【三重県四日市市】名物社長がいるお店! お客様と一緒に地元を盛り上げて創業70年…黒田モーター商会 | CAR CARE PLUS

【三重県四日市市】名物社長がいるお店! お客様と一緒に地元を盛り上げて創業70年…黒田モーター商会

ショップ紹介 ショップレポート

地元密着で70周年を迎えた黒田モーター商会
  • 地元密着で70周年を迎えた黒田モーター商会
  • 通りに面して入口が広いので入りやすい
  • 広々とした本社工場
  • クルマのことであれば何でも相談にのってくれる
  • 明るく緑あふれるショールーム内
  • 安心して子供を遊ばせられるキッズスペース
  • 黒田社長お手製のチラシ
  • 今年の「お客様大感謝祭」の様子
三重県最大の都市、四日市市の西側に黒田モーター商会(三重県四日市市山城690-14・黒田誉喜社長)はある。

広々とした本社工場
三岐鉄道の山城駅からほど近く、東名阪自動車道四日市東ICから3キロの街道沿いに店舗を構える。店内に足を踏み入れて、まず目に飛び込んでくるのはたくさんのお花や観葉植物たち。キッズコーナーもあり、女性や家族連れが来店しやすいアットホームな雰囲気でとても居心地がよい。また、店舗から車で10分ほどのところに自社の鈑金専用工場を完備している。

◆地域に根ざして70年の老舗

同社は、戦後まもない昭和21年に現社長の祖父が自転車・バイクの販売店として「黒田商会」を創業し、昭和57年には三重県内でいち早く民間車検の認定を受け自動車整備業を開始。その後も事業を拡大し続け、平成6年に鈑金塗装部門の第2工場を開設した。

「当社の都合よりお客様のご都合を優先します!」を合言葉に、社員一丸となって地元に根ざした経営スタイルが特徴で地域のお客様に愛され、今年で創業70周年を迎えた。

◆社長は四日市の有名人、マルチな才能で地域を盛り上げる!

黒田社長は四日市ではちょっとした有名人。というのも、地元FM局(エフエムよっかいち)の番組スポンサーを務めており、なんと社長自ら出演して毎週土曜日に楽しいトークを繰り広げているのだ! 番組名は「黒田モーター商会 presents ほんサタ★スマイル」。ちなみに、番組内で流れるCMソングは黒田社長の作詞・作曲だというから2度ビックリだ。

さらに、地元の仲間と共に新番組「応援兄弟のラジオdeご縁」を今年の9月からスタート。四日市で頑張る人を応援する番組で、放送時の映像が動画サイトに公開されている。

どちらの番組も、エフエムよっかいちの公式アプリをダウンロードすれば、スマホやタブレットで聴けるのでチェックしてみてほしい。

◆詩人でもある黒田社長は「電力会社と契約しない家」に住んでいる!?

黒田社長の活動はラジオだけに留まらない。詩人としての横顔もあり、ネットで自らの詩を発表したり、ステージでポエトリーリーディングのライヴもする。

また、2011年3月の福島原発事故に衝撃を受け、考えに共感する仲間と協力して「電力会社と契約しない家」を建てた。太陽光パネルで発電しバッテリーに充電しておいた電気だけで自宅電力を自給し、家族5人で生活している。

黒田社長は、さまざまな活動を通じて大勢の人たちとつながることで四日市の魅力をアピールし、地域社会を守りながら、地元を盛り上げていくことを目的に活動しているのだ。

◆恒例の「お客様大感謝祭」ではスタッフたちがコスプレでおもてなし

今年の「お客様大感謝祭」の様子
そういった意味では、毎年秋に行っている恒例企画「お客様大感謝祭」もそのひとつといえる。自社スタッフが人気キャラクターのコスプレをして来場者をもてなすのが特徴で、70周年の今年は例年以上に盛大に開催された。

詳しい様子は、カーケアプラスのイベントレポートをご覧あれ。地元のお客様からの信頼の厚さがおわかり頂けるはずだ。ちなみに、今年の黒田社長は、顔面白塗りのちょんまげスタイルにド派手な着物を羽織ったバカ殿姿で登場。「バカ社長、70周年おめでとう!」とたくさんのお客様から温かい声援が送られていた。

◆「トータルカーライフサポート」を掲げる黒田社長の手作りチラシも必見!

そんな名物社長がいる黒田モーター商会では、クルマに関するお客様の窓口をひとつにするために「トータルカーライフサポート」を掲げている。

黒田社長お手製のチラシ
具体的な取り扱いメニューは、自社工場で年間800台の実績がある車検をはじめ、鈑金塗装・一般整備・車両販売・保険代理店業務・24時間365日対応のロードサービスを展開。

店内には、黒田社長自らが手がけた、手作り感満載のポップなチラシがあるので、来店時に手に取ってほしい。

◆アルミ素材も扱える、最新設備を導入した鈑金工場に注目

数あるメニューの中で、特に詳しく紹介したいのは鈑金塗装だ。お客様に最新・最良の修理を提供するため、最新式の修理設備を導入した鈑金工場を平成26年4月に増設。高い技術と知識を持ったスタッフが1台ごとに丁寧に修理を行い、年間600台以上の修理を請け負っている。

平成26年に増設された最新式の鈑金工場
アルミ素材の溶接機を完備し、ハイブリッド車をはじめとしたエコカーの修理も対応。また、環境に優しく新品部品よりも安価なリサイクルパーツを取り扱っており、予算に応じて修理内容を相談できるので安心だ。

◆どんなときも「お客様への心遣い」を忘れない地域密着型のクルマ屋さん

取材中もひっきりなしにお客様が来店され、その度に黒田社長が「ありがとうございます。また、お願いします」と声を掛けられている姿が印象的だった。

これからも、地域のお客様と共に歩むという信念のもと、クルマのことなら何でもお任せできるのはもちろん、さまざまな活動で四日市をさらに盛り上げてくれるに違いない。

※エフエムよっかいち「応援兄弟のラジオdeご縁」第1回放送動画

《カーケアプラス編集部》

関連ニュース

特集

page top