ホビーのニュース記事一覧 | ガレージライフ | CAR CARE PLUS

ガレージライフ ホビーニュース記事一覧

よく見ると「高知柄」 MINIのシートカバーに!… MINI高知 画像
ホビー

よく見ると「高知柄」 MINIのシートカバーに!… MINI高知

お笑いコンビ「ノンスタイル」の石田明が『●●●や思ったら高知やった』というSNSでのツイートで話題となった“高知柄”が、MINIのシートカバーに!?

コスモスポーツ、サニトラ、シティターボIIなど! 「日本の旧車」だけを集めたミニカー・コレクション 画像
ホビー

コスモスポーツ、サニトラ、シティターボIIなど! 「日本の旧車」だけを集めたミニカー・コレクション

'68 マツダ コスモスポーツ、'75 ダットサン サニートラック、'85 ホンダ シティターボII、ニッサン スカイラインRS(KDR30)、ニッサン シルビア(CSP311)。 日本の旧車のみで構成したミニカー「カーカルチャー ジャパンヒストリックス3」が3月中旬より発売。

「アートなクルマ」といえば? 鑑賞したくなる 7選 【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

「アートなクルマ」といえば? 鑑賞したくなる 7選 【懐かしのカーカタログ】

クルマとしての格好よさ以上に、“鑑賞”していたくなる美しさ、個性が忘れられない「アートなクルマ」といえば? 比較的最近のセダン、ハッチバックなどを思いのまま選んだ7選 【懐かしのカーカタログ】で紹介

ミニバン&MPV 仏・伊・日 お国柄の違いは?【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

ミニバン&MPV 仏・伊・日 お国柄の違いは?【懐かしのカーカタログ】

日本ではミニバンというと子供のいるファミリーの定番のイメージ。生活に根ざしたクルマだけに、それぞれのお国柄がクルマにもカタログにも反映されているところがおもしろい。

BMWのロゴの真相? …フレッド・ジェイコブス氏の言葉から推察 画像
ホビー

BMWのロゴの真相? …フレッド・ジェイコブス氏の言葉から推察

「多くの人が、BMWのロゴは飛行機の回転するプロペラを様式化したと信じている。しかし真実は異なる」。BMWグループのクラッシクアーカイブ責任者、フレッド・ジェイコブス氏は明言する。

フィアット 500 限定車だけで97種類! 日本で愛され続ける理由は?【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

フィアット 500 限定車だけで97種類! 日本で愛され続ける理由は?【懐かしのカーカタログ】

2008年3月の導入開始以来、2020年3月で日本での累計登録台数が5万台になるというフィアット『500』。この数字は日本におけるラテン系乗用車では初とのことで、年間販売台数も10年連続で4000台を超えていた。

MINI なぜか惹かれる「限定車」… 新旧あれこれ【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

MINI なぜか惹かれる「限定車」… 新旧あれこれ【懐かしのカーカタログ】

日本人は“限定”という言葉に弱いと言われる。今回取り上げるのは、新旧ミニの限定車のカタログで、その策略に素直に(見事に!?)ハマった筆者の話を交えつつお届けする。

初代 アウディ TT いかにもハイテック、されど、情緒も【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

初代 アウディ TT いかにもハイテック、されど、情緒も【懐かしのカーカタログ】

昨年、デビュー20周年を迎えたアウディ『TT』。少し前にレスポンスでも貴重なレストア車の試乗レポートをお届けしたが、今回はカタログでその初代の存在感を振り返ってみたい。

立体感がたまらない! 「マツダ ロードスター RF」1/24スケール組立キット…タミヤ 画像
ホビー

立体感がたまらない! 「マツダ ロードスター RF」1/24スケール組立キット…タミヤ

マツダ「ロードスターRF」の流れるようなシルエットのファストバックスタイルを実車そのままにモデル化! タミヤは、1/24 スポーツカーシリーズの新製品『マツダ・ロードスターRF(組み立てキット)』を3月28日頃に発売する。

クリエイティブ・ムーバー 「ホンダらしさ」が溢れる4選【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

クリエイティブ・ムーバー 「ホンダらしさ」が溢れる4選【懐かしのカーカタログ】

クリエイティブ・ムーバー……そう聞いて「ああ、懐かしい」と思われる方も多いはずだ。94年10月、初代『オデッセイ』の登場を機に、当時は一般に“RV”と言われたジャンルのクルマをホンダはそう呼ぶことにし、以降、次々と新モデルを投入。

巨匠G・ジウジアーロがデザインした日本のクルマたち【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

巨匠G・ジウジアーロがデザインした日本のクルマたち【懐かしのカーカタログ】

イタリア・カーデザイナーの巨匠ジョルジェット・ジウジアーロ(1938年~)が手がけた日本車の中で代表作といえば? 彼が手掛けた日本のクルマたちを振り返る。

名機「EJ20」を語る上で外せない2台…初代レガシィ&インプレッサWRX STI【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

名機「EJ20」を語る上で外せない2台…初代レガシィ&インプレッサWRX STI【懐かしのカーカタログ】

実に、30年もの長きにわたってスバル車に搭載され、第一線で実力を発揮し続けた名機「EJ20」エンジンの生産中止…。それは平成から令和へと元号が変わった昨年2019年の自動車業界の出来事として、大きな節目だったといえるのではないだろうか。

巨匠G・ジウジアーロがデザインした海外の名車あれこれ【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

巨匠G・ジウジアーロがデザインした海外の名車あれこれ【懐かしのカーカタログ】

1960年代、ベルトーネ、ギヤ在籍時代にさまざまな名車のスタイリングを手がけたジョルジェット・ジウジアーロ。1968年の「イタルデザイン」設立以降、70~80年代にかけては、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで多数の作品を生んだ。

ダイハツ シャレード デ・トマソ ターボの“イタ車”な世界観【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

ダイハツ シャレード デ・トマソ ターボの“イタ車”な世界観【懐かしのカーカタログ】

『シャレード』の初代モデルは、1977年11月に、4ドアセダンだったそれまでの『コンソルテ』の後継車種として登場。ヨーロッパ車のようなFFの2ボックスのリッターカーというスタイルと、広い室内空間を“5平米カー”と謳っていた。

ユーノスロードスターが生まれたキッカケは、ある人物の一言?… 書籍『マツダロードスターの30年 画像
ホビー

ユーノスロードスターが生まれたキッカケは、ある人物の一言?… 書籍『マツダロードスターの30年

1989年9月、ユーノスロードスターが発売された。それから30年、いまでもマツダ『ロードスター』はライトウエイトスポーツカーとして販売し続け多くのファンを獲得している。本書はロードスター開発初期から30周年記念車までの軌跡をたどるものである。

  • 88件中 1 - 15 件を表示
  • 次へ
page top