往年のクラシックカーが大集結!…マロニエランin日光2017 | CAR CARE PLUS

往年のクラシックカーが大集結!…マロニエランin日光2017

イベント イベントレポート

ランボルギーニ ミウラP400S
  • ランボルギーニ ミウラP400S
  • ジャガー Cタイプ
  • 紳士淑女が集まりクラシックカーを楽しむ…マロニエランin日光2017
  • フィアット 500 Lighy
  • ブガッティ T37A
  • マセラティ ミストラルスパイダー
  • アルファロメオ スパイダーヴェローチェ
  • アルピーヌ A110 1600S
4月22日から23日にかけて開催される、クラシックカーイベントの“マロニエランin日光2017”がスタートした。主催はマロニエラン実行委員会。

このイベントは、宇都宮周辺のクラシックカー愛好家とメンテナンスやレストアを行うショップが中心となってスタート。今回で28回目を迎える老舗イベントの一つである。

ほかにも20回以上開催されているクラシックカーイベントはいくつもあるが、1回の欠席もなく毎年参加しているエントラントが複数組いるのはこのイベントくらいのものだろう。その理由はいくつもあるが、参加者全員が紳士的でぎすぎすした雰囲気がなく、余裕が感じられるところや、毎年ほぼ開催内容に変化がないことが魅力となっているようだ。

特に前者は時間に追われるタイムラリーがわずかしかなく、それよりも、参加者同士で語り合う時間に重きを置いているからだと思われる。従って、スタート地点である日光霧降アイスアリーナ(栃木県日光市)に集合したエントラントたちは、そこでまず行われるジムカーナのコースを覚えながらも、1年ぶりに会う友人たちや、初参加のエントラントと話に花を咲かせていた。

そのジムカーナが終了したのち、80km強のツーリングにスタート。途中昼食会場付近では雹に見舞われるなどのハプニングはあったものの、ゴールとなる中禅寺金谷ホテル(栃木県日光市)まで、まだ咲きかけの桜と、遠くに見える雪山を堪能しながらルートをたどった。

参加車両に目を向けると、戦前車や1960年代のスポーツカーが中心となっていることがよくわかるが、今年はそれに加えて、ランボルギーニ『ミウラP400S』と『カウンタックLP400』が異彩を放っていた。いずれもオリジナルコンディションを保っており、快調なエンジン音を轟かせながらワインディングを堪能していた。

翌23日は、中禅寺金谷ホテルにて10時半よりコンクールデレガンスを開催し、その表彰式をお昼に行い閉幕となる予定だ。

紳士淑女が集まりクラシックカーを楽しむ…マロニエランin日光2017

《内田俊一》

関連ニュース

特集

page top