【カーオーディオ・イベントに行こう!】後編「エントリーする面白み&近々の開催情報」 | CAR CARE PLUS

【カーオーディオ・イベントに行こう!】後編「エントリーする面白み&近々の開催情報」

商品レビュー カーAV

2016年に開催された『ACM GUNMA』の様子。
  • 2016年に開催された『ACM GUNMA』の様子。
カーオーディオに興味をお持ちの方々に、「カーオーディオ・イベント」なるものの存在をご紹介している。前回は、まずはこれにギャラリー参加することで得られる面白さを解説した。後編となる今回は、エントリーする楽しさと、近々の開催情報をお伝えしていく。


■“ナビ”+“エントリースピーカー”でも、出場できる『サウンド・コンテスト』はある。

今回は、前回から1歩も2歩も踏み込んで、「カーオーディオ・イベント」にエントリーする面白さをご紹介していきたいと思う。

前回、「カーオーディオ・イベント」には2タイプがあることを説明させていただいたのだが、まずは『サウンド・コンテスト』タイプのイベントにエントリーする面白さから解説していきたい。なお、『サウンド・コンテスト』というと敷居が相当に高そうに感じるかもしれないが、実は案外、敷居は高くない。ライトなシステムであっても参加は可能だ。

イベントにもよるが、多くのイベントで、“初級”的なコースが設けられている。ごく普通のAV一体型ナビでエントリースピーカーをドライブする、というレベルでも参加可能な場合は多い。『サウンド・コンテスト』に興味があれば、思い切って行きつけのプロショップに相談してみよう。自分にあったイベントを紹介してもらえるはずだ。

さて、『サウンド・コンテスト』に参加する面白さのポイントはいくつかある。1つ目は、「自分のシステムの音が、人と比べてどうなのかを確認できること」だ。カーオーディオを始めると、自分のクルマの音が、平均的なレベルに対して良くできているほうなのか、そうでもないのか、知りたくなってくるものだ。『サウンド・コンテスト』にエントリーしてみれば、そこのところをしっかりと確認できる。

2つ目のポイントは、「勝ち負けを争うことの面白さを味わえること」。バイクやクルマの草レースに出るような感覚が味わえるのだ。または、スポーツで大会に出場するような気分を楽しめる。例えばテニスが好きだったとして、普段練習しているだけでは物足りなくなってくるはずだ。大会に出てみると、テニスという趣味をもっと深く満喫できる。それと同じように、カーオーディオ・ライフをさらに充実させることができるのだ。

勝ち負けがあるので、負けると悔しいのだが、入賞してトロフィーがもらえたりすると、一気に面白さが加速する。普通の生活では、トロフィーをもらえる機会は滅多に訪れない。貴方もトロフィーを目指してみてはいかがだろうか。


■イベントへのエントリーは、カーオーディオ・プロショップ経由で。

そして3つ目のポイントは、「仲間作りができること」だ。カーオーディオという趣味は、基本的には個人で楽しむ趣味である。もちろん、それだけで十分に楽しいけれど、仲間ができれば情報交換が可能になるし、音に対する悩みや、ステップアップについての相談もできる。趣味仲間ができると、人生の楽しさも増すと思うのだが、いかがだろうか。

続いては、もう1つの「カーオーディオ・イベント」である、『ドレスアップ・コンテスト』タイプにエントリーすることで得られる面白さのポイントをご紹介しよう。まず、上で挙げた2つ目、3つ目のポイントは、こちらでも共通だ。そしてそれに加えて『ドレスアップ・コンテスト』では、「愛車を人に自慢できること」という面白みが加わる。ある程度手を掛けていないと自慢のしようがないので、エントリーの敷居は『サウンド・コンテスト』よりも高くはなるが、ルックスを磨き上げたらやはり、人に見てもらいたいと思うのが人情だ。フルカスタムではなく、1点豪華主義的なスタイルでエントリーするのもアリだ。カッコいいトランクを作ったら、ぜひともイベントにエントリーを。

さて、『サウンド・コンテスト』にしても『ドレスアップ・コンテスト』にしても、エントリーするには、どのような手順を踏めばいいのかというと…。

エントリーは、カーオーディオ・プロショップ経由で行うのが基本形だ。興味があれば、行きつけのカーオーディオ・プロショップにイベントエントリーについて相談してみよう。そうして出てみたいイベントに狙いをつけ、エントリー受け付けが開始されたらショップを通じて主催者に手続きすればOKだ。なお、エントリーには大抵、数千円程度の“エントリフィー”がかかる。それについても事前によく確認しておこう。


■3月からいよいよ2017年シーズンが開幕!

最後に、近々に開催予定のおすすめの「カーオーディオ・イベント」をご紹介ておこう。まずは2017年シーズン、最初の『サウンド・コンテスト』として、3月20日(月・祝)に、『まいど大阪 春のプチ車音祭2017』が、神戸総合運動公園P4駐車場にて開催される(入場無料・雨天決行)。

当イベントは、カーオーディオ・プロショップの代表や、評論家の方が審査を行うコンテスト形式のイベントでありつつ、参加車両を参加者同士で聴き合い意見交換ができるサウンドミーティング形式のイベントでもある。

エントリは2月一杯とのことなので、参加を考えている方は、エントリー忘れをしないようにご注意を。

なお、ギャラリー参加もOKだ。当イベントにはたくさんのメーカーデモカーも来場予定だ。システムアップを計画中の方ならば、スピーカー選び、パワーアンプ選び等々の参考になることウケアイだ。お気軽に会場まで足を運んでいただきたい(詳細は『まいど大阪』のHPをご参照のこと)。

もう1つ、4月9日(日)には、群馬サファリパーク第2駐車場にて、『ACM GUNMA』が開催される。当イベントは、『ACG』の前哨戦的な立ち位置でもありつつなのだが、実際のところは、年に1度の独立したイベント、という趣きともなっている。

『サウンド・コンテスト』と『ドレスアップ・コンテスト』が融合したスタイルとなっているのが特長で、カーオーディオの面白さを、全方位的に楽しめる。

今まさに、事前エントリー受け付けが行われている。エントリーを検討している方は、お早めに行きつけのカーオーディオ・プロショップに相談してみよう。

なお当イベントも、ギャラリー参加が可能だ。群馬サファリパークの駐車場代が300円かかるが、イベント自体は見学無料だ。イース・コーポレーションのデモカーや、クラリオン・フルデジタルサウンドのデモカー、さらにはプロショップのデモカーの音も聴けるだろう。お近くでもそうでなくても、ドライブがてら、会場まで行ってみよう。イベントの詳細は、カーオーディオ・プロショップ、“ガレージA”のブログを要チェック。


今年も各地で、さまざまな「カーオーディオ・イベント」が開催予定だ。今まで足を運んだことがない方は、お近くでの開催情報をキャッチしたならば、ぜひともご参加を。新たな発見に出会えることは、間違いない。
《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top