ホンダ「シティ 」改良新型を予告---新興国向け小型セダン | CAR CARE PLUS

ホンダ「シティ 」改良新型を予告---新興国向け小型セダン

ニュース 新製品

ホンダ・シティ改良新型の予告イメージ
  • ホンダ・シティ改良新型の予告イメージ
  • ホンダ・シティ改良新型の予告イメージ
  • ホンダ・シティ改良新型の予告イメージ
  • ホンダ・シティ改良新型の予告イメージ
ホンダの新興国向け小型セダン、『シティ』。同車に間もなく、改良新型モデルが登場する。

これは、ホンダがタイのFacebookページで明らかにしたもの。改良新型シティを2017年1月に公開する、と発表している。

シティは、ホンダの新興国向けコンパクト4ドアセダン。現行型は4世代目モデルで、日本のホンダR&Dセンターが開発を主導した。2014年1月、まずはインドで発売され、その後、ASEANなど世界60市場へ投入された。

現行型の開発コンセプトは、世界に通じるナンバーワン・ミッドサイズセダン。開発段階では、先進のスポーティデザイン、最高の快適性、最高の燃費の3点に重点が置かれた。現行モデルのボディサイズは、全長4440×全幅1695×全高1495mm、ホイールベース2600mm。先代比では、全長と全幅は同じ。全高は10mm高くなり、ホイールベースは50mm延びた。

間もなくタイで発表されるのは、現行型のデビューから3年が経過し、初の大幅改良が施されるモデル。予告イメージからは、新デザインのヘッドライトなどが見て取れる。

ホンダ、シティ 改良新型を予告---新興国向け小型セダン

《森脇稔》

関連ニュース

特集

page top