【石和温泉郷クラシックカーフェス2017】BMW2002ターボ やリンカーン コンチネンタルなどの外国車 | CAR CARE PLUS

【石和温泉郷クラシックカーフェス2017】BMW2002ターボ やリンカーン コンチネンタルなどの外国車

イベント イベントレポート

BMW 2002 ターボ 1973年
  • BMW 2002 ターボ 1973年
  • BMW 2002 ターボ 1973年
  • BMW 2002 ターボ 1973年
  • BMW 2002 ターボ 1973年
  • トライアンフ TR4 1964年
  • トライアンフ TR4 1964年
  • フォルクスワーゲン カルマンギア 1963年
  • フォルクスワーゲン カルマンギア 1963年
山梨県笛吹市の石和源泉足湯ひろばに集まった旧車の中で、ここでは外国車を写真で紹介したい。

フォルクスワーゲン『カルマンギア』1963年

イタリアのカロッツェリアであるギア社がデザインし、ドイツのコーチビルダーであるカルマン社がボディを担当。パワートレインを始めとしたシャーシの基本構造はフォルクスワーゲン『タイプ1』(ビートル)と同じで、水平対向4気筒の空冷OHVエンジンをリアに搭載する。この個体はタイプ3。

BMW『2002』ターボ 1973年

量産車初のターボエンジン搭載車。水冷直列4気筒SOHCエンジンは170馬力を発生し、最高速は211km/hを誇った。いわば02シリーズの究極バージョンで、逆さ文字で「TURBO」と書かれたフロントスポイラーやオーバーフェンダーが迫力もの。

リンカーン『コンチネンタル』マークV 1977年

全長5850mm、全幅2024mmという巨大なパーソナルクーペ。大排気量のV8エンジンを搭載した昔ながらのアメ車だ。スペアタイヤをリアに搭載していたころの名残である”コンチネンタル・トランク”が特徴。この個体は、純正カラーのライトブルーが美しい。

トライアンフ『TR-3A』 1959年

イギリスのライトウエイト2座オープンスポーツ。”A”は再度のマイナーチェンジでラジエーターグリルが横長になっている。2000cc4気筒OHVユニットは100馬力を発生した。お決まりのボディカラー、ブリティッシュ・レーシンググリーンが渋い。

オペル『GT』 1973年

1968年から1973年まで生産された、ドイツのコンパクト2座スポーツカー。”ミニコルベット”とも呼ばれるデザインで、アメリカ市場では手軽なパーソナルカーとして人気を呼んだ。この個体は1897cc90馬力の「1900GT」である。
《嶽宮 三郎》

関連ニュース

特集

page top