ホンダはグーグル(ウェイモ)とタッグ結成!完全自動運転車開発の共同研究で基本合意 | CAR CARE PLUS

ホンダはグーグル(ウェイモ)とタッグ結成!完全自動運転車開発の共同研究で基本合意

ニュース 社会

グーグルが自社開発した自動運転車のプロトタイプ
  • グーグルが自社開発した自動運転車のプロトタイプ
  • レジェンドのハイブリッド車を改造した、ホンダの自動運転実験車
  • ホンダ、自動運転実験車を首都高で公開
ホンダの開発部門である本田技術研究所は12月22日、米グーグルの自動運転車の開発部門が独立したウェイモ(カリフォルニア州マウンテンビュー)と、同技術の共同研究で基本合意したと発表した。

ウェイモが開発した完全自動運転車向けのセンサーやソフトウェア、車載コンピューターなどをホンダの車両に搭載、米国で公道などを走る実証実験を共同で進める。ホンダは提携で完全自動運転技術の開発を加速させていく。

ウェイモは当初からドライバーに頼らない完全自動運転技術を開発してきた。一方、ホンダは自動ブレーキなど安全運転支援技術の開発積み上げで自動運転技術の高度化を図っており、2020年には高速道路で複数車線を走行できる車両の市販を目指している。

両社の自動運転技術開発の進め方は異なっており、ホンダは「別の技術アプローチによって課題解決への近道としたい」(広報部)と提携の狙いを説明している。研究や実験の日程などは今後詰めるが、ウェイモと同様の提携を行っているFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は今週、すでに実験車両を公表していることから、2017年にはホンダの実験車も走行段階に入る見通しだ。

ウェイモは、グーグルが09年から開発してきた自動運転車の開発部門が分離独立したもので、グーグルの親会社である米アルファベットの子会社として今月発足した。ホンダとグーグルは12年に、車載機器用ソフトの「アンドロイドオート」の展開で提携しており、今回の共同研究に至る接点があった。

ホンダ、完全自動運転車の開発で米ウェイモ(旧グーグル)と共同研究

《池原照雄》

関連ニュース

特集

page top