ガソリンスタンド跡地を利用した新業態「車楽」、新店舗オープン | CAR CARE PLUS

ガソリンスタンド跡地を利用した新業態「車楽」、新店舗オープン

ニュース ビジネス

ブランドカラーを基調とした店舗外観(車楽 新居浜店)
  • ブランドカラーを基調とした店舗外観(車楽 新居浜店)
  • 無料WI-FI完備の落ち着いた待合室(車楽 新居浜店)
  • シースルーの作業ピット(車楽 新居浜店)
クルマの美容室として愛媛県でカーディテイリングサービスを展開する「車楽」(横井康真社長)の新店舗、新居浜店(愛媛県新居浜市本郷1-14-12)が3月13日にオープンした。

同店舗は西条、松山につづき3店舗目となり新居浜市の国道に面したガソリンスタンドの跡地を利用している。土地面積190坪のガソリンスタンドのキャノピーを上手く利用しながら、通行量の多い国道11号線からの視認性も意識したシャッター付きの利便性の高いシースルーの作業ピットを設けており、洗車・コーティング・ラッピングを効率よく施工することができる。

ブランドカラーの赤と黒のシャープなイメージの外観、木目の柔らかさを織り交ぜたデザイン基調に統一されカフェのような落ち着いた雰囲気の待合室は、無料WI-FI完備で施工の間もゆったりとくつろいで過ごすことが可能。2階にはセミナールームやスタッフの休憩・仮眠スペースもある充実した設備の店舗だ。

「ガソリンは油のイメージ、洗車は水のイメージ。水と油は合わない部分があるが幹線道路に接しており、油水分離層などの排水設備やエアーコンプレッサーのなどの作業設備をはじめゲストルームなどもあるスタンドは、洗車を前面に打ち出している車楽が展開するカーディテイリングとはとても相性が良い」と横井社長が語るように、今後統廃合が進む可能性のあるガソリンスタンドを活かした新しいビジネスモデルを展開していくことも視野に入れているという。

また、6月には独自に開発した新しい顧客管理システムの稼働をはじめ、顧客対応のためのコールセンター開設なども控えており、愛媛県内を中心に現在の2倍にあたる6店舗の展開を目指していく。
《カーケアプラス編集部》

特集

page top