今後のクルマ販売の形…正規ディーラーに最新VRシステムが導入 | CAR CARE PLUS

今後のクルマ販売の形…正規ディーラーに最新VRシステムが導入

ニュース ビジネス

VR技術にAR技術を組み合わせた最新のバーチャルリアリティキット
  • VR技術にAR技術を組み合わせた最新のバーチャルリアリティキット
  • VR技術にAR技術を組み合わせた最新のバーチャルリアリティキット
  • VR技術にAR技術を組み合わせた最新のバーチャルリアリティキット
  • VR技術にAR技術を組み合わせた最新のバーチャルリアリティキット
  • VR技術にAR技術を組み合わせた最新のバーチャルリアリティキット
  • VR技術にAR技術を組み合わせた最新のバーチャルリアリティキット
  • VR技術にAR技術を組み合わせた最新のバーチャルリアリティキット
  • VR技術にAR技術を組み合わせた最新のバーチャルリアリティキット
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)を融合させた最新バーチャルシステムを4月15日より、全国のジャガー・ランドローバー正規ディーラーネットワークに導入すると発表した。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年6月、ヘッドマウントディスプレイを活用したバーチャル試乗体験システムを日本初導入したが、今回、VR技術にAR技術を組み合わせた最新のバーチャルリアリティキットを導入し、サービス強化を図る。

新システムでは、実物大サイズの3D映像で車両のエクテリア全体や細かなデザイン、カラーなどを360度全方位からバーチャル体験できる。インテリアも同様、素材やステッチ、色味など室内空間を構成するディテールだけでなく、運転席や後部座席からの視界なども確認可能。顔の向きや傾きを感知し、映像の視点を追従するヘッドトラッキング機能を搭載することで、より現実に近い感覚での体験を可能とした。

ジャガー・ランドローバーでは、今回のバーチャルリアリティキットの導入にあわせ、フルサイズSUV 新型『ディスカバリー』のコンテンツを開発。新型ディスカバリーは受注前で各店舗に実車が配備されていないが、新システムでは、車両サイズやカラー、素材、インテリアの雰囲気をリアルに体験できる。

また新型ディスカバリー以外でも、実車がない、展示車両が希望のカラーやグレード、装備が異なるといったケースで新システムは活躍。顧客のイメージに近い状態での商談が可能となる。

新型ディスカバリー、実物大サイズでVR体験…正規ディーラーに最新システム導入

《纐纈敏也@DAYS》

関連ニュース

特集

page top