【実践! サウンドチューニング】上級編 Part.2「ハイエンドシステムにおける、クロスオーバー調整の勘どころ。その3」 | CAR CARE PLUS

【実践! サウンドチューニング】上級編 Part.2「ハイエンドシステムにおける、クロスオーバー調整の勘どころ。その3」

商品レビュー カーAV

『レインボウ・DSP1.8 + WiFi Module』の調整画面。
  • 『レインボウ・DSP1.8 + WiFi Module』の調整画面。
カーオーディオのサウンドクオリティの善し悪しに大きな影響を与える項目のひとつ、「サウンドチューニング」について、そのノウハウをご紹介している当コーナー。現在は上級編に突入し、ハイエンドシステムにおける「クロスオーバー調整」についての解説を試みている。

今回はその3回目として、「ユニットの能力の見極め」について解説していこうと思う。

前々回にご説明したように「クロスオーバー調整」は、付属のパッシブクロスオーバーネットワークで設定されている状況と同じ値に仮設定し、その値をベースに微調整を加えていくとやりやすいのだが、それを行う上で実は、事前に確認しておきたいことがある。それがこの「ユニットの能力の見極め」だ。これを行うことで、「クロスオーバー」の設定範囲の上限と下限を把握しておこうというわけだ。

まずは、ミッドウーファーの「能力の見極め方」から解説していこう。なお、取説等を確認すると、ミッドウーファー単体の「再生周波数帯域」または「使用可能周波数帯域」が掲載されている場合がある。もしもその記載があったなら、それでミッドウーファーの「能力の限界」が確認できるかというと…。

実のところはそうとは限らない。実際にクルマに取り付けたとき、その上限までスムーズに“良い音”を再生できるかというと、それはまた別の話なのである。

であるので、そこのところを聴感上で確認していく。以下の手順で進めていこう。はじめに、左右どちらかのミッドウーファーだけから音が出るようにする(他のユニットにはミュートをかける)。次に、ミッドウーファーの「カットオフ周波数」を、仮で設定しておいたあたりよりも低めのところに設定しなおし、「スロープ」をもっとも急峻な値(マイナスに続く数字が大きいもの。-6dB/octと-12dB/octでいうと、-12dB/octのほうが急峻なスロープ)をチョイスする。

そしてそこから、「カットオフ周波数」を徐々に上げていき、音が濁り始めるポイントを探していく。

ミッドウーファーは、「カットオフ周波数」を上げ過ぎても壊れることはないので、かなり上まで上げても大丈夫だ。もしも音が濁り始めるポイントをつかみにくかったら、ある程度大胆に上げてみてもいいだろう。そうして、高いところまで引っ張ると音が濁ってくることを、感じ取る練習をしてみよう。

これを何度か繰り返して、そのミッドウーファーの上側の能力の限界を見極める。それがわかったら、その値が「クロスオーバー調整」の上限、ということになる。

今週はここまでとさせていただく。次週は、トゥイーターの能力の限界の見極め方について解説していく。
《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top