ダイムラー、独で新工場の建設開始…リチウムイオンバッテリー生産 | CAR CARE PLUS

ダイムラー、独で新工場の建設開始…リチウムイオンバッテリー生産

ニュース 社会

ダイムラーの新たなバッテリー工場の完成予想図
  • ダイムラーの新たなバッテリー工場の完成予想図
ドイツの自動車大手、ダイムラーは10月24日、ドイツ国内において、新たなバッテリー工場の建設工事を開始した。

ダイムラーは2014年4月、ドイツ・アキュモーティブ社の株式を取得し、完全子会社化。ドイツ・アキュモーティブ社は、リチウムイオンバッテリーの開発と生産を手がけている。

今回、ダイムラーは、すでに取得していたドイツ・アキュモーティブ社のザクセン州既存工場隣接地において、新たなバッテリー工場の建設に着手。総投資額は、およそ5億ユーロ。リチウムイオンバッテリーを製造する新工場は、2018年半ばに稼働する見通し。

これにより、ドイツ・アキュモーティブ社の工場面積は、3倍に拡大。新工場では、メルセデスベンツとスマートの両ブランドのEVとハイブリッド車用のリチウムイオンバッテリーを生産する。

ダイムラーの研究およびメルセデスベンツ乗用車開発担当、トーマス・ウェバー取締役は、「高効率なバッテリーシステムは、我々の戦略の重要な側面」とコメントしている。
《森脇稔》

関連ニュース

特集

page top