営業車の運行効率化と事故削減を実現するIoTプラットフォームサービス | CAR CARE PLUS

営業車の運行効率化と事故削減を実現するIoTプラットフォームサービス

ニュース 新製品

車載器の各種センサー情報やGPSからの位置情報などを集約し、車両の運転日報や運転傾向分析、ヒヤリハットマップの作成など、「見える化」が可能となる(画像はプレスリリースより)
  • 車載器の各種センサー情報やGPSからの位置情報などを集約し、車両の運転日報や運転傾向分析、ヒヤリハットマップの作成など、「見える化」が可能となる(画像はプレスリリースより)
  • 同サービスで提供される運転成績表、運行日報イメージ(画像はプレスリリースより)
 NTTコミュニケーションズは29日、車両運行管理を目的としたIoTプラットフォームサービス「Vehicle Manager」を企業向けに提供開始した。

 「Vehicle Manager」は、営業車の位置確認、急発進&急制動、規定速度の超過を管理者にメールで伝える機能、運行日報の提供など、運行管理に必要なさまざまな機能&情報を提供するIoTプラットフォームサービス。

 通信機能やGPSを内蔵した小型車載器を営業車両に設置し、運転傾向や稼働実績などをアプリケーション上で閲覧・管理することをでき、運行の効率化、事故削減の結果として、最終的にコスト削減が期待できるという。

 同社は必要となる車載器やモバイル回線などを含めて、ワンストップで提供を行う。

 提供価格は初期費用が車載器35,000円など、月額利用料が1,500円/1車載器となっている。
《防犯システム取材班/小池明》
page top