超小型EVを活用したラウンドトリップ型カーシェアリングを開始…日産と横浜市 | CAR CARE PLUS

超小型EVを活用したラウンドトリップ型カーシェアリングを開始…日産と横浜市

ニュース 社会

チョイモビヨコハマ
  • チョイモビヨコハマ
  • チョイモビヨコハマ
  • チョイモビヨコハマ
日産自動車と横浜市は、超小型電気自動車(EV)「日産ニューモビリティコンセプト」を活用したラウンドトリップ型カーシェアリング「チョイモビヨコハマ」を3月17日より開始した。

チョイモビヨコハマは、専用サイトからの会員登録により、横浜都心エリアに設置した14か所のステーションで車両の貸渡および返却ができるカーシェアリングサービス。利用料金は基本料金200円に加え、15分毎に250円を課金、一日の最大利用料金は3000円となる。利用には運転免許証、スマートフォン、クレジットカードが必要で、利用開始予定時間の30分前から予約できる。

日産と横浜市は、国土交通省が推進する「超小型モビリティ導入促進」事業の支援を受け、2013年10月から2015年9月の2年間、超小型EVを活用した日本初のワンウェイ型カーシェアリング、チョイモビヨコハマの社会実験を実施。2015年10月からは、レンタカー型運用での観光活用や地元企業での活用を行ってきた。

今回開始する新たなチョイモビ ヨコハマは、より地域と密着した超小型モビリティ利活用の推進と持続可能な官民連携の事業モデルの構築が目的。日産ニューモビリティコンセプト25台を用意し、出発したステーションに車両を返却するラウンドトリップ型カーシェアリングとして約2年間の予定で実施する。また、横浜都心エリアに特化した観光ガイドツアーや地元企業への長期貸し出しなども行っていく。
《纐纈敏也@DAYS》

特集

page top