今話題の「次世代車をレンタルする」という新しい選択肢 | CAR CARE PLUS

今話題の「次世代車をレンタルする」という新しい選択肢

ニュース 新製品

今話題の「次世代車をレンタルする」という新しい選択肢
  • 今話題の「次世代車をレンタルする」という新しい選択肢
  • 今話題の「次世代車をレンタルする」という新しい選択肢
  • この3車種の同時導入は国内レンタカー会社では初だ
  • テスラ「モデルX」
  • テスラ「モデルS」
  • トヨタ「MIRAI」
  • 料金表
クルマ好きの中には、日々ニュースを賑わせる電気自動車や燃料電池車などの先進的なエコカーに興味シンシン、次の買い替えのタイミングに、電気自動車や燃料電池車も当然選択肢入っているという読者も多いのではなかろうか。

せめて検討する前に、手軽に試乗できれば....と思っている読者にピッタリのサービスが始まる。

名古屋に本社を置くISレンタリース(渡邉 浩司 社長)は2017年10月1日から、テスラの「モデルX」「モデルS」とトヨタ「MIRAI」のレンタルを開始する。この3車種の同時導入は国内レンタカー会社では初となる。

秋の行楽シーズンのドライブに、「FCV車」や「EV車」を選択肢に入れてみるのも面白いだろう。

この3車種の同時導入は国内レンタカー会社では初だ
今回レンタカーに導入する電気自動車モデルXは最速4.9秒で時速100キロまで加速する性能を持ち、航続距離は最大約565キロと電気自動車特有の電池切れに対する不安を払拭する。6月3日にテスラ名古屋が開設されたが、同社はこれにあわせる形で、いち早くレンタカー導入した。同時にモデルSも導入する。こちらも、最速4.3秒で時速100キロまで加速し、航続距離は最大約632キロという高性能マシンだ。

テスラ「モデルX」
テスラ「モデルS」
また、トヨタの水素自動車 MIRAIも複数台数の導入が決まっている。航続距離は最大650キロと水素切れに対する不安は無く、燃料補給は「水素ステーション」で行うが、短く充填、長くドライブをモットーとしていて、使い勝手はガソリン車と変わらない。安全性もガソリン車と同等だ。

トヨタ「MIRAI」
同社では、EV(電気自動車)とFCV(燃料電池車)の「究極のエコカー」の乗り比べプランなど、多彩なプランを用意するとともに、名古屋で話題のカフェやホテル、レストラン、近郊のゴルフ場、結婚式場などとコラボレーションし、車と食、旅、遊びを一体に新しいレンタカーのビジネスモデルの提案も手掛けていく。

ISレンタリースは事故代車車両レンタカー会社として創業していて、レクサスや輸入車を幅広く保有しているのが特徴で、損害保険会社や自動車関連企業向けの代車需要に応えている。

昨今の地球環境保護に向けたメーカーの動向や、世界的SUV人気に対応するべくレンタカーの保有をすすめていて、電気自動車、水素自動車の車両を導入し“クルマに乗る楽しさ”と“気軽に乗る機会”を創造していく考えだ。

■テスラ「モデルX」「モデルS」、トヨタ「MIRAI」レンタル詳細情報
 【レンタル開始】2017年10月1日(日)
 【事前予約開始】2017年9月20日(水)
 【利用条件】  下記の条件を満たしている人が対象
          1.国内在住で日本国籍の人
          2.運転免許歴10年以上の人
          3.同社の取り組みに賛同する人
 【貸渡し店舗】 ISレンタリース本店(住所:名古屋市中区新栄1-20-3)
 【予約方法】  ISレンタリース本店へ直接電話にて予約。
         予約デスク 0120-86-5678
 【料金】    (単位:円/税別)
料金表
《カーケアプラス編集部》

関連ニュース

特集

page top