトレッドパターンの製品を開発していることに加え、グローバルメーカーであることの認知を広める事を目指している。

また同サイトでは、ブランドコミュニケーションを日本で進めるに際し、漢字の「道」にフォーカスしている。「道路」「方法」など様々な意味を持つ道。その文字は、「剣道」「柔道」「書道」などの言葉にも使用されるように、焦点、調整、 細部への配慮、そして習得するには何年もかかる技術を意味しており、それがブランドコンセプトにも通じているのだという。

Zeetexのタイヤは、あらゆるコンディションの路面の厳格なテストを受け、ドライブに関してあらゆる配慮がなされていて、研究開発を重ねているとのことだ。
タイヤ選びの選択肢のひとつとして、新たに加えてみるのもいいかもしれない。

最適なトレッドデザインにより優れたトラクション性能を発揮する「HP2000 vfm」
《カーケアプラス編集部》

関連ニュース

特集

page top