ガレージライフニュース|CAR CARE PLUS

ガレージライフ

最新ニュース

もっと見る
VWワーゲンバスが「レゴ」に!…タイプ2キャンピングカー 登場 画像
ホビー

VWワーゲンバスが「レゴ」に!…タイプ2キャンピングカー 登場

レゴジャパンより、テント付きのポップトップルーフを装備し、夏の旅行を想起させるレゴ「フォルクスワーゲン・タイプ2バス・キャンピングカー」が登場。公式オンラインストア、全国のレゴストアなどで8月1日から販売される。

開発責任者が記す、ホンダNSXは「なぜ」完成したか…書籍『ホンダNSX 特別限定版』 画像
ホビー

開発責任者が記す、ホンダNSXは「なぜ」完成したか…書籍『ホンダNSX 特別限定版』

ホンダ『NSX』誕生30周年記念として、既刊の“ホンダNSX ホンダ初のミッドシップ・スポーツカー開発史”をベースに製作した、コレクターズアイテム愛蔵版が300部限定で製作された。

歴代「ジムニー」を振り返る 超ロングライフで4世代・50年【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

歴代「ジムニー」を振り返る 超ロングライフで4世代・50年【懐かしのカーカタログ】

2020年が50周年の年だったスズキ『ジムニー』。現行モデルは2018年の登場ながら、未だ納車待ちが続くほどの人気モデルとなっている。その“源泉”を歴代ジムニーのカタログから読み解く。

輸入車好きが「乗ってみたいEV」は? 1位 テスラ『モデル3』---EQAやタイカンを抑えてトップ 画像
ドライブ

輸入車好きが「乗ってみたいEV」は? 1位 テスラ『モデル3』---EQAやタイカンを抑えてトップ

輸入車買取サービス「外車王」を運営するカレント自動車は、輸入車に興味のある人を対象に、輸入車EVについてのアンケート調査を実施。乗りたいと思う輸入車EVでテスラ『モデル3』が1位となった。

日産マーチとフィアット・ウーノ、何故そっくり? 有名どころの意外な“似たもの同士”【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

日産マーチとフィアット・ウーノ、何故そっくり? 有名どころの意外な“似たもの同士”【懐かしのカーカタログ】

“似たもの同士シリーズ”の打ち止めの回として、今回は有名どころのペア、現行モデルなどを含めて当時のカタログとともに振り返りたい。

★CCP厳選★ 本当に信頼できる「自動車プロショップ」レポート! 画像
特集

★CCP厳選★ 本当に信頼できる「自動車プロショップ」レポート!

鈑金からディテイリングまで「本当に信頼できる」自動車プロショップを紹介

実車の再現にこだわった「ミニカー」は魅力たっぷり…ホットウィール   画像
ホビー

実車の再現にこだわった「ミニカー」は魅力たっぷり…ホットウィール  PR

ダイナミックで迫力あるフォルム、「こんなクルマがあったらいいのに」と思わせる車好きの心を掴むディテール…販売台数世界一*を誇るマテルのダイキャストブランド「ホットウィール」には、他のミニカーにはない魅力がいっぱい詰まっている。

三代目「RX-7(FD)」のすべてを徹底解説!…志・凛・艶・昂『マツダ RX-7 FDプロファイル』 画像
ホビー

三代目「RX-7(FD)」のすべてを徹底解説!…志・凛・艶・昂『マツダ RX-7 FDプロファイル』

昨年100周年を迎えたマツダ。その歴史において今なお人気の高い『RX-7』の3代目にあたるFDをフィーチャー。関係資料を駆使して詳細に網羅した1冊が上梓された。

いすゞ「ピアッツァ」デビュー40周年 今も光るスタイリング【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

いすゞ「ピアッツァ」デビュー40周年 今も光るスタイリング【懐かしのカーカタログ】

1981年の初代『ピアッツァ』デビュー40周年を記念し、目下いすゞプラザ(神奈川県藤沢市)では、貴重なプロトタイプの“アッソ・ディフィオーリ”を展示中だ。そこで今回は改めて“市販モデル”を振り返ってみたい。

アストンマーティンのミニカー32台「私の愛蔵品を引き継いで」…終活ショップに出品中 画像
ホビー

アストンマーティンのミニカー32台「私の愛蔵品を引き継いで」…終活ショップに出品中

「終活ショップ絆モデルカー店」では、オープン記念に「アストン・マーティン・フェア」を開催。1/43スケールの店主愛蔵品32台を一挙公開している。

ランクル70周年! 300部限定の愛蔵版刊行…トヨタ ランドクルーザー 特別限定版 画像
ホビー

ランクル70周年! 300部限定の愛蔵版刊行…トヨタ ランドクルーザー 特別限定版

トヨタ『ランドクルーザー』誕生70周年記念として、既刊“トヨタランドクルーザー”の装丁を愛蔵版として改めた特別限定版が300部限定で製作された。

メルセデス「190E」 初の“5ナンバーベンツ”はセンセーショナルだった【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

メルセデス「190E」 初の“5ナンバーベンツ”はセンセーショナルだった【懐かしのカーカタログ】

W201型メルセデス・ベンツ『190E』は、この連載でもぜひ取り上げたかった1台である。というのも、やはりこのクルマの登場はセンセーショナルなものだったから。

あの頃、女子大生にも人気だった? 85~92年登場 4ドアハードトップ 5選【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

あの頃、女子大生にも人気だった? 85~92年登場 4ドアハードトップ 5選【懐かしのカーカタログ】

ひところの日本車では4ドアハードトップが流行りだったが、その文脈をさらにスタイリッシュ化したのが、似たもの同士でもあったこの5車だった。

懐かしのタミヤ『ワイルドワン』が“大”復活! 大人も乗れるラジコンカーに…価格は約90万円 画像
ホビー

懐かしのタミヤ『ワイルドワン』が“大”復活! 大人も乗れるラジコンカーに…価格は約90万円

80年代のRCカーブームに乗って一世を風靡した『ワイルドワン』。オフロードラジコンカーのヒット作である。

R32 GT-R はなぜ世に生み出されたのか…開発責任者が語った【Stay Home Books】 画像
ホビー

R32 GT-R はなぜ世に生み出されたのか…開発責任者が語った【Stay Home Books】

日産『スカイラインGT-R』の復活で話題となり、いまなお多くのファンが存在する“R32”。当時の開発責任者みずからが、開発過程を中心にその詳細を綴った一冊が上梓された。

ホンダ&ローバー、スバル&オペル…大人の事情で生まれた兄弟車たち【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

ホンダ&ローバー、スバル&オペル…大人の事情で生まれた兄弟車たち【懐かしのカーカタログ】

BROS.車(兄弟車)というかOEM車。時々の大人の事情で生まれた…そんなクルマ同士(の一部)を今回は取り上げてみた。

メーカー担当者にインタビュー!「旧車」関連プロジェクトの全貌 画像
特集

メーカー担当者にインタビュー!「旧車」関連プロジェクトの全貌

「旧車」補修部品復刻やレストアサービスなど、カーメーカーの取り組みを担当者に聞く!

ミリタリープラモ愛好家・必読! 独キャタピラ駆動バイク『ケッテンクラート解体新書 増補改訂版』が刊行 画像
ホビー

ミリタリープラモ愛好家・必読! 独キャタピラ駆動バイク『ケッテンクラート解体新書 増補改訂版』が刊行

ミリタリープラモに心を奪われた経験があるなら「ケッテンクラート」の特異で魅力あふれる姿を覚えているかもしれない。新情報が追加された『ケッテンクラート解体新書 増補改訂版(月刊PANZER 6月号臨時増刊/第722号)」が2021年4月14日に刊行されたので紹介したい。

スターレットとアルファロメオが? 国産車vs輸入車の“似たもの同士”【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

スターレットとアルファロメオが? 国産車vs輸入車の“似たもの同士”【懐かしのカーカタログ】

似たもの同士シリーズ。今回はコンパクト系のモデルを集めてみた。スポーティ系、実用系のいずれも独特の個性が光るモデルたち。

乗って楽しい「ポルシェ」教えます 全52台!…911DAYS 画像
ホビー

乗って楽しい「ポルシェ」教えます 全52台!…911DAYS

巻頭特集は「乗って楽しいポルシェ教えます」という「エキスパートによるバイヤーズガイド」だ。登場するポルシェの数、全52台! 誰しも1台は「乗って楽しいポルシェ」を知っているものだが、『911DAYS』編集部は「それは誰が乗っても楽しい」という。

ルノーのロゴの歴史…ひし形になったのはいつから? 画像
ホビー

ルノーのロゴの歴史…ひし形になったのはいつから?

ルノーはこの3月から、新しいロゴの使用を本格的に展開し始めた。1月に発表された『5プロトタイプ』のフロントエンドに初めて採用されたもので、キャンペーンや各種媒体で本格的に使用されることになった。

ホンダ レジェンドとアウディA8も似た者同士?ノンジャンル編【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

ホンダ レジェンドとアウディA8も似た者同士?ノンジャンル編【懐かしのカーカタログ】

似たもの同士シリーズ。今回はノンセクション、ノンジャンルで“雰囲気の共通性”があった懐かしいモデルを取り上げる。

あの頃の日本車は、アメ車の影響をモロに受けていた【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

あの頃の日本車は、アメ車の影響をモロに受けていた【懐かしのカーカタログ】

似たもの同士シリーズの今回は、アメリカ車とそれらを連想させた日本車を取り上げてみた。日本車がかつてアメリカ車の影響を受けていた頃の上級車を中心とした4組だ。

偶然?意図的?こんなにあった、デザインが似ているクルマ【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

偶然?意図的?こんなにあった、デザインが似ているクルマ【懐かしのカーカタログ】

決して他意はなく、「ああ、そうだったよね」と気軽にお付き合いいただきたいのが、今回から何度かに分けてお届けする「似たもの同士シリーズ」だ。

ポルシェ 911 が「レゴ」に! ターボとタルガの組み替え可能な2-in-1モデル 画像
ホビー

ポルシェ 911 が「レゴ」に! ターボとタルガの組み替え可能な2-in-1モデル

大人向け『レゴ』商品のラインナップに、新たに「ポルシェ911」が登場する。発売は3月1日。

国産最後のリトラ車といえば? リトラクタブルヘッドランプを装着した日本車…後編【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

国産最後のリトラ車といえば? リトラクタブルヘッドランプを装着した日本車…後編【懐かしのカーカタログ】

法規や技術の進化で今は見られなくなったリトラクタブルヘッドランプ。日本車での採用例は……と調べると、意外と多い。何か失念しているかも知れないが、今回は後編として18車種をお届けしたい。

「鬼滅トミカ」炭治郎や禰豆子など5種…4月中旬発売予定 画像
ホビー

「鬼滅トミカ」炭治郎や禰豆子など5種…4月中旬発売予定

タカラトミーは、TVアニメ『鬼滅の刃』の登場キャラクターをイメージしたオリジナルデザインの『トミカ』5種を発表。2月10日より予約受付を開始し、4月中旬から販売を開始する。価格は各880円。

かつて“クロスカントリー4×4”と呼ばれた憧れのランドローバー【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

かつて“クロスカントリー4×4”と呼ばれた憧れのランドローバー【懐かしのカーカタログ】

今でこそ多くのメーカーがSUVを用意する。が、かつて“クロスカントリー4×4”と呼ばれた頃の憧れのブランドのひとつがランドローバーだった。代表車種『レンジローバー』の初代をはじめとした、ひと頃のラインアップを振り返ってみたい。

1/8スケールで再現!『西部警察 MACHINE RS-1』…20ミリ機関砲も搭載 画像
ホビー

1/8スケールで再現!『西部警察 MACHINE RS-1』…20ミリ機関砲も搭載

アシェット・コレクションズ・ジャパンは、『西部警察 MACHINE RS-1 ダイキャストギミックモデルをつくる』を創刊し、全国の書店で2月3日より発売する。

魂動デザイン以上に個性的だった?マツダのコンパクトカー【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

魂動デザイン以上に個性的だった?マツダのコンパクトカー【懐かしのカーカタログ】

魂動デザインの上級車が最近のマツダ車のイメージだが、今で言う『マツダ2』の前身の『デミオ』や、個性を発揮するマツダのコンパクトカーがあった。今回はそうしたクルマたちを振り返ってみたい。

ポルシェ 944 S2 エキゾチックなスタイルで首都高を走り抜く リトラクタブルな分身【愛車 File.17】 画像
愛車 File

ポルシェ 944 S2 エキゾチックなスタイルで首都高を走り抜く リトラクタブルな分身【愛車 File.17】

クルマ好きにとって「愛車」とは? 1991(平成3)年式のポルシェ・944 S2を所有する26歳のカーオーナーに「愛車への想い」を語ってもらった。

“レビン&トレノ” で思い浮かべるのはどの世代?【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

“レビン&トレノ” で思い浮かべるのはどの世代?【懐かしのカーカタログ】

“レビン&トレノ”というとアナタはどの世代を思い浮かべるだろうか? 『86』の由来にもなったAE86? あるいはやはり初代のTE27? 今回はそんなトヨタ『カローラ・レビン』&『スプリンター・トレノ』を初代から最終型まで振り返ってみたい。

トヨタ「ランドクルーザー」の全てがわかる一冊 … 三樹書房 画像
ホビー

トヨタ「ランドクルーザー」の全てがわかる一冊 … 三樹書房

1951年8月、トヨタ『BJ』がデビューした。これがランドクルーザーの始まりだ。その後、累計販売台数1,000万台を突破。世界170ヵ国で販売され、世界が求める信頼性と耐久性に”日本のものづくり”で応え続けるランドクルーザーの全てがわかる一冊が刊行された。

日産スカイラインGT-R R33 誇り高き「R」の走り 受け継がれる憧れ【愛車 File.16】 画像
愛車 File

日産スカイラインGT-R R33 誇り高き「R」の走り 受け継がれる憧れ【愛車 File.16】

クルマ好きにとって「愛車」とは? 1995(平成7)年式の日産・スカイラインGTR33を所有する、20代のカーオーナーに「愛車への想い」を語ってもらった。

マツダだけどマツダじゃない!? 90年代の“あのクルマ”8台【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

マツダだけどマツダじゃない!? 90年代の“あのクルマ”8台【懐かしのカーカタログ】

少し前、といっても1990年代初頭、マツダからは当時の国内の多チャンネル化に合わせたモデルが次々と登場した。懐かしくも個性あふれた各車の姿カタチを思い出すことにしたい。

時代を先取りしすぎた? ピープルムーバーたち【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

時代を先取りしすぎた? ピープルムーバーたち【懐かしのカーカタログ】

ミニバンのブームが本格化していた頃、バリエーションをさらに広げるべく登場したのが今回取り上げる6モデル。人気車だったかどうかは個々に差があったけれど、時代の先を行くクルマたちだったことは確かだった。 

MX-30もいいけれど、やっぱりマツダに期待するのは…【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

MX-30もいいけれど、やっぱりマツダに期待するのは…【懐かしのカーカタログ】

今年創立100周年を迎えたマツダ。その中で『ロードスター』以外に現行のカーラインアップにスポーツカーがないことを寂しく思っているファンは少なくないことだろう。そこで今回は、復活も期待しつつ、3代続いたあの『RX-7』を振り返ってみたい。

「スバル インプレッサ 22B-STiバージョン」ミニカー&ブック…京商 画像
ホビー

「スバル インプレッサ 22B-STiバージョン」ミニカー&ブック…京商

京商は、実車&ミニカー解説書と1/64スケールミニカーをセットにした「KYOSHO MINI CAR & BOOK」シリーズの第3弾「SUBARU IMPREZA 22B-STi VERSION」を全国のファミリーマート(一部店舗を除く)で販売を開始した。

時代が早すぎた? ホンダの個性派SUV 5選【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

時代が早すぎた? ホンダの個性派SUV 5選【懐かしのカーカタログ】

今回はホンダのSUVで「あ、そんなクルマがあった」と懐かしく思い出されるSUVたちを集めてみた。全盛の今に持ってきても、今のクルマにも決して個性の点でヒケを取らないと思える。

今も愛される「NAロードスター」 北米仕様や当時注目の限定車【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

今も愛される「NAロードスター」 北米仕様や当時注目の限定車【懐かしのカーカタログ】

本連載ではおよそ1年前にも初代『ユーノス・ロードスター』を取り上げた。今回は、その時に筆者が発掘できなかったカタログのうち、NA初期型の頃の海外仕様と、当時注目を集めた限定車のカタログをご紹介したい。

トミカ&ドラえもん 50周年 丸みが可愛いオリジナルデザイン「ラッピングバス」 画像
ホビー

トミカ&ドラえもん 50周年 丸みが可愛いオリジナルデザイン「ラッピングバス」

タカラトミーは、ダイキャスト製ミニカー『トミカ』の新製品「ドリームトミカ No.158 ドラえもん 50th Anniversary ラッピングバス」を9月19日より発売する。

猫の手(NEKO no TE)を借りてコロナ対策! … 自動車関連サプライヤー マレリ 画像
ホビー

猫の手(NEKO no TE)を借りてコロナ対策! … 自動車関連サプライヤー マレリ

自動車関連サプライヤーのマレリは、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)予防のために「直接手を触れない」ことを助ける新製品『NEKO no TE(ねこのて)』のオンライン販売を開始した。

トヨタ ソアラ まさしく日本の高級パーソナルクーペだった【懐かしのカーカタログ】 画像
ホビー

トヨタ ソアラ まさしく日本の高級パーソナルクーペだった【懐かしのカーカタログ】

“未体験ゾーン”を広告コピーに引っさげ登場した初代。まさしく日本の高級パーソナルクーペとして、それまでになかった独自のジャンルを打ち立てた。今回はそんな『ソアラ』の歴代モデルを振り返ってみたい。

もっと見る

page top