新車登録台数、新型車好調の日産が3か月ぶりに2位浮上 11月ブランド別 | CAR CARE PLUS

新車登録台数、新型車好調の日産が3か月ぶりに2位浮上 11月ブランド別

ニュース ビジネス

日産セレナ新型 《撮影 内田俊一》 
  • 日産セレナ新型 《撮影 内田俊一》 
  • 日産ノートe-POWER 〈撮影 高木啓〉 
日本自動車販売協会連合会が発表した2016年11月のブランド別新車登録台数(軽を除く)によると、3万6105台(45.0%増)を販売した日産がホンダを抜き、3か月ぶりに2位へ浮上した。

日産は『セレナ』や『ノート』など、新型車の販売が好調だった。首位トヨタは同8.2%増の12万3828台、3位ホンダは同16.8%増の3万1685台だった。

そのほか乗用車ブランドは、レクサスを除き全ブランドがプラス。スバル、スズキは2ケタ増、ダイハツは新型『ブーン』の販売増により、前年同期比8倍の伸びを示した。

1位:トヨタ 12万3828台(8.2%増)
2位:日産 3万6105台(45.0%増)
3位:ホンダ 3万1685台(16.8%増)
4位:マツダ 1万3416台(3.2%増)
5位:スバル 1万1832台(24.9%増)
6位:スズキ 7422台(10.5%増)
7位:いすゞ 6902台(23.2%増)
8位:日野 5500台(4.7%増)
9位:レクサス 4435台(8.2%減)
10位:三菱ふそう 3426台(2.0%減)
11位:三菱自動車 2594台(6.4%増)
12位:ダイハツ 994台(701.6%増)
13位:UDトラックス 917台(2.6%増)
《纐纈敏也@DAYS》

関連ニュース

特集

page top