【鈴鹿ファン感謝デー2017】星野一義、憧れのあのオートバイで鈴鹿を駆け抜ける | CAR CARE PLUS

【鈴鹿ファン感謝デー2017】星野一義、憧れのあのオートバイで鈴鹿を駆け抜ける

イベント イベント情報

星野一義氏
  • 星野一義氏
  • ホンダ RC166
  • 北野元氏
  • ホンダ RC142
  • ホンダ RC164
  • 高橋国光氏
3月4日・5日に鈴鹿サーキットで開催される「2017モータースポーツファン感謝デー」にて、星野一義氏が1966年のマン島を制したホンダ「RC166」によるデモランを行う。

星野氏のレースキャリアのスタートはオートバイ。1968年にはカワサキワークスのライダーとして、全日本モトクロスの90cc・125ccで両クラスのチャンピオンを獲得した。その星野氏は中学生の頃、北野元氏や高橋国光氏がホンダのマシンを駆り、マン島や世界選手権で活躍する姿をオートバイ雑誌で毎日のように眺めていたという。

RC166は、1964年イタリアGPでデビューした世界初の250cc/6気筒マシン「RC165」の発展型で1966年のマン島(イギリスGP)より参戦を開始。この年、マイク・ヘイルウッドのライディングにより、RC166の前モデル「3RC165」の8勝と合わせ11戦10勝と言う圧倒的な強さで250ccクラスを制覇し、グランプリ5クラス制覇の一翼を担った。

星野氏は今回、イベント「ホンダ ロードレースの源流」にて憧れのRC166によるデモランを実施。ホンダ二輪レースの黎明期を支えた北野氏(RC164)や高橋氏(RC142)とともに、鈴鹿サーキットを駆け抜ける。

【鈴鹿ファン感謝デー2017】星野一義、憧れのホンダ RC166 で鈴鹿を駆け抜ける…予定

《纐纈敏也@DAYS》

関連ニュース

特集

page top